輝国山人の韓国映画
<Home>へ

燕山君(ヨンサングン)

第10代朝鮮国王ヨンサングン(燕山君)の波瀾万丈な一代記を描いた1960年代初めの代表的な史劇

ソンジョン(成宗)(キム・ドンウォン)の息子ヨンサングン(燕山君)(シン・ヨンギュン)は,ある日,自分が廃妃ユン(尹)氏(チュ・ズンニョ)の息子であることを知って大きな衝撃を受ける。

国王に即位した後,彼は,廃妃ユン(尹)氏の身元を復元しようと思うが,インステビ(仁粋大妃)(チョン・オク)をはじめとする臣下の反対にあって性格が急激にゆがむ。

彼は,この上なく荒くなって,酒と女に陥って恐ろしく乱暴を働く。悔しく死んだ生母ユン(尹)氏の姿を夢で見た彼の心は,より一層混乱でいっぱいになる。

そうしている間,母方の祖母(ハン・ウンジン)を通じてユン(尹)氏の無念な事情を聞き,ユン(尹)氏の血がついたチョゴリをもらったヨンサングン(燕山君)は,当時,廃妃と関連したすべての人々に血の復讐をする。

[制 作 年] 1961年 [韓国封切] 1962年1月1日 [観覧人員]  [原 題] 燕山君(ヨンサングン) 연산군 [英 語 題] Prince Yeonsan [ジャンル] 時代劇/史劇 [原 作] パク・チョンファ「錦蔘(クムサム)の血」 [脚 本] イム・ヒジェ [監 督] シン・サンオク [第 作] [助 監 督]  [撮  影] ペ・ソンハク,チョン・ヘジュン [照  明] イ・ゲチャン [音 楽] チョン・ユンジュ [美 術] チョン・ウテク [武 術]  [出 演] シン・ヨンギュン  → ヨンサングン(燕山君)       チェ・ウニ     → シン妃       シン・ソンイル   → チンソンデグン(晋城大君)       キム・ドンウォン  → ソンジョン(成宗)       チュ・ズンニョ   → 廃妃ユン(尹)氏       ハン・ウンジン   → シン氏       ホ・ジャンガン   → チェアンデグン(斉安大君)       キム・ジンギュ   → パク・ウォンジョン(朴元宗)       ト・グンボン    → チャン・ノクス(張緑水)       チョン・オク    → インステビ(仁粋大妃)       チェ・ナミョン   → パク・スンハク参判       キム・ヒガプ    → キム・チャウォン       イ・イェチュン   → イム・サホン(任士洪)       ナムグン・ウォン  → ファン・ユノン       ファン・ジョンスン → 継妃ユン(尹)氏       イ・ミンジャ    →        ユン・インジャ   →        ユ・ゲソン     →        イ・ギョンヒ    →        キム・シンジェ   →        キム・ヘジョン   →        イ・ビナ      →        キム・サムファ   →        チョン・ヨンジュ  →        イ・ヒャンジャ   →        イム・イェシム   →        チュ・ソンテ    →        ク・ボンソ     →        ヤン・フン     →        チェ・サム     →        キム・ヒョンジュ  →        キム・ヒョシム   →        パク・ミヨン    →        カン・ソンジェ   →       チャン・フン    →  [受 賞] 1962 第1回 大鐘賞映画祭/最優秀作品賞,男優主演賞(シン・ヨンギュン)                    女優助演賞(ハン・ウンジン)                    撮影賞(ペ・ソンハク)                    音楽賞(チョン・ユンジュ)                    録音賞(チョン・ユンジュ)                    照明賞(イ・ゲチャン)                    美術賞(チョン・ウテク)       1963 第6回 釜日映画賞/男優主演賞(シン・ヨンギュン)                   男優助演賞(ホ・ジャンガン)       1963 第8回 アジア映画祭/美術賞(チョン・ウテク) [映 画 祭]  [時 間] 133分 [観覧基準] 青少年 観覧不可 [制 作 者]  [制作会社] シン(申)フィルム [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [撮影場所]  [M-Video]  [Private ] K-DVD(ALL) 韓国映画マスターピースコレクション [お ま け] ・派手な衣装とセット,ヨンサングン(燕山君)のこじれた心理を描写するための        誇張されたカメラアングル,シン・ヨンギュンの誇張された演技が,カラーシネ        マスコープにマッチした壮大なスペクタクルを提供してくれる。


プラウザの「戻る」で戻ってください。