輝国山人の韓国映画
<Home>へ

宮女

李朝時代ミョンジョンは,跡継ぎを残して亡くなる。

彼の3人の後宮は,宮廷から追い出されることになって,その中一人がポンニョだった。

貧困から抜け出すために,ミョンジョンの侍女として宮廷に入った時,彼女は,すでに妊娠してから1週間になる時であった。

王が死んだ時,大妃は,新しい王が好ましくなく,自分の権力を維持するために,ポンニョの新しい赤ん坊をセジャ(世子)の席に上げる。

ポンニョが再び宮廷に戻った後,彼女は,真実を大妃の腹心シジュンに告白する。そうするうちに奸臣の謀略で危機に処する。ポンニョの夫であり赤ん坊のお父さんであるビョンチョルが,奸臣から彼らを救い出す。

[制 作 年] 1972年 [韓国封切] 1972年7月13日 [観覧人員]  [原 題] 宮女 궁녀 [英 語 題]  [ジャンル] アクション,時代劇/史劇 [原 作]  [脚 本] カク・イルロ [監 督] シン・サンオク [第 作] [助 監 督]  [撮  影] チェ・スンウ [照  明] キム・テソン [音 楽] チョン・ユンジュ [美 術] パク・ソギン [武 術]  [出 演] ユン・ジョンヒ  →        シン・ヨンギュン →        パク・ノシク   →        チョン・ヤンジャ →        ト・グンボン   →        ユン・インジャ  →        キム・ドンウォン →        チェ・ナムヒョン →        キム・ウン    →        チョン・スク   →        ソン・ミナム   →        ソク・クムソン  →        チョン・ヨンジュ →  [受 賞]  [映 画 祭]  [時 間] 98分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者] シン・サンオク [制作会社] アニャン(安養)映画 [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [撮影場所]  [M-Video]  [Private ] K-DVD(ALL) 韓国古典映画シリーズ [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。