輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ホン・サンス
洪尚秀
홍상수
Hong Sang-Su



1961年 ソウル特別市 生まれ(10月25日)
      韓国 中央大学 映画科 中退

1985年 カリフォルニア芸術工科大学 美術学士号(BFA)
      (California College of Art and Crafts) 

1989年 シカゴ芸術学校大学院 映像学修士(MFA)
      (The School of Art Institute of Chicago) 

       留学中に数多くの短編実験映画を手がける。
        <蟻を見る女>など
       その後,フランスのシネマテーク・フラン
       セーズで映画鑑賞に明け暮れる。

1996年 <豚が井戸に落ちた日> 監督,脚本

        第17回 青龍賞 新人監督賞
        第16回 映画評論家協会賞 新人監督賞
        第26回 ロッテルダム映画祭 虎賞(Tiger Awards;大賞)
        第15回 バンクーバー映画祭 
             龍虎(Dragon & Tiger)賞(新人監督部門 最優秀賞)
        第42回 アジア太平洋映画祭 新人監督賞
        第21回 黄金撮影賞 新人監督賞
        ベルリン国際映画祭 正式出品
        東京国際映画祭 正式出品

1997年 韓国芸術総合大学映像院 映画科 教授(2002年6月まで)

1997年 <カンウォンドの恋(原題:カンウォンドの力)> 監督,脚本

        第51回 カンヌ映画祭「注目するに値する視線」部門に公式招請
        第28回 パリ秋祝祭 映画部門 開幕作に選定
        第19回 青龍映画祭 監督賞,脚本賞 
        第3回 釜山国際映画祭 新人技術賞
        第36回 大鐘賞映画祭 新人技術賞
        第14回 サンタバーバラ映画祭 審査委員賞
        バンクーバー国際映画祭 正式出品
        ロッテルダム国際映画祭 正式出品

1998年 第14回 サンタバーバラ映画祭 審査委員長

2000年 <秘花 〜スジョンの愛〜(原題:おぉ!スジョン)> 監督,脚本

        第53回 カンヌ映画祭「注目するに値する視線」部門に公式招請
        第1回 全州国際映画祭 開幕作
        第13回 東京国際映画祭 審査委員特別賞 特別言及賞
        第45回 アジア太平洋映画祭 脚本賞
        第1回 プサン(釜山)映画評論家協会賞 最優秀作品賞,脚本賞

2001年 <気まぐれな唇(原題:生活の発見)> 監督,脚本

        2002 第47回 アジア太平洋映画祭 監督賞
        2002 春史羅雲奎映画芸術祭 助演女優賞,新人男優賞
        2003 ブリスベン国際映画祭 国際批評家連盟賞
        トロント国際映画祭 正式出品
        バンクーバー国際映画祭 正式出品
        ロッテルダム国際映画祭 正式出品

2004年 <女は男の未来だ> 監督,脚本

        2004 第42回 米国 ニューヨーク映画祭 メインプログラム出品
        2004 第57回 イタリア カンヌ国際映画祭 コンペティション部門 正式出品 

2005年 <映画館の恋(原題:劇場前)> 監督,脚本

        第58回 イタリア カンヌ国際映画祭 コンペティション部門 正式出品
        第43回 米国 ニューヨーク映画祭 招請

2006年 <浜辺の女> 監督,脚本

        2006 第14回 利川春史大賞映画祭/男子人気賞(キム・スンウ)
         2006 第7回 釜山映画評論家協会賞/新人女優賞,助演男優賞
        2006 第9回 ディレクターズ・カット授賞式/今年の監督賞
        2006 東京国際映画祭 コンペティション部門 出品

2007年 <アバンチュールはパリで(原題:夜と昼)> 監督,脚本

        2008 第9回 釜山映画評論家協会賞/最優秀作品賞,新人女優賞
         2008 第28回 韓国映画評論家協会賞/最優秀作品賞,脚本賞
        2008 第17回 釜日映画賞/最優秀作品賞
        2008 ベルリン国際映画祭 コンペティション部門 出品

2008年 <よく知りもしないくせに> 監督,脚本

2008年 コングク(建国)大学校 芸術文化大学 映画学科 教授(〜現在)

2009年 <ある訪問> 監督,脚本

2009年 第62回 ロカルノ国際映画祭 審査委員

2010年 <ハハハ>  監督,脚本

        2010 第19回 プイル(釜日)映画賞/最優秀監督賞
        2010 第63回 カンヌ映画祭/大賞(注目すべき視線)

2010年 <教授とわたし,そして映画(原題:オッキの映画)>  監督,脚本

2011年 <次の朝は他人(原題:プクチョン(北村)方向)>  監督,脚本

        2011 第12回 プサン(釜山)映画評論家協会賞 男優主演賞(ユ・ジュンサン)

2011年 韓国大衆文化芸術賞 大統領 表彰

2012年 <ヘウォンの恋愛日記(原題:誰の娘でもないヘウォン)> 監督,脚本

        2013 第14回 プサン(釜山)映画評論家協会賞 審査委員特別賞

2013年 <ソニはご機嫌ななめ(原題:私たちのソニ )> 監督,脚本

        2013 ロカルノ国際映画祭/監督賞

2014年 <自由が丘で> 監督,脚本

2015年 <正しい日 間違えた日> 監督,脚本

2016年 <あなた自身とあなたのもの> 監督,脚本

2017年 <夜の浜辺で一人> 監督,脚本

2017年 <それから> 監督,脚本

2017年 <クレアのカメラ> 監督,脚本

2018年 <草の葉っぱたち> 監督,脚本、撮影


[監督作品]
制作年作 品 名 【原 題 名】
1996
1997
2000
2002
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2010
2011
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
2017
2017
豚が井戸に落ちた日
カンウォンドの恋
秘花 〜スジョンの愛〜
気まぐれな唇
女は男の未来だ
映画館の恋
浜辺の女
アバンチュールはパリで
よく知りもしないくせに
ある訪問
ハハハ
教授とわたし,そして映画
次の朝は他人
3人のアンヌ
ヘウォンの恋愛日記
ソニはご機嫌ななめ
自由が丘で
正しい日 間違えた日
あなた自身とあなたのもの
夜の浜辺で一人
それから
クレアのカメラ

[最終更新] 2017-08-29



【BACK】 (一覧ページへ)