輝国山人の韓国映画
<Home>へ

将軍の髭

カメラマン(写真記者),キム・チョルンが,疑問の死に至る事件が起きる。

老獪なパク刑事は,若くて知的な後輩刑事と共にチョルンの周辺人物を相手に聞き込み捜査を行い,大家と母,妹に会ったが,特別な進展がない。

刑事たちは,チョルンに手紙を送った小説家ハン・ジョンウに会って,チョルンが書こうとしていた小説<将軍の髭>の話を聞く。

祖国を解放させた偉大な将軍を追従してきた国民が,将軍のように髭を伸ばすが,主人公だけは,これ同調せずに独りぼっちになるというのが小説の内容。

話を聞いた刑事たちは,ハン・ジョンウから特別な疑惑点を探せず,一時チョルンと同居した元ダンサーのシネを訪ねて,チョルンについて詳しい話を聞く。

シネが聞かせる話によれば,チョルンはロマンチックな人だが,現実不適応者であった。

チョルンのロマンチックな感性に惚れていたネは,彼に疲れて彼から離れてしまう。チョルンの死は,その後のこと。警察たちは,チョルンの死を自殺と結論付ける。

[制 作 年] 1968年 [韓国封切] 1968年9月14日 [観覧人員]  [原 題] 将軍の髭 장군의 수염 [英 語 題] The General's Mustache [ジャンル] 文芸 [原 作] イ・オリョン(李御寧)の同名中編小説 [脚 色] キム・スンオク(金承ト) [監 督] イ・ソング(李星究)[第 作] [助 監 督] クォン・ヒョッキュ(權赫奎),イ・ジャンホ [撮  影] チャン・ソクチュン(張錫俊) [照  明] チャ・ジョンナム(車正男) [編  集] ユ・ジェウォン(劉在元) [音 楽] キム・ヒジョ(金煕祚) [美 術] ピョン・ジョンハ(卞鍾夏) [武 術]  [出 演] シン・ソンイル   → キム・チョルン(金哲薫) 元カメラマン(写真記者)       ユン・ジョンヒ   → ナ・シネ 元ダンサー       キム・スンホ    → パク刑事部長       キム・ソンオク   → 若い刑事 パク刑事の部下       チョン・チャングン → ナ牧師 シネの父       ハン・ウンジン   → チョルンの母       チョン・ミン    → チョルンの父       チョン・エラン   → 下宿屋大家の老婆       キム・ドンウォン  → ハン・ジョンウ 小説家       キム・シンジェ   → チョルンの姉       カク・キュソク   → チョン・ヨンシル博士       パク・オクチョ   → チョン博士の夫人       ムン・オジャン   → ミスター・リー チョルンの新聞社同僚 写真記者       ヨ・ウンゲ     → 下宿屋老婆の娘       パク・キテク    → イ・ジン下士 チョルンの幼なじみ (字幕は、朴基澤)       ユ・ハナ      → ヌードモデル       チョ・ドクソン   → 医師 キム・ソンヒョン(金成鉉)       イム・ヘリム    →        イム・ソンポ    → 刑事       クォン・イルジョン →       ユン・シノク    →         ファン・インチョル → 人民軍       ペク・イルソプ   → 取材記者       イ・イルウン    → チョルンの兄       チェ・チャンホ   →         ソン・チャンス   →        (宋昌洙)          コン・シフン    → 刑事       イ・ヨンホ     →        パク・チョル    → 巡査       ソン・ジョン    → チョンジギ       チャン・ヒョノ   →        (張鉉鎬)        キム・セラ     → 刑事       字幕外      キム・ウン     → 老紳士      コ・ソルボン    → 編集部長 [受 賞] 1969 第5回 百想芸術大賞/映画部門 監督賞       1968 第7回 大鐘賞映画祭/制作賞,脚本賞(キム・スンオク) [映 画 祭]  [時 間] 103分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者] キム・テス(金泰洙) [制作会社] テチャン(泰昌)興業 [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [撮影場所]  [M-Video]  [Private ]  K-DVD【75】           韓国映像資料院 イ・ソング コレクション (4ディスク)             音声解説:チョン・ソンイル(映画評論家・監督)            * 日月(1967年)            * 蕎麦の花が咲く頃(1968年)            * 将軍の髭(1968年)            * 地下室の7人(1969年) [お ま け] JAIHO 2021.09.23 視聴  翻訳:崔盛旭 字幕:鈴木真理子


プラウザの「戻る」で戻ってください。