輝国山人の韓国映画
<Home>へ

コジョン(高宗)皇帝と義士アン・ジュングン(安重根)

1905年11月17日,伊藤博文やイ・ワニョン(李完用)など,親日派大臣たちがトクスグン(徳寿宮)に入ってくる。

彼らは,ウルサ(乙巳)条約の締結を勧め,コジョン(高宗)皇帝は,大臣たちに決定を任せて席を離れる。

テハンムン(大漢門)の外に集まった生徒たちは,亡国条約を撤回しろと叫ぶ。

ファンヘド(黄海道)シンチョン(信川)でアン・チャンホ(安昌浩)が演説していた途中,群衆の一人が,朝鮮人巡査を攻撃し,巡査の発砲で女の子が死ぬ。この状況をアン・ジュングン(安重根)が見守る。

1907年,ハーグ密使事件でイ・ワニョン(李完用)とソン・ビョンジュン(宋秉o)が,コジョン(高宗)を訪ねてきて,廃位を強要する。

サムン(三興)学校で人材を養成していたアン・ジュングン(安重根)は,学校の門を閉めて義兵運動に参加することを決心する。

1909年,ウラジオストックに到着したアン・ジュングン(安重根)は,チェ・ジェヒョン(崔在亨)の紹介でイ・ガン(李剛)とチェ・ジェヒョン(崔在亨)の娘チェ・ウイスクに会う。

アン・ジュングン(安重根)は,義兵を率いてトゥマンガン(豆満江)を渡り,フェリョン(会寧)で日本軍隊と交戦を繰り広げるが,同志たちを全部失って,ユ・ドンハ(劉東夏)と2人だけが生き残る。

アン・ジュングン(安重根)は,伊藤博文が北満州を視察するという消息を聞いて,チェガグ(蔡家溝)駅,長春駅,ハルビン駅で暗殺を試みることを計画する。妻と息子が訪ねてくるが,アン・ジュングン(安重根)は会えずに満州に旅立つ。

一方,チェ・ウイスクは,アン・ジュングン(安重根)を密告しようとしていたパク・イルを射殺して死ぬ。

チェガグ(蔡家溝)駅でウ・ドクスン(禹徳淳)が,長春駅でチョ・ドソン(曹道先)が,伊藤の暗殺に失敗する。

ハルビン駅のアン・ジュングン(安重根)は,伊藤を暗殺した後,「大韓独立万歳」を叫ぶ。

アン・ジュングン(安重根)は,法廷で,殺害ではなく戦闘中の射殺だと言って,戦争捕虜として取り扱ってほしいと主張するが,死刑が執行される。

(出典:韓国映像資料院 旧韓末時代劇 ボックスセット 解説書3ページ)


[制 作 年] 1959年
[韓国封切] 1959年
[観覧人員] 
[原    題] コジョン(高宗)皇帝と義士アン・ジュングン(安重根) 고종황제와 의사 안중근
[英 語 題] King Gojong and martyr An Jung-Geun 
[ジャンル] 時代劇,史劇,伝記
[原    作] 
[脚    本] チョン・チャングン,イ・ジョンソン
[監    督] チョン・チャングン [第 作]
[助 監 督] イ・ジョンギ
[撮  影] イ・ヨンミン
[照  明] ユン・ヨンウン
[音    楽] キム・ヒジョ
[美    術] パク・ソギン
[武    術] 
[出    演] キム・スンホ    → コジョン(高宗)皇帝
      チョン・チャングン → アン・ジュングン(安重根) アン・ウンチル(安應七)
      チェ・ナミョン   → 伊藤博文 日本特命全権大使
      ソン・オク     → ハン・ギュソル(韓圭卨) チャムジョン(参政)大臣
      イ・ヒャン     → イ・ワニョン(李完用) ハクプ(学部)大臣 乙巳五賊
      ソ・ウォリョン   → イ・ジヨン(李址鎔) ネブ(内部)大臣 乙巳五賊
      ハ・ジマン     → イ・グンテク(李根澤) クンブ(軍部)大臣 乙巳五賊
      ピョン・ギジョン  → イ・ハヨン ポプブ(法部)大臣
      チュ・ソンテ    → ソン・ビョンジュン(宋秉o)
      イ・ハクチェ    → ミン・ヨンファン(閔泳煥)
      ソク・クムソン   → ユ尚宮(サングン)
      キム・チルソン   → チョノク(典獄)
      パク・イル     → チュ・サンヒョン
      ユ・ゲソン     → キム・ベロニカ
      カン・ゲシク    → トサン(島山)アン・チャンホ(安昌浩)
      イ・イルソン    → チェ・ジェヒョン(崔在亨) 抗日独立活動家
      キム・スチョン   → イ・ガン(李剛) 大東共報社 編集長
      ファン・ジョンスン → チェ・ウイスク 大東共報社 社員 チェ・ジェヒョン(崔在亨)の娘
      キム・イルヘ    → ウ・ドクスン(禹徳淳) 医師 同志
      イム・ウナク    → チョ・ドソン(曹道先) 同志
      チョン・セグォン  → ユ・ドンハ(劉東夏) 義兵隊
      キム・ジョンサム  → イ・ボミュン 義兵隊
      ソン・ソミン    → カン・マングク 義兵隊
      チュ・ソクヤン   → ペク・キュサム 義兵隊
      ヤン・イルミン   → イ・ギュプン 義兵隊
      パク・ソングン   → ナ・ブギョ
      コ・ソネ      → チェ氏
      イ・ウンシム    → ナ・グンボン
      メン・マンシク   → キム・ソンベク(金成白 金聖伯)
      キム・ヨンシク   → ホン神父
      ナムグン・ウォン  → ロシア人駅長
      ムン・ヘラン    → ロシア人女性
      イ・インボム    → ダンシングチーム
      キム・スギル    → ダンシングチーム
      H.ウィリアム    → ウラジーミル・ココツェフ ロシア蔵相




[受    賞] 
[映 画 祭] 
[時    間] 109分
[観覧基準] 歳以上 観覧可  
[制 作 者] パク・チョンス,ソン・ドンホ
[制作会社] テベク(太白)映画社
[制 作 費] 
[D V D] 日本発売なし
[レンタル] 
[撮影場所] 
[M-Video] 
[Private ] K-DVD
        

      韓国映像資料院 旧韓末時代劇ボックスセット(DVD 4ディスク) 
 
       ・コジョン(高宗)皇帝と義士アン・ジュングン(安重根)(1959年)
       ・韓末の風雲と閔(ミン)忠正公(1959年)
       ・独立協会と青年リ・スンマン(李承晩)(1959年)
       ・ああ白凡キム・グ(金九)先生(1960年)

[お ま け] ・ 


プラウザの「戻る」で戻ってください。