輝国山人の韓国映画
<Home>へ

チョン・ジヌ
鄭鎮宇
정진우
Jeong Jin-U

1938年 1月17日 京畿道 キンポ(金浦)郡 ヤンチョン(陽村)面
            ヤンゴク里 コルマルで4男5女中3男として
            出生

      父は,永らくキンポ(金浦)とカンファ(江華)で校長とし
      て在職しており,教育者の家に出まれて成長した。

      ヤンゴク小学校
      キンポ(金浦)中学校
      キンポ(金浦)農業高等学校

      韓国 中央大学校 法学科 入学
 
      演劇部で活動し,放送人イ・ジョンファン,声優オ・スンニ
      ョンなどが当時一緒に活動した大学同期だった。

1957年 ユ・ヒョンモク監督の<失われた青春>に参加して映画界に入門

1958年 パク・サンホ監督の<バラは悲しい>でカン・ボムグ撮影技師
      の助手を務める。

      その後,エキストラ,撮影助手,照明助手,美術部などで,あま
      ねく仕事をして映画仕事を習っている間,チョン・チャンファ監
      督の助監督を最後に監督の道に入ることになる。      

1963年 <一人息子> 監督   [監督デビュー作]

1964年 <背信> 監督

1964年 <のどが乾いた樹木> 監督

1964年 <国境でない国境線> 監督,原案
       反共映画なのに我が国で最初にイデオロギー問題を扱ったので
       情報部に逮捕され,一週間監獄の苦しみを体験した作品

1965年 <無情の40階段> 監督

1965年 <Ran eui Pika(ランの悲歌)> 監督

1965年 <秋に来た女> 監督

1965年 <密会> 監督

1966年 <下宿生 監督

1966年 <8240 K.L.O> 監督

1966年 <雨のめぐり逢い 【草雨】> 監督,原作
       自動車修理工場の洗車員である男が,大使の娘を利用して出世
       する夢を見て挫折する過程を扱った作品

       興行と批評ですべて成功を収めて映画作家として認められた。 

1966年 <初恋> 監督,企画
       裕福な家庭の息子と孤児である美大生という2人の男を愛した
       ある女性の癒えない心を描写したメロドラマ

1966年 <悪人時代> 監督

1967年 <白い烏(からす)> 監督

1967年 <暴露> 監督,企画,原作

1967年 <チュニ> 監督

1967年 <四月が行けば> 監督,企画

1967年 <蜜月> 監督,企画

1968年 <波乱離別の文字> 監督

1968年 <情婦マノン> 監督

1968年 <女 > 監督 [キム・ギヨンユ・ヒョンモクと共作]

1968年 <星よ,私の胸に> 監督

1968年 <迷路> 監督

1968年 <雲> 監督

1968年 <青い別れの文字> 監督,原作

1969年 映画会社ウジンフィルムを設立,代表理事

1969年 <黄真伊(ファン・ジニ)の初恋> 監督

1969年 <青春> 監督

1969年 <いっそ他人ならば> 監督

1970年 <港無情> 監督

1970年 <最後の皇太子・英親王> 監督,制作
       韓末の時代を背景に日本に連れて行かれた英親王の亡国の
       悲しみを描いた時代劇

       1971 第10回 大鐘賞映画祭/啓蒙映画賞

1970年 <凍春> 監督,制作
       殺人と愛欲の葛藤を描いたメロドラマ

       1971 第7回 百想芸術大賞/大賞,作品賞
       1971 第14回 釜日映画賞/作品賞,監督賞

1970年 <椿花が咲いて散って> 監督

1970年 <帰ってこない夜> 監督,原作,制作

1970年 <国境の夜> 監督,制作

1971年 <かりそめの恋> 監督

1971年 <景福宮の女たち> 監督,制作

1971年 映画人協会 監督分科 副委員長

1972年 <島ガエル万歳> 監督,制作
       離れ島で暮らす子どもたちが,バスケットボール部をつくり,全国少年体育大会
       の予選で優勝するという,離れ島の生活と文明に背を向けた少年たちの勇気と気
       迫を描いた青少年向けの作品

       1973 第10回 青龍映画賞/監督賞

1972年 <石花村> 監督,制作
       ソヘ(西海)に浮かぶ小さな島で,牡蠣を採って生計を立てている島民の間で起
       こる哀歓と原初的な欲望を描いた作品

       1972 第9回 青龍映画賞/最優秀作品賞

1972年 映画制作者協会 理事

1972年 映画振興公社制作常任理事として在職し,国策映画であるイム・グォンテク監督の
      <ソウル奪還大作戦 大反撃>(1973)とイ・マニ監督の<野
      菊は咲いた>(1974)を制作した。

1973年 <牡牛に乗って婚家に来たよ> 監督,企画

1973年 <500花> 監督

1974年 映画制作者協会 副委員長

1975年 <初恋> 監督,原作
       お互いに身分を隠した一組の男女が,結局は別れる運命に終わり,最後まで過去
       の事実を語らないという爽やかな青春ラブストーリー

