輝国山人の韓国映画
<Home>へ

自由が丘で    DVD発売

病気で日常をあきらめなければならなかったクォン(ソ・ヨンファ)という語学院講師がいる。

チリサン(智異山)に入って療養をした後,体調が回復してソウルに戻ることになった日,彼女は,前に仕事をした語学院に立ち寄る。そこに彼女宛てに送られた分厚い手紙の封筒が預けられている。

2年前,森(加瀬亮)という日本人講師が,ある日彼女に結婚を申し込んだことがある。クォンは,考える猶予をくれと言って,その翌日断った。森は,その直後日本に戻ったが,彼が韓国にまた戻って彼女を探していたのだ。

彼女は,語学院のロビーで森の手紙を一枚読んだ後,急に新鮮な空気が必要になる。語学院の階段を降りてきて,頭がくるっと回って倒れ,その時,手に持っていた手紙が階段の下に落ちる。

クォンは,散らばった手紙を集めて,手紙に日付がないことに気がつく。もはや彼女は,手紙が書かれた順序を正確に知る方法がなくなっている。

[制 作 年] 2014年
[韓国封切] 2014年9月4日
[観覧人員] 38,078人 2014年 第64位
      (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス)
[原    題] 自由の丘 자유의 언덕
[日 本 題] 自由が丘で
[日本公開] 2014年12月13日
[英 語 題] HILL OF FREEDOM
[ジャンル] ドラマ
[P  D] キム・ギョンヒ
[原    作] 
[脚    本] ホン・サンス
[監    督] ホン・サンス [第16作]
[助 監 督] 
[撮  影] パク・ホンヨル
[照  明] イ・ウィヘン
[音    楽] チョン・ヨンジン
[美    術] 
[武    術] 
[出    演] 加瀬亮      → 森 元語学学校講師
      ムン・ソリ    → ヨンソン 自由が丘8丁目のオーナー
      ソ・ヨンファ   → クォン 語学院講師
      キム・ウィソン  → サンウォン クオクの甥
      ユン・ヨジョン  → クオク ハノク(韓屋)ステイ ヒュアンの主人
      キ・ジュボン   → ピョンジュ
      イ・ミヌ     → チ・グァンヒョン プロデューサー
      チョン・ウンチェ → ナミ 宿泊客
      ト・スチョン   → 外国人 キョンニダン(経理団)
      チョン・ヨンジン → ヨムグ [音楽監督]
      ナ・ヘジン    → 従業員
      キム・ミンジェ  → 職員
      クミ       → 子犬


[受    賞] 2014 第34回 韓国映画評論家協会賞/最優秀作品賞
[映 画 祭] 2014 第71回 ヴェネチア国際映画祭 オリゾンティ(Orrizzonti)部門 正式出品
      2014 第39回 トロント国際映画祭 マスターズ部門 正式出品
      2014 第33回 バンクーバー国際映画祭 正式出品
      2014 第52回 ニューヨーク映画祭 正式出品
      2014 第19回 プサン(釜山)国際映画祭 正式出品
      2014 第58回 ロンドン映画祭 正式出品

[時    間] 66分
[観覧基準] 青少年 観覧不可
[制 作 者] ホン・サンス
[制作会社] (株)映画制作 田園社
[制 作 費] 
[D V D] KADOKAWA / 角川書店(DVD 4,700円+税)2014/7/24発売
[レンタル] 
[H    P] 
[撮影場所]* ヒュアン(休安) [チョンノ(鍾路)区 ケドン(桂洞)81]
      JIYUGAOKA(自由が丘)8丁目
      センソングァ チュックミ(魚とイイダコのピリ辛炒め)
      ポルポプレス(polpo press)
      ノランビョク(黄色い壁)作業室
      プクチョン(北村)マル Peony
      コンデ(建大)ミン・ビョンチョル語学院

      チャンドックン(昌徳宮)パルレト

[M-Video] 
[Private ] J-Blu-ray-Rec(君たちは包囲された! 11〜20)

[お ま け] ・森(加瀬亮)が,いつも携えて読んでいる本は,吉田健一の「時間」(新潮社 1976年)
       という本


プラウザの「戻る」で戻ってください。