輝国山人の韓国映画
<Home>へ

勝手にしやがれ

孤児のオ・ジュニョンは,梨泰院を舞台に友人ミヌと過ごす時間が好きだ。清純な日本人留学生あさこに会ったジュニョンは,母を思い出させて彼女の歓心を買おうとする。

一方,ジュニョンは組織の陰謀で危機に陥った自分の代わりに死んだミヌに罪責感を感じ,組織に復讐をして追われる。何も知らずにジュニョンについて来たあさこは,釜山で彼が追われる身と知って悲しい離別をする。

[製 作 年] 1992年
[韓国封切] 1992年1月18日
[観覧人員] 1,848人
[原    題] 勝手にしやがれ 네 멋대로 해라
[英 語 題] As You Please
[原    作] オ・ソックン
[脚    本] オ・ソックンヒョン・ナムソプ
[監    督] オ・ソックン [第1作]
[撮    影] チョ・ドングァン
[照  明] パク・ヒョノン
[音    楽] ソン・ピョンジュン
[美    術] ソン・ウンミ
[武    術] キム・チュンシク

[出    演] パク・チュンギュ → オ・ジュニョン
         イ・ヘジン    → あさこ
         チュ・ウォンソン → パク・ミヌ
         トッコ・ソン   → 頭目
         パク・ノシク   → チャーリー・パク
         チャン・ヒョク  → クム・ダロ
      カン・ジニ    → ソン・ジエ
      ヨ・ジョンス   → チセ
      パク・ポヨン   → 女子学生
      パク・チュニ   → 
         チョ・テボン   → 
         キム・ハクソン  → 
      ハン・ハギュン  → 
         チェ・ミョンホ  → 
      キム・テフン   → 
      イ・ソンソプ   → 
      キム・ギョンボ  → 
      キムジュニョプ  → 

[受    賞] 
[時    間] 90分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可  
[制 作 者] キム・テギュン
[制作会社] 映画工場ソウル
[ビ デ オ] 日本発売なし
[レンタル] なし
[H    P] 
[撮影場所] 
[Private ] なし

[お ま け] ・イ・ヘジンが演じる日本人留学生の名前が「あさこ」であることの意味については,
       <純愛譜 −じゅんあいふ−>(2000年:イ・ジェヨン監督)の[おまけ]を参照
       してください。

      ・この映画については,登場する日本人女性役などの解説が次の本に詳細にされて
       います。

        「韓国のなかのトンデモ日本人」
          著 者:野平俊水,大北章二
          発行所:株式会社双葉社
          2004年5月20日 第1刷発行           


プラウザの「戻る」で戻ってください。