1975年 <子種> 監督,制作

1977年 <三人豪客> 監督

1978年 <栗谷(ユルゴク)と申師任堂(シンサイムダン)> 監督,制作
       韓国初の同時録音映画

1979年 <シムバッタ(見つけた!)> 監督,制作
       天然の朝鮮人参である山蔘(サンサム)を掘る人々シンマニの山蔘採りをめぐっ
       て繰り広げられる人間の物欲と醜悪な葛藤を描いた作品
       本格的な同時録音(シンクロナイズド・レコーディング)で制作された初の作品

       「シムバッタ(見つけた!)」は,シンマニが,山中で山蔘(サンサム)を見つ
       けたときに三度叫ぶ言葉

       1979 第18回 大鐘賞映画祭/監督賞

1979年 <棘(とげ)を飲み込んだ薔薇> 監督,制作

1980年 <カッコーの啼く夜 別離> 監督,制作
       男寺党牌(旅芸人)の娘と彼女を育てた母と炭を焼いて暮らす息子が林の中で
       家族となって生きていく話

       1980 第19回 大鐘賞映画祭/優秀作品賞

1980年 <海へ行った木馬> 監督,制作

1981年 <愛の望郷 激流を超えて 【鸚鵡からだで鳴いた】> 監督,制作

1982年 <娼婦物語 激愛 【鴎よ,すいすいと飛ぶな】> 監督,制作

1984年 <マーニム 愛の嵐[大鐘賞(23)/監督賞,作品賞(一般部門)]> 監督,制作

       1984 第23回 大鐘賞映画祭/一般部門作品賞,監督賞
       1985 第5回 韓国映画評論家協会賞/監督賞

1984年 <秋を残して行った愛> 監督

1985年 マルチプレックスの前身である国内最初の複合劇場シネハウスを設立した。

1986年 民自党 中央委員会および常務委員

1987年 社団法人 韓国映画人協会 理事長,社団法人 韓国芸術総連合会 理事

1989年 アメリカ直配映画である<インディ・ジョーンズ>(1984),<レインマン>(1987)など
      を上映したのが映画人たちの反対に直面し,その余波で監督が運営するシネハウスとい
      う映画館が放火される被害に遭った。

1991年 <愛と死のこだま 1部> 監督,企画

1991年 <愛と死のこだま 2部> 監督,脚本,企画

1994年 フランス文化勲章 技師賞 受賞(カンヌ映画祭)

1995年 <ムクゲの花が咲きました> 監督,制作

       1995 第6回 利川(イチョン)春史大賞映画祭/審査委員特別賞

1999年 韓国映画人福祉財団 理事長

2001年 4月 第38回 大鐘賞映画祭 審査委員長

2001年 韓国映画人協会 会長

2007年 第30回 黄金撮影賞授賞式/特別賞(韓国映画福祉財団理事長) 


2014年 第51回 大鐘賞映画祭/映画発展功労賞



[監督作品]
制作年作 品 名 【原 題 名】
1963
1964
1964
1964
1965
1965
1965
1965
1966
1966
1966
1966
1966
1967
1967
1967
1967
1967
1968
1968
1968
1968
1968
1968
1968
1969
1969
1969
1970
1970
1970
1970
1970
1970
1971
1971
1972
1972
1973
1973
1975
1975
1977
1978
1979
1979
1980
1980
1981
1982
1984
1984
1991
1991
1995
一人息子 [デビュー作]
背信
のどが乾いた樹木
国境でない国境線
無情の40階段
(ランの悲歌)
秋に来た女
密会
下宿生
8240 K.L.O
雨のめぐり逢い 【草雨】
初恋
悪人時代
白い烏(からす)
暴露
チュニ
四月が行けば
蜜月
波乱離別の文字
情婦マノン
女 [キム・ギヨンユ・ヒョンモクと共作]
星よ,私の胸に
迷路

青い別れの文字
黄真伊の初恋
青春
いっそ他人ならば
港無情
最後の皇太子英親王
凍春
椿花が咲いて散って
帰ってこない夜
国境の夜
かりそめの恋
景福宮の女たち
島カエル万歳 [青龍賞(10)/作品賞(悲劇)]
石花村 [青龍賞(9)/作品賞(劇)]
牡牛に乗って婚家に来たよ
500花
初恋
子種
三人豪客
栗谷(ユルゴク)と申師任堂(シンサイムダン)
シムバッタ(見つけた!) [大鐘賞(18)/監督賞]
とげを飲み込んだ薔薇
カッコーの啼く夜 別離 [大鐘賞(19)/優秀作品賞]
海へ行った木馬
愛の望郷 激流を超えて 【鸚鵡からだで鳴いた】
娼婦物語 激愛 【鴎よ,すいすいと飛ぶな】
マーニム 愛の嵐大鐘賞(23)/監督賞,作品賞(一般部門)]
秋を残して行った愛
愛と死のこだま 1部
愛と死のこだま 2部
ムクゲの花が咲きました

[最終更新] 2015-01-03

 



【BACK】 (一覧ページへ)