輝国山人の韓国映画
<Home>へ

パク・ノシク
朴魯植
박노식
Pak No-Sik

[職  業] 俳優,映画監督
[生年月日] 1930年2月4日 
      全羅南道 スンチョン(順天) 生まれ
      1995年4月3日 死去
[身長体重] 
[住  所] 
[レ タ ー] 
[出身学校] クァンジュ(光州)朝鮮大学
[宗  教] 
[趣  味] 
[家  族] 7兄弟姉妹中次男
      1960 キム・ヨンスクと結婚,4人の息子,娘.
      息子は,映画俳優のパク・チュンギュ
[血 液 型] 
[特  技] 
[あ だ 名] 
[座右の銘] 
[経  歴] ユギオ(6.25)戦争後,楽劇団で歌手と演技で活動
      1956 <撃退>で俳優デビュー
      1971 <人間辞表を出しなさい>で監督デビュー
      1980年代初め米国移民から帰国
[H  P]
[所属会社] 
[T  V] 
[M-Video] 
[C    F] 
[短編映画] 
[演  劇] 
[受賞経歴] 1963 第2回 大鐘賞映画祭 男優助演賞(秦始皇帝と万里長城)
      1965 第4回 大鐘賞映画祭 男優助演賞(清日戦争と女傑閔妃)
      1965 第3回 青龍映画賞 男優助演賞(勇士は生きている)
      1967 第6回 大鐘賞映画祭 男優主演賞(告発) 後に取消し(キム・スヨン監督参照)
      1968 第7回 大鐘賞映画祭 男優助演賞(カインの後裔)
      1968 第11回 釜日映画賞 男優主演賞(蕎麦の花が咲く頃)
      1969 アジア映画祭 主演男優賞(蕎麦の花が咲く頃)
      1969 第6回 青龍映画賞 男優助演賞(カインの後裔)
      1970 第7回 青龍映画賞 男優主演賞(帰ってきた八道の男)
      1972 第9回 青龍映画賞 男優主演賞(牛売り),人気男優賞
      1973 第10回 青龍映画賞 人気男優賞


[最終更新] 2008-10-01
[出演映画]
制作年作 品 名   (監督名)
1959
1961
1961
1961
1962
1963
1964
1964
1964
1965
1967
1967
1967
1968
1969
1969
1973
1972
1973
1983
1991
独立協会と青年リ・スンマン(李承晩) (シン・サンオク=申相玉)
張禧嬪(チャン・ヒビン) (チョン・チャンファ=鄭昌和)
ノダジ (チョン・チャンファ=鄭昌和)
五人の海兵 (キム・ギドク=金基悳)
秦始皇帝と万里長城 (クォン・ヨンスン=權寧純)
金薬局の娘たち (ユ・ヒョンモク=兪賢穆)
釈迦牟尼 (チャン・イロ=張一湖)
唖の三龍(サムニョンイ) (シン・サンオク=申相玉)
清日戦争と女傑閔妃 (イム・ウォンシク=林元植)
勇士は生きている (キム・ギドク=金基悳)
告発 (キム・スヨン=金洙容)
日月 (イ・ソング=李星究)
蕎麦の花が咲く頃 (イ・ソング=李星究)
カインの後裔 (ユ・ヒョンモク=兪賢穆)
白面剣鬼 (クォン・ヨンジュン=権永俊)
帰ってきた八道の男 (ピョン・ゴヨン=片巨影)
牛売り (キム・ヒョチョン=金暁天)
ペタラギ (イ・ギュファン=李圭煥)
雑草 (イム・グォンテク=林權澤)
帰ってきた龍八 (パク・ノシク=朴魯植)
勝手にしやがれ (オ・ソックン)  など300余本の映画に出演

[監督映画]
制作年作 品 名
1971
1972
1973
1976
1983
人間辞表を書け
チャックをしめろ
執行猶予
悪人よ,地獄行き急行列車に乗れ
帰ってきた竜八



【BACK】 (一覧ページへ)

日月(1967)