輝国山人の韓国映画
<Home>へ

韓末の風雲と閔(ミン)忠正公

亡国の気勢が漂う旧韓末,外国使臣としてヨーロッパを見て回ったミン・ヨンファン(閔泳煥)は,コジョン(高宗)に新式軍隊訓練と新学問教育など,国を守るための対策を提案する。

この時,日本の外臣林權助(はやしごんすけ)が,コジョン(高宗)率訪ねて来て,海上権をくれと言う。

ミン・ヨンファン(閔泳煥)の家へチョン・ドンシク(鄭東植)が訪ねて来て,青年同志たちを糾合して日帝に対抗しようという。

一方,チョン・ドンシク(鄭東植)のそばには,キーセン(妓生)チョン・ウェチョン(天外川)がいる。

イ・ワニョン(李完用)などが率先して保護条約締結を主張する会議に,チョン・ドンシク(鄭東植)一派が襲撃するが,同志ク・フンソを失う。大韓帝国軍隊も訓練を始める。

ミン・ヨンファン(閔泳煥)は,釈放されたイ・スンマン(李承晩)が訪ねてくると,国のために仕事をして欲しいとお願いをする。

キーセン(妓生)チョン・ウェチョン(天外川)は,ソン・ビョンジュン(宋秉o)が刺客サムドクを送ってミン・ヨンファン(閔泳煥)を暗殺しようとするのをあらかじめ知って伝え,これをチョン・ドンシク(鄭東植)らが防ぐ。

ミン・ヨンファン(閔泳煥)は,コジョン(高宗)を訪ねて行って,売国姦臣の輩たちとイ・ジュン(李儁)をハーグ万国会議に特使として送ろうと泣いて訴える。

この時,伊藤博文とイ・ワニョン(李完用)が訪ねてきて,日本軍隊がプサン(釜山)とチェムルポ(済物浦)に入ってきたと言って,保護条約に調印しろと強要する。

イ・ワニョン(李完用)は,ミン・ヨンファン(閔泳煥)を監獄に入れて,イ・ジュン(李儁)が代わりに志士と国民たちを率いてテハンムン(大漢門)前へ行く。

保護条約の調印が進行されて,乙巳五賊を襲撃したチョン・ドンシク(鄭東植)一派は,すべて命を失う。

チョン・ウェチョン(天外川)は,イ・ワニョン(李完用)の家に火を付けて死ぬ。

悲憤をこらえることができないミン・ヨンファン(閔泳煥)は,自決し,日帝に抵抗して,一歩遅れて大韓帝国軍隊が,ミン・ヨンファン(閔泳煥)の家に到着する。

(出典:韓国映像資料院 旧韓末時代劇 ボックスセット 解説書5ページ)

[制 作 年] 1959年
[韓国封切] 1959年00月00日
[観覧人員] 
[原    題] 韓末風雲と閔(ミン)忠正公 한말풍운과 민충정공
[英 語 題] A blood bamboo
[ジャンル] 時代劇,史劇,伝記
[原    作] 
[脚    本] チョ・ヒョチョン
[監    督] ユン・ボンチュン [第 作]
      ナム・ホンイル
[助 監 督] チョ・ハンミン,チン・ソンピョ,チョン・ファン
[撮  影] ピョン・インジプ
[照  明] コ・ヘジン
[音    楽] キム・ヒジョ
[美    術] イ・ボンソン

[出    演] キム・ドンウォン → 閔(ミン)忠正公 1861年8月7日 〜 1905年11月30日
                 ミン・ヨンファン(閔泳煥) シジョンムグァンジャン(侍従武官長)
      チョン・オク   → 母堂
      キム・シンジェ  → 夫人 パク・スヨン
      イ・リョン    → コジョン(高宗)皇帝
      パン・スイル   → イ・スンマン(李承晩)
      ソン・ソミン   → イ・ジュン(李儁) 検事,外交官
      ソ・ウォリョン  → チョ・ビョンセ(趙秉世) 文臣 殉国烈士
      ソン・オク    → ハン・ギュソル(韓圭卨) チャムジョン(参政)大臣
      イ・ミンジャ   → チョン・ウェチョン(天外川) キーセン(妓生)
      イ・テッキュン  → チョン・ドンシク(鄭東植)
      チェ・ソンホ   → ソン・ウギ 青年同志
      チョ・ハン    → ソ・ヨンジュン 青年同志
      キム・ユンボン  → ク・フンソ 青年同志
      ハ・ジマン    → ファン・ナムス 閔(ミン)忠正公の執事
      イム・ウナク   → イ・ワンジク(李完植)
      イ・オプトン   → パク将校
      ノ・ガン     → ネシ(内侍)
      ユン・テビョン  → ミン・ボムシク(閔範植) 長男
      ペク・イル    → ミン・チャンシク(閔章植) 次男
      ホ・ジャンガン  → イ・ワニョン(李完用) ハクプ(学部)大臣 親日派
      キム・ハク    → ソン・ビョンジュン(宋秉o) イルチンフェ(一進会) 親日派
      カン・ゲシク   → パク・チェスン ウェム(外務)大臣
      チョン・グクサン → イ・ジヨン ネム(内務)大臣
      パク・ヨンテ   → ミン・ヨンギ タクチブ(度支部)大臣
      キム・スチョン  → イ・グンテク クンブ(軍部)大臣
      イム・ドンフン  → イ・ハヨン ポムブ(法部)大臣
      キム・ホヨン   → クォン・ジュンヒョン ノンサンコンブ(農産工部)大臣
      キム・チルソン  → サムドク 刺客
      チェ・ウィジョン → キーセン(妓生)
      キム・スンホ   → 伊藤博文 大日本帝国 特命全権大使
      イ・ヒャン    → 林權助(はやしごんすけ) 大日本帝国 外臣全権公使


[受    賞] 
[映 画 祭] 
[時    間] 103分
[観覧基準] 小学生 観覧可
[制 作 者] ソン・ドンホ
[制作会社] 中央文化映画株式会社(第1回作品)
[制 作 費] 
[D V D] 日本発売なし
[レンタル] 
[撮影場所] 
[M-Video] 
[Private ] K-DVD

      韓国映像資料院 旧韓末時代劇ボックスセット(DVD 4ディスク) 
 
       ・コジョン(高宗)皇帝と義士アン・ジュングン(安重根)(1959年)
       ・韓末の風雲と閔(ミン)忠正公(1959年)
       ・独立協会と青年リ・スンマン(李承晩)(1959年)
       ・ああ白凡キム・グ(金九)先生(1960年)

[お ま け] ・「閔(ミン)忠正公」とは,ミン・ヨンファン(閔泳煥)を高めて言う言葉

      ・この映画の別名「ヒョルチュク(血竹)」の意味は,ミン・ヨンファンが日
       本の植民地になる危険に直面した朝鮮を心配して自決した場所で,竹が育っ
       たと伝えられており,この竹を「ヒョルチュク(血竹)」と呼ぶそうだ。


プラウザの「戻る」で戻ってください。