輝国山人の韓国映画
<Home>へ

イ・ジェヨン
李在容
이재용
I Jae-Yong

1965年 忠清南道 テジョン(大田)市生まれ
      韓国外国語大学 トルコ語専攻

1991年 韓国映画アカデミー 7期 卒業
      在学時期に
      短篇 <遺伝>(1990,16mm, カラー, 4分) 
         <お母さんの夏>(1990,35mm, カラー, 30分) 
         <鏡の中の時間>(1990,16mm, カラー, 34分) 
      を制作
      新鮮な感覚と独特の演出力で注目を受ける。

      <ホモ・ビデオクス>(1990-ピョン・ヒョク監督と共同演出)
       サンフランシスコ映画祭 最優秀短篇映画
       クレルモン フェラン短編映画祭 審査委員賞,若い批評家賞
       モンテカニーニ映画祭 銀賞
       サンダンス映画祭 招請
       バンクーバー映画祭 招請
       香港映画祭 招請

1994年 ドキュメンタリー<ある都市の話>
       ソウルの一日を込めた実験的ドキュメンタリー
       制作社シンシネの財政難のため完成できなかった。

1995年 ニューヨークでドキュメンタリー<男性の神秘>を準備(未完成)

1998年 <情事 an affair>で劇場映画デビュー [第1作]
       第13回福岡アジア映画祭 大賞
       第4回ニューポートビーチ国際映画祭 アジアンシネマ・カレイドスコープ賞
       黄金撮影賞 新人監督賞
       トビル アジア映画祭 招請
       エジンバラ映画祭 招請
       デンバー映画祭 
       イタリア ウディネイ映画祭 招請 

2000年 <純愛譜 −じゅんあいふ−> 監督,脚本,編集 [第2作]

2003年 <スキャンダル> 監督 [第3作]

2006年 <多細胞少女> 監督,脚本 [第4作]

2009年 <女優たち> 監督,脚本 [第5作]

2014年 <世界で一番いとしい君へ> 監督,脚本 [第6作]

2016年 <バッカス・レディ> 監督,脚本 [第7作]



【BACK】 (一覧ページへ)