輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ソニはご機嫌ななめ    DVD発売

アメリカ留学を目指す女性と,彼女に好意を寄せる3人の男たちが織り成す四角関係を描いた映画

大学映画科の卒業生ソニは、久しぶりに学校に行く。アメリカ留学のための推薦書をチェ教授にお願いするために。チェ教授は、普段、自分をかわいがってくれていたので、推薦書をうまく書いてくれるものと期待している。

それとともに、ソニは、久しぶりに外に出てきたおかげで、しばらく会わなかった過去の男2人、映画監督としてデビューしたばかりのムンスと、年を召した先輩監督チェハクの2人にも会うようになる。

順につながるソニと3人の男たちとの出会いの中で、お互いは、お互いに良い意図で<人生の忠告>ということをしてあげる。ソニに関心が多い男たちは、内心が分からないソニに対して無理に整理をしたりもする。

ところで、この<人生の忠告>の言葉は、おかしな事に似ていて、あたかも人々の間を移っていくように見える。<人生の忠告>という言葉は、信頼を与えることができず、滑るようで、ソニに対する男たちの整理は、ますますソニと関係なく見える。

推薦書を受け取ったソニは、4日間の外出を終えて去っていくが、残された男たちは、<ソニ>という言葉を捉えたままそわそわする。

[制 作 年] 2013年 [韓国封切] 2013年9月12日 [観覧人員] 68,697人 2013年 第55位         73人 2014年 第231位       (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス) [日本公開] 2014年8月16日 [原 題] 私たちのソニ 우리 선희 [英 語 題] Our Sunhi [ジャンル] ドラマ [原 作]  [脚 本] ホン・サンス [監 督] ホン・サンス [第15作] [撮  影] パク・ホンヨル [照  明] イ・ウィヘン [音 楽] チョン・ヨンジン [美 術]  [出 演] チョン・ユミ   → ウィ・ソニ 大学卒業生       イ・ソンギュン  → ムンス 映画監督 大学院生       キム・サンジュン → チェ・ドンヒョン 映画科教授       チョン