輝国山人の韓国映画
<Home>へ

朝鮮海峡

志願兵として北支に出て行った兄が戦死し,成基(せいき:ナム・スンミン)は,家に戻って兄の影幀に向き合う。

両親が許諾しない女性問題で家を出て行った後,戻ってきた成基のために,父は,母に怒り,妹きよこ(キム・シンジェ)は,もどかしい。

錦淑(きんしゅく:ムン・イェボン)と一緒に暮らしていた成基は,兄の戦死の消息を聞き,子供ができたという話を聞けないまま,錦淑の元を離れたのだ。

成基は,兄の後に続いて志願兵になることを決心し,一人残った錦淑は,子供を産み,被服工場で働きながら子供を育てている間に,貧困と過労のため病に倒れる。

戦地で負傷し,日本に後送された成基は,入院している錦淑にはじめて電話をかけ,闘病中の錦淑を訪ねてきた成基の両親は,子供と錦淑の存在を認める。

[制 作 年] 1943年 [韓国封切] 1943年6月16日 [観覧人員]  [原 題] 朝鮮海峡 조선해협 [英 語 題] Straits of Joseon [ジャンル] ドラマ,啓蒙 [原 作]  [P  D]  [脚 本] 佃順(つくだ じゅん) [脚 色] 日本 [監 督] パク・キチェ(朴基采) [助 監 督] ミン・ジョンシク [撮  影] イ・ミョンウ(李明雨) <日本名:瀬戸明> [照  明] キム・ソンチュン(金聖春)       村上健(むらかみ たけし) <日本>  [編  集] イ・ミョンウ(李明雨)、ヤン・ジュナム(梁柱南) [音 楽] ユン・サンリョル(尹相烈)      オーケー(OK)レコード [主 題 歌] ペク・ニョンソル <朝鮮海峡>       パク・ヒャンリム <美しき花園> [作  詞] チョ・ミョンアム,チャク・ピョンゴク,パク・シチュン [伴  奏] オーケー(OK)管弦楽団 [美 術] ユン・サンリョル(尹相烈) [武 術]  [出 演] キム・イルヘ   → 李家成基(りのいえ せいき)の父       ナム・スンミン  → 李家成基(りのいえ せいき)        トク・ウンギ   → 李家成基(りのいえ せいき)の叔父       キム・ハン    → 金川正民(かながわ せいみん)       ソ・ウォリョン  → 村山(むらやま)大佐       チェ・ウンボン  → 安田景明(やすだ けいめい) 天皇陛下万歳を叫ぶ兵士       ナム・ホンイル  → 吉田(よしだ)中尉 (南弘一)       ムン・イェボン  → 三原錦淑(みはら きんしゅく) 成基の妻        キム・シンジェ  → 清子(きよこ) 李家成基(りのいえ せいき)の妹       キム・ソヨン   → 戸部(とべ)看護師       キム・リョン   → 友子(ともこ)       ホン・チョンジャ → 新井(あらい)看護師       ポク・ヘスク   → ポッキ 金川正民(かながわ せいみん)の妻       カン・ジョンエ  → 産婆 (姜貞愛)       椿澄枝      → 井上英子(いのうえ えいこ) 三原錦淑(みはら きんしゅく)の友だち       キム・ソンチョ  → 李家成基(りのいえ せいき)の母 (青春座)       パク・ヨンシン  → 家政婦 (アラン)       イ・グムニョン  → 金田(かねだ)老人      カン・ジョンエ  → 産婆      ソン・イルポ   → 古物商       イ・ウォニョン  → 病院長       イ・ヒョ     → 大家       木下惠     → たまこ      金本元培     → お使い少年       高田稔      →        原節子      →       キム・ヒョン   → (金賢)      木下陽      →       三哭幸子     →  [受 賞]  [映 画 祭]  [時 間] 75分 [言  語] 日本語 [観覧基準]  [制 作 者] 田中三郎(たなか さぶろう) [制作会社] 朝鮮映画制作株式会社       朝鮮軍報道部後援 [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [You Tube] https://www.youtube.com/watch?v=AUpjdKewe9E(音声:日本語) [H P]  [撮影場所] 景福宮 [M-Video]  [Private ] なし [お ま け] ・徴兵制実施を記念してつくられたこの映画は,封切り当時,京城,平壌,釜山の三大都市で        13万8750人という「半島映画に前例のない興行成績」を記録したそうだ。           (帝国日本の朝鮮映画 〜植民地メランコリアと協力 李英載[著] 三元社 2013年)


プラウザの「戻る」で戻ってください。