輝国山人の韓国映画
<Home>へ

族 譜 

日帝時代が舞台。

日本は,人々の韓国名を日本名に改名させるという,いわゆる「創氏改名」の政策を進めていた。

スウォン(水原)郡の大地主ソル・ジニョン(チュ・ソンテ)は,なかなか改名に応じず,その小作人たちもこれに従い改名しなかった。

その説得のために派遣された朝鮮総督府京畿道庁総力第1課の職員,谷六郎(ハ・ミョンジュン)は,ソルやその娘オクスン(ハン・ヘスク)と接するうちに,その家風や人柄に惹かれていく。

[製 作 年] 1978年
[韓国封切] 1978年5月1日
[原    題] チョッポ(族譜) 족보  
[英 語 題] Genealogical Record  The Genealogy 
[ジャンル] ドラマ
[原    作] 梶山季之 
[脚    色] ハン・ウンサ(韓雲史)
[監    督] イム・グォンテク [第68作]
[助 監 督] ノ・セハン(盧世翰),アン・ミョンギ(安明基)
[撮    影] イ・ソッキ(李錫基)
[照  明] チョン・ドッキュ(鄭徳奎)
[音    楽] チョン・ミンソプ(鄭民燮)
[美    術] キム・ユジン(金有辰)

[出    演] チュ・ソンテ   → ソル・ジニョン(薛鎭英)
        ハ・ミョンジュン → 谷六郎 朝鮮総督府 京畿道庁 総力第1課    写真(右)
         ハン・ヘスク   → ソル・オクスン(薛玉順) ソル・ジニョンの娘  写真(左)
         チェ・ナミョン  → 
         キム・シンジェ  → ソル・ジニョンの妻
         ユン・ヤンハ   → 金田北萬 ソル・オクスンの婚約者 医師インターン
         チュ・サンホ   → 憲兵隊員
         キム・ソックン  →
         トッコ・ソン   → 課長 朝鮮総督府 京畿道庁 総力第1課 加藤長根
         イ・ヒャン    → 京畿道知事 城井秀吉
      キム・ギボム   → 
      チェ・ジェホ   → ソル・ジニョンの息子
         パク・クァンジン → 係長 京畿道庁総力第1課
      イム・ヘリム   → 金田の父
      イ・ジョンエ   → 金田の母
      イム・イェシム  → 
      キム・ジヨン   → 
         チョン・スク   → 谷の姉
      キム・ウン    → 
      チ・バンヨル   → (池芳烈) 
      パク・ピョンギ  → (朴炳起)
      パク・タル    → 
      チュ・ボン    → 
         サ・ウォンベ   → ソル・ジニョン家の使用人

      協力
      アンドン(安東)ハフェ(河回)柳氏宗親会
      チョンジュ(全州)農業高等学校


[受  賞] 1978 第17回 大鐘賞映画祭/優秀作品賞,監督賞,男優主演賞(ハ・ミョンジュン)
         1978 映画記者賞/作品賞,監督賞,男優主演賞(ハ・ミョンジュン)

[映 画 祭] 第8回 ミュンヘン映画祭 出品
         第11回 第3大陸映画祭(ナント映画祭) 出品

[時    間] 110分
[等    級] 18歳以上 観覧可
[制 作 者] パク・チョンチャン(朴宗 )
[制作会社] (株)ファチョン(貨泉)公社  
[ビ デ オ] なし
[Private ] K-DVD【63】日本語字幕:クム・ソニ(琴仙姫),ヤン・インシル(梁仁実)
            音声解説:イム・グォンテク監督,チョン・ソンイル(映画評論家/監督)

      韓国映像資料院 イム・グォンテク監督 コレクション ボックスセット
       往十里(ワンシムニ)(1976年)
       族譜(1978年)
       チャッコ(1980年)
       曼陀羅(1981年)

[お ま け] ・福岡市総合図書館 所蔵作品


      ・「創氏改名」とは,朝鮮人を「日本人」に作り替える皇民化政策の一つで,1940
       年2月から実施された制度。

      ・新たに「氏」をつくって,従来の朝鮮の宗親(同族)関係を切断し,朝鮮人個々
       を直接管理することを目的とした。

      ・具体的には,日本の戸籍にみあうような家制度の導入を図り,その際に姓を日本
       式に改めさせ,民族性を失わせようとした。

      ・「氏」を設定することは義務であり,それを日本式にするかどうかは強制でない
       という建前であったが,実際には,日本式の名前をつけることが強要されたそう
       だ。

      ・「愛国班」などの組織が圧力として利用され,申請しない者には,社会的な制裁
       が加えられた。

      ・結局,6か月間の申請期間に約8割の人が日本式の名前をつけ,申請しなかった
       人は,「法定創氏」をしたこととされ,元の姓(たとえば「金」)をそのまま
       「氏」とすることにより創氏させられた。


      ・原作者である梶山季之は,植民地時代の京城生まれ(1930年)で,当時,父は,
       朝鮮総督府の職員だった。

      ・そして,旧制中学3年まで朝鮮に住み,戦後日本に帰国している。


      ・主演のハ・ミョンジュンは,監督もしているが,兄は,<馬鹿たちの行進>など
       で有名な映画監督ハ・ギルジョン(河吉鍾)である。



プラウザの「戻る」で戻ってください。