輝国山人の韓国映画
<Home>へ

パク・サンホ
朴商昊
박상호
映画監督

1931年 9月24日 インチョン(仁川)で出生

      個性のある演劇俳優パク・チョンジャは実弟

      キョンドン高等学校を卒業

      ヨンセ(延世)大学校商科を中退

1940年代後半 新劇協議会の研究生をはじめ,演劇界で活動した。

1950年 国立劇場で演劇をした。

1955年 避難地テグ(大邱)でシン・サンオク監督に会って映画界と縁を結んだ。

       <夢> 演出部

1956年 <ヘジョン(海情)> 監督デビュー作
       同人制(団員すべてが劇団に対する権利と義務を負う運営方式)で演出

1958年 <薔薇は悲しい>

1959年 <浪漫列車>
       シネマスコープサイズの白黒映画

1959年 <追憶の首飾り>

1960年 <モサン(母像)>

1961年 <私の青春に恨(ハン)はない>

1962年 <山の新婦>

1962年 <家族会議>

1963年 <飲み屋の娘>

1963年 <トスニ 幸福の誕生>

      以後,フィクション映画に懐疑を感じてドキュメンタリー映画を穿鑿した。

      記録映画は,26編演出した。

1964年 <うちの母さん最高>

1964年 <別れだけは悲しかったよ>

1964年 <青春は喉が渇く>

1964年 <ケドン(桂洞)若奥様>

1965年 <非武装地帯>

       フィクションが加味されたノンフィクション映画として,世界で初めて
       非武装地帯(DMZ)にカメラを持ち込んで撮影を試みて注目を浴びた。
       子どもたちの視線で分断の悲劇を探求した。

       1966 第13回 アジア映画祭/ノンフィクション部門 グランプリ

1967年 <解放っ子>

1967年 <南男北女>

1967年 <胸痛く>

1968年 <おしゃれな人お嬢さんたち>

1969年 <シデク(媤宅:婚家)>

1971年 <チプセギを履いてきたよ>

       興行的に失敗した作品
 
       この作品以後には,明確な活動がない。

2006年 4月3日 死去


[監督作品]
制作年作 品 名 【原 題 名】
1956
1958
1959
1959
1960
1961
1962
1962
1963
1963
1964
1964
1964
1964
1965
1967
1967
1967
1968
1969
1971
ヘジョン(海情)
薔薇は悲しい
浪漫列車
追憶の首飾り
モサン(母像)
私の青春に恨(ハン)はない
山の新婦
家族会議
飲み屋の娘
トスニ 幸福の誕生
うちの母さん最高
別れだけは悲しかったよ
青春は喉が渇く
ケドン(桂洞)若奥様
非武装地帯
解放っ子
南男北女
胸痛く
おしゃれな人お嬢さんたち
シデク(媤宅:婚家)
チプセギを履いてきたよ

[最終更新] 2017-01-05

 



【BACK】 (一覧ページへ)