輝国山人の韓国映画
<Home>へ

霧の村

都会から山間部の村落に赴任してきた女教師をとおして閉鎖的な村落共同体における抑圧された性のドラマを展開させる。
イ・ムニョル(李文烈)の短編小説「匿名の島」の映画化作品

小学校教師ハン・スオク(チョン・ユニ)は,赴任先の山村の入り口で,みすぼらしい身なりだが,眼光だけは尋常でないケチョル(アン・ソンギ)から射すくめられ,背筋が寒くなる感じを受ける。

スオクは,同族村落であるこの村の女たちが,異邦人のケチョルに対し,ご飯も与え,寝るところも提供するのを見て,彼の存在に関心を持つ。

そんなある日,村男のファチョンが,ケチョルが自分の妻と姦通したと言って,ケチョルを殴打する事件が発生するが,村の男たちは,性障害者のケチョルがどうして姦通できようかと事実を否認する。

しかし,その後,ある村女が,とうもろこし畑でケチョルと情事を行う姿を目撃することになり,男たちは,酒場の聾唖娘サンウォルとの関係を通じて性的欲求を解消するが,閉鎖的な村で村女たちの抑圧された性的欲望も解いて,匿名性も保障することができる人物は,ケチョルだけだという事実を知る。

スオクは婚約者ヨンフン(永勲)を出迎えに行ったが,彼は来ず,失意のうちに帰る途中に雨に降られ,雨宿りに入った油倉庫でケチョルに犯される。そして,ケチョルが徹底的にバカになって,匿名の島として村で生きていることを理解する。

一年が経ち,スオクが村を離れる日,ケチョルは,新しく赴任してきた女教師に光る視線を投げていた。

[制 作 年] 1982年 [韓国封切] 1983年2月12日 [観覧人員]  [原 題] 霧の村 안개 마을 [英 語 題] The Misty Village  Village Of Haze [ジャンル] ドラマ [原 作] イ・ムニョル(李文烈)の短編小説「匿名の島」 [脚 本] ソン・ギルハン [監 督] イム・グォンテク [第80作] [撮 影] チョン・イルソン [照  明] チャ・ジョンナム [音 楽] キム・ジョンギ [出 演] チョン・ユニ    → ハン・スオク(韓寿玉)    アン・ソンギ    → ケチョル(季哲)    パク・チフン    →        チン・ボンジン   →     オ・ヨンファ    →      イ・イェミン    →        キム・ジヨン    → 村女       チョ・ナムギョン  →      チェ・ドンジュン  → 村住民       チョ・インソン   →       チュ・サンホ    → 村住民       チョ・ハクチャ   →    カク・ウンギョン  →      キム・ギボム    →      ヤン・イルミン   →     ナ・ジョンオク   →      ホン・ドンウン   →      クォン・イルジョン →       コ・ソルボン    →        オ・チュングン   →     チャン・ジョングク →      アン・ジンス    →        シン・ヤンギュン  →        イ・ジェハク    →        イム・オクキョン  →        キム・ジン     →        チョン・ギュヨン  →        テ・イル      →        ソン・ミョンスン  →        ハン・ミョンファン →        イ・ソック     →        キム・ギョンラン  →        ヤン・チュン    →  [受 賞] 1983 第22回 大鐘賞映画祭/男優主演賞(アン・ソンギ),撮影賞    1983 第19回 百想芸術大賞/大賞                    作品賞                    監督賞                    男優主演賞(アン・ソンギ)                    技術賞(照明:チャ・ジョンナム)     1984 第4回 韓国映画評論家協会賞/男優主演賞(アン・ソンギ) [時 間] 91分 [観覧基準] 18歳以上 観覧可   [制 作 者] パク・チョンチャン [制作会社] (株)ファチョン(貨泉)公社 [ビ デ オ] 日本発売なし [レンタル] なし [H P]  [撮影場所]  [Private ] なし KMDb [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。