輝国山人の韓国映画
<Home>へ

キム・ギボム1
金基範
김기범
Kim Ki-Peom

[職  業] 俳優
[生年月日] 1928年2月29日 生まれ
      2001年8月27日 死去
[出 生 地] 慶尚北道 サンジュ市 ヨンウォン洞

[身長体重] 167cm 53kg 35−35−37
[住  所] 京畿道 安山市 ウォルピ洞499
[出身学校] 1941 サンジュ小学校 卒業

[TV出演] 
[演  劇]
[受賞経歴] 第26回 大鐘賞 功労賞 受賞

[宗  教] 
[趣  味] 読書
[家  族] 5兄弟姉妹中 長男
       1951 イ・ジョンエと結婚 1男2女

[血 液 型] B型
[特  技] 剣術, 日本語 通翻訳
[座右の銘] 

[経  歴] ・1949-59 楽劇団<新しい星>で歌手として活動して演技を兼ね,
       楽劇演技者になった。

      ・演技者飢謹に苦しめられた映画界の要請で1959年に
       チョン・チャングン監督の<3.1独立万歳>で映画俳優の道を
       歩き始めた。

      ・韓国映画の黄金期であった1960年代,シン・サンオク監督の時代
       劇やチョン・チャンファ監督のアクション映画で傀儡軍,日本憲
       兵,日本刑事などの悪役でしばしば出演して個性がある演技を披
       露した。

      ・シン・サンオク監督の<孝女シムチョン(沈清)>で川に落ちた
       シム・ボンサを助ける場面を撮影していて,漢灘江(ハンタンガ
       ン)に落ちて死ぬところだったが,近くにいた釣り師のおかげで
       生き返ったというエピソードがある。

      ・1990年代後半まで数百本の韓国映画に出演し,活動した。

      ・助演と端役俳優50人余で構成された<ヨンウ(演友)会>の常
       任理事を引き受けた。

      ・日本語通訳と翻訳が可能なほど日本語に堪能で,アクション俳優
       らしく日本剣術にも一見識があった。

[最終更新] 2014-10-22
[出演映画]
制作年作 品 名   (監督名)
1964
1965
1968
1969
1972
1972
1973
1975
1975
1976
1978
1979
1980
1980
1981
1981
1981
1982
1982
1984
1986
1987
1987
1987
1988
1988
1988
1990
1990
1991
1994
1996
黒髪 (イ・マニ=李晩煕)
あの空にも悲しみが (キム・スヨン=金洙容)
休日 (イ・マニ=李晩煕)
暗殺者 (イ・マニ=李晩煕)
薔花紅蓮(チャンファホンニョン)伝 (イ・ユソプ
孝女シムチョン(沈清) (シン・サンオク=申相玉)
ソウル奪還大作戦 大反撃 (イム・グォンテク=林權澤)
ヨンジャ(英子)の全盛時代 (キム・ホソン=金鎬善)
森浦(サンポ)への道 (イ・マニ=李晩煕)
新ホワイト・バッジ 地獄への戦場 (イム・グォンテク=林權澤)
族譜 (イム・グォンテク=林權澤)
長雨 (ユ・ヒョンモク=兪賢穆)
チャッコ (イム・グォンテク=林權澤)
避幕 (イ・ドゥヨン=李斗縺j
愛の望郷 激流を超えて (チョン・ジヌ=鄭鎮宇)
霧の村 (イム・グォンテク=林權澤)
彼らは太陽を撃った (イ・ジャンホ=李長鎬)
堕落した子供たち (イム・グォンテク=林權澤)
娼婦物語 激愛 (チョン・ジヌ=鄭鎮宇)
川の流れは止められない (イム・グォンテク=林權澤)
ファン・ジニ(黄真伊 ) (ペ・チャンホ=「昶浩)
わが青春の甘き日々 (ペ・チャンホ=「昶浩)
じゃがいも (ピョン・ジャンホ=卞張鎬)
神様こんにちは (ペ・チャンホ=「昶浩)
チルスとマンス (パク・グァンス=朴光洙)
合宮ナム・ギナム=南基男)
かまきり3 (チ・ヨンホ=池映鎬)
私の愛,私の花嫁 (イ・ミョンセ=李明世)
真由美 (シン・サンオク=申相玉)
開闢 (イム・グォンテク=林權澤)
太白(テベク)山脈 (イム・グォンテク=林權澤)
祝祭 (イム・グォンテク=林權澤)



【BACK】 (一覧ページへ)