輝国山人の韓国映画
<Home>へ

キム・シンジェ
金信哉
김신재
Kim Sin-Jae

[職  業] 俳優
[本  名] 김신재 金信哉
      創氏改名:星信哉
[生年月日] 1919年      生まれ
      1998年3月31日 死去

[出 生 地] 黄海道 イジュ(義州)
[身長体重] 
[住  所] 

[レ タ ー] 
[出身学校] 中国 遼寧省 安東高等女学校 中退
[宗  教] 

[趣  味] 
[特  技] 
[家  族] 夫は、映画監督のチェ・インギュ(崔寅奎)

[血 液 型] 
[あ だ 名] 
[座右の銘] 

[経  歴]    中国 遼寧省 安東高女を中退して新義州新演劇場の研究員
         として仕事をする。

      1936 当時,新義州劇場の映写技師,後に映画監督となる
         チェ・インギュ(崔寅奎)と結婚

      1937 映画に心酔していた夫の勧誘でアン・ソクヨン監督の
         <沈清(シムチョン)伝>に出演(18歳)

      1938 同様にユン・ボンチュン監督の<圖生録>に出演して映画
         にデビューした。

         歴代女優のうちで最も短い歴史を持って当代最高のスター
         であったムン・イェボンとキム・ソヨンに次ぐ位置に登っ
         たという評価を受けた。

         以後,主に<内鮮一体>を強調した映画に出演して,この
         時期最も多い映画に出演した俳優のうちの一人だった。

         これによって「親日」という批判を受けたりもする。

         朝鮮戦争中に夫であるチェ・インギュが北へ拉致されて,
         プサン(釜山)へ行き,芸術家たちが集まるサンユファ
         (あるいは,スソンファ(水仙花))という名前の喫茶
        店を 経営した。

         解放後から1980年代までに200本に近い映画に出演した。

      1983 アメリカに渡り,娘と共に余生を送って1998年アメリカの
         バージニア州で79年の一生を終えた。        
[H  P] 
[所属会社] 
[T  V] 

[ラ ジ オ] 
[M-Video] 
[C    F] 

[短編映画] 
[演  劇] 
[DISC] 

[受  賞] 1980 第19回 大鐘賞映画祭/女優主演賞(カッコーの啼く夜 別離)

[解説資料] 韓国映画100年史 その誕生からグローバル展開まで(鄭j樺 [著] )83頁
[お ま け] 

[最終更新] 2015-01-28
[出演映画]
制作年作 品 名   (監督名)
1937
1938
1940
1941
1941
1943
1943
1948
1956
1959
1959
1961
1961
1963
1965
1967
1968
1969
1970
1977
1978
1978
1979
1979
1980
1981
沈清(シムチョン)伝 (アン・ソクヨン)
圖生録 (ユン・ボンチュン=尹逢春)
授業料 (チェ・インギュ=崔寅奎,パン・ハンジュン=方漢駿)
家なき天使 (チェ・インギュ=崔寅奎)
君と僕 (日夏英太郎=ホ・ヨン=許泳)
朝鮮海峡 (パク・キチェ=朴基采)
望楼の決死隊 (今井正)
独立前夜 (チェ・インギュ=崔寅奎)
ソウルの休日 (イ・ヨンミン=李庸民)
女社長 (ハン・ヒョンモ=韓N模)
韓末の風雲と閔(ミン)忠正公 (ユン・ボンチュン=尹逢春,ナム・ホンイル)
張禧嬪(チャン・ヒビン) (チョン・チャンファ=鄭昌和)
燕山君(ヨンサングン) (シン・サンオク=申相玉)
望夫石(マンブソク) (イム・グォンテク=林權澤)
あの空にも悲しみが (キム・スヨン=金洙容)
 (キム・スヨン=金洙容)
将軍の髭 (イ・ソング=李星究)
壁の中の女 (パク・チョンホ=朴宗浩)
アッシ(お嬢さん)チェ・イニョン=崔寅R)
ハンネの昇天 (ハ・ギルチョン=河吉鍾)
族譜 (イム・グォンテク=林權澤)
夕立ち (コ・ヨンナム=高栄男)
長雨 (ユ・ヒョンモク=兪賢穆)
ピョンテとヨンジャ (ハ・ギルチョン=河吉鍾)
カッコーの啼く夜 別離 (チョン・ジヌ=鄭鎮宇)
従軍手帳 (チェ・ハウォン=崔夏園)



【BACK】 (一覧ページへ)

ソウルの休日(1956) 韓末の風雲と
閔忠正公
(1959)
長雨(1979)