輝国山人の韓国映画
<Home>へ

シン・サンオク
申相玉
신상옥
Sin Sang-Ok

1925年 出生(本名:シン・テソ 신태서 申泰瑞)       咸鏡北道 チョンジン(清津)で,父シン・ビョンヨンと母キム・       ボンソンの3男2女中末っ子として生まれる。       咸鏡北道 フェリョン(会寧)でしばらく幼児期を送った。       その後、咸鏡北道 キョンソン(京城)でしばらく幼年期を送った。       シン・サンオクという名前は,映画を始めた頃から使うようになっ       た。       漢方医師である父のおかげで比較的裕福な環境と家族の黙認の下,       したい放題の自由奔放な青少年時期を送った。       家の近所にソファ(昭和)館という劇場があって,普通学校時期       から並みはずれて映画に関心を持った。       自叙伝によれば,家の近所の映画館に居間のように出入りして,       ナ・ウンギュの映画からチャップリン,いわゆる<チャンバラ>と       呼ばれる日本のサムライ映画,グリフィスの映画を片っ端から見た       という。       故郷でチョンマ普通学校とキョンソン(京城)高等普通学校を卒業 1944年 日本に渡って東京美術専門学校(現在の東京芸術大学)に入学       この当時,主に見た映画は,マルセル・カルネ,ジュリアン・デュ       ヴィヴィエなどのフランス作品であったが,この作品が,それから       の自分の映画的雰囲気や感覚に大きな影響を与えたという。 1945年 4月 日本 東京美術専門学校を中退       帰国し,兄シン・テソンの勧誘で高麗映画社の美術部に入って,映       画ポスターを描いたり,セットを作る仕事をする。       この時,ホン・ソンギチョン・チャンファも一緒に演出授業を受       けている。 1946年 この会社で制作した<自由万歳>(1946)のスタッフ(美術)として,       チェ・インギュ(崔寅奎)監督の演出部で仕事をする。 1948年 <希望の村>(チェ・インギュ監督) 美術監督デビュー 1948年 <独立前夜>を最後にチェ・インギュから独立し,自分の映画を演       出するための準備を始める。 1949年 <女性日記>(ホン・ソンギ監督) 美術監督 1949年 <波市(パシ)>(チェ・インギュ監督) 美術監督       朝鮮戦争勃発後,映画芸術協会という制作会社を起こして自分が脚       本を書く。       朝鮮戦争中は,テグ(大邱)の空軍本部の政訓監室空軍撮影隊に所属した。 1952年 <悪夜> 監督,脚本,撮影,編集,制作        監督デビュー作(26歳)        娼婦を愛する文学青年の葛藤を描いた写実主義的傾向の映画        韓国映画の新しい可能性を見せた作品という比較的良い評価を受        けた。        (主演:ファン・ナム,ムン・ジョンスク) 1953年 シン・サンオクプロダクションを設立し,映画制作から輸出配給業       にまで手をつける。 1954年 <コリア> 監督,編集,制作        古代から現代に達する韓国の歴史を紹介した海外広報用文化映画        チェ・ウニを初めて俳優として起用 1955年 ピョン・スンジェなどとソウル映画公社を設立 1955年 <若い彼ら> 監督        挙事を企てたが意図を成し遂げられず,明日を期する男装美人        (チェ・ウニ)を描く。 1955年 <夢> 監督,脚色,編集        イ・グァンス原作の歴史劇で,女について破戒したチョシンとい        う僧(ファン・ナム)を描く。 1957年 <無影塔> 監督,制作        三層石塔を建てることに没頭するが,愛するアサニョの死を迎え        ることになる石工アサダル(ファン・ナム)を描く。 1958年 <地獄花> 監督,制作        娼婦(チェ・ウニ)と愛するヤンキー物品商人(キム・ハク)が        異常な金儲けに陥って警察に追われ,女性とともにドブに墜落し        てみじめな最後を終えるという内容の映画        この映画は,当時,大きな注目は浴びなかったが,シン・サンオ        ク作品世界の別の容貌を見せる作品として1990年代以後に再発見        された。 1958年 <ある女子大生の告白> 監督,脚色        不遇な環境の中で法学を専攻して弁護士になった女主人公が,女        性囚人を弁護する間,自分の過ぎた日と似ていることに気づいて        自らを贖罪し,涙で善処を訴えるという内容で,ソウルだけで10        万の観客を動員するなど,興行に大きく成功して跳躍の踏み台を        作る。 1959年 5月 女優のチェ・ウニと結婚 1959年 <姉妹の花園> 監督,編集,制作 1959年 <椿姫(チュニ)> 監督,撮影 1959年 <その女の罪ではない> 監督,脚本        殺人未遂事件の被害者である女性が,自分の過去と事件の全貌を        告白して,それしか方法がなかった理由を陳述,無罪が立証され        る結末を見せてくれる推理劇形式の映画 1959年 <独立協会と青年李承晩(イ・スンマン)> 監督 1959年 <同心草> 監督        娘の望みどおり愛する男(キム・ジンギュ)をあきらめて守節の        道を選択した未亡人の話 1960年 <ロマンス・パパ> 監督,制作        キム・ヒチャンの人気ラジオ放送劇を原作にした作品        1961 第4回 釜日映画賞/最優秀作品賞 1960年 <白蛇夫人> 監督 1960年 <この命がつきるまで> 監督        6.25戦争に参戦して負傷し,性障害者になった夫を頼って周囲の        誘惑にも揺れることなく強く生きていく女の行路を典型的なメロ        ドラマの構造で描いた映画        1962 第12回 ベルリン国際映画祭 銀熊賞 1961年 <燕山君(ヨンサングン)> 監督(チャンハンサモ編),制作        総天然色シネマスコープ映画        大鐘賞(1)/優秀作品賞 1961年 <成春香> 監督,制作        旧正月を控えてミョンボ劇場で封切りして74日間38万人の観        客を動員した総天然色シネマスコープ映画        同時期に封切られた<春香伝>(ホン・ソンギ(洪性麒)監督)        が惨敗する。        監督生涯の絶頂期の始まり。 1961年 <離れの客とお母さん> 監督,制作        一夫従事の封建的道徳観念と因襲を美徳として主張し,事実上,        監督の代表作として地位を確立した映画        1962 第1回 大鐘賞映画祭/監督賞        1962 第5回 釜日映画賞/最優秀作品賞,最優秀監督賞        1962 第9回 アジア太平洋映画祭/最優秀作品賞 1961年 <常緑樹> 監督,制作        文盲退治など農村啓蒙運動の正当性を込めた映画で,当時のセマ        ウル(新しい村)運動に符合する素材として<>(1963)を産む        モチーフになる。 1962年 <暴君燕山> 監督(復讐,快挙編) 1962年 <烈女門> 監督,制作        両班家の未亡人となった嫁と情を通じた罪に問われた作男が一人        で苦労して育てた息子が訪ねてきたが,息子と呼ぶこともできな        いまま,守節という頸木を背負って生きていく男中心社会の慣習        的矛盾を描いた映画        チョ・グンハ=趙肯夏監督の<寡婦>のリメイク        1963 第2回 大鐘賞映画祭/優秀作品賞 1963年 <江華道令(カンファドリョン)> 監督,制作        [You Tube] https://www.youtube.com/watch?v=2AqLtVks5Nc 1963年 <チョルチョン(哲宗)とポンニョ(福女)> 監督,制作 1963年 <松明(たいまつ)> 監督,制作 1963年 <> 監督,制作        1955 第12回 アジア映画祭/監督賞 1963年 <ロマンス・グレー> 監督,制作 1964年 <唖の三龍(サムニョン)> 監督,制作        夫から虐待を受ける地主の嫁を恋慕する聾唖の作男の愚直な愛の        真実性をキム・ジンギュという卓越した演技者を借りて具現した        映画        1965 第4回 大鐘賞映画祭/作品賞,監督賞 1964年 <空爆作戦命令 赤いマフラー> 監督        空軍操縦士の戦友愛と恋を収めた映画        韓国空軍の全面的なバックアップを受けて制作された。        日本,台湾などの地に輸出して良い評価を受ける。        1964 第11回 アジア太平洋映画祭/監督賞 1965年 <「裨将(ペビジャン)> 監督 1966年 韓国最大の撮影所であるアニャン(安養)スタジオを買収し,施設       と設備を維持するための赤字が累積した。 1967年 <馬賊> 監督 1967年 <李朝残影> 監督,制作        解放前,韓国で生まれ,ヨンサン(龍山)中学校に通っていたこ        ともある日本の小説家・梶山季之の原作を映画化した作品        脚本は,日本の有名なシナリオ作家・松山善三 1967年 <夢> 監督(リメイク),制作        [You Tube] https://www.youtube.com/watch?v=rOPShYituFA 1967年 <山> 監督,制作 1967年 <多情仏心> 監督        [You Tube] https://www.youtube.com/watch?v=Fi384KEvwIE        高麗朝廷を奸計した妖僧シンドン(辛旽)を描いた作品 1968年 <大院君> 監督        1968 第7回 大鐘賞映画祭/作品賞,監督賞 1968年 <無宿者> 監督,制作        満州ウェスタン 1968年 <女の一生> 監督,制作 1968年 <黄金コウモリ> 監督,制作 1968年 <内侍(ネシ)> 監督        猥褻の疑いで立件され,捜査を受けた。 1968年 <女馬賊> 監督,制作 1969年 <陸軍キム一等兵> 監督,制作 1969年 <続・内侍(ネシ)> 監督,制作 1969年 <女性上位時代> 監督,制作 1969年 <千年狐 監督,制作        1970 スペイン フテーズ映画祭/監督賞 1969年 <李朝女人残酷史> 監督,制作        [You Tube] https://www.youtube.com/watch?v=LoMuZf2iX1I        1969 第15回 アジア映画祭/監督賞 1969年 <蛇女> 監督,制作 1969年 <長恨夢> 監督,脚本,制作 1969年 <糞女> 監督 ? 1970年 <晩鐘> 監督,制作 1970年 <李朝怪談> 監督 1971年 <恋愛盗賊> 監督,脚本,原作,制作 1971年 <戦争と人間> 監督,撮影,制作        日本統治時代の満州の荒野を背景に,戦争に巻き込まれた若い        世代の愛憎や勇気を叙情的なタッチで描いた作品        1971 第17回 アジア映画祭/監督賞        1972 第8回 百想芸術大賞/監督賞 1971年 <平壌爆撃隊> 監督,制作        1972 第11回 大鐘賞映画祭/監督賞,優秀反共映画賞 1972年 <宮女> 監督,制作 1972年 <孝女シムチョン(沈清)> 監督,制作 1973年 <三日天下> 監督,制作        青龍賞(10)/作品賞(劇) 1973年 <校長先生上京記> 監督,制作 1973年 <離別> 監督 1973年 <班婚女> 監督 1974年 <漢江> 監督 1974年 <13歳の少年> 監督,脚色 1975年 <椿姫(チュニ) '75> 監督 1975年 <薔薇と野良犬> 監督,脚本        香港との合作映画        削除されたはずのベッドシーンなど2カットが,そのまま劇場        で予告編として上映されたなどの理由で,シン(申)プロダク        ション(申フィルムの後身)の映画社登録が取り消された。 1975年 <アイラブ・ママ> 監督 1976年 8月 女優のチェ・ウニと離婚 1976年 <女囚407号> 監督 1976年 <続・女囚407号> 監督 1978年 1月14日 女優のチェ・ウニが香港滞留中に北朝鮮の工作員の       誘引によって失踪した。 1978年 7月19日 監督が北朝鮮の工作員により香港で拉致された。       監督は,キム・ジョンイル(金正日)の支援の下,北朝鮮でシン       (申)フィルム映画撮影所を建て映画を制作する。 1984年 <帰らざる密使> 監督 北朝鮮で制作       「ハーグ密使事件」をドラマチックに描いた映画        カルロヴィ・ヴァリ映画祭で賞を獲得 1984年 <脱出記> 監督 北朝鮮で制作 1984年 <愛 愛 私の愛> 監督 北朝鮮で制作 1985年 <プルガサリ> 監督 北朝鮮で制作 1985年 <塩> 監督 北朝鮮で制作 チェ・ウニ主演        モスクワ映画祭 最優秀主演賞(チェ・ウニ) 1985年 <沈清伝> 監督 北朝鮮で制作        北朝鮮滞在の2年3か月の間に17作品を制作 1986年 3月13日 オーストリア ウィーンの米国大使館を経由してア       メリカに亡命 1990年 <真由美> 監督        北朝鮮による大韓航空機爆破事件を扱った免罪符性の反共映        画 1992年 <忍者キッズ2> 監督(米国)        亡命期間中,米国ハリウッドで申プロダクション(Sheen        Production)を設立して<忍者キッズ>シリーズを制作・        監督 1994年 <蒸発> 監督,脚本        パク・チョンヒ(朴正煕)大統領末期の政治的陰謀を素材に        扱った映画 1994年 第47回 カンヌ国際映画祭 審査委員 1995年 MBC文化放送ドラマ <第4共和国> パク・ヨンテ役 1995年 <忍者キッズ3> 監督(米国) 1996年 <英雄ガルガメス> 監督 1999年 チェ・ウニとともに韓国へ永久帰国する。 2003年 アニャン(安養)にシン(申)フィルム映画アカデミーを設立       (理事長) 2003年 第2回 大韓民国映画大賞 功労賞 2004年 <冬の物語> 監督 2006年 4月11日 持病により死去(80歳)       墓地は、京畿道 アンソン(安城)市 ポゲ(宝蓋)面 プッカヒョン里 ソジェ       天主教(カトリック)公園墓地 2006年 7月 韓国映画人福祉財団選定 映画関係者 名誉の殿堂 献額 2006年 韓国映画発展に寄与した功績を認められ、金冠文化勲章を叙勲       監督作品:66本       制作作品:225本 [家  族] 兄:シン・テミン、,シン・テソン       妻:女優のチェ・ウニ          1959年5月結婚 1976年8月離婚           長男:映画監督のシン・ジョンギュン           長女:シン・ミョンヒ       妻:女優のオ・スミ           次男:シン・サンギュン           次女:女優のシン・スンニ(申勝利) [解説資料] 韓国映画100年史 その誕生からグローバル展開まで(鄭j樺 [著] )133頁 [最終更新] 2014-10-25

 



【BACK】 (一覧ページへ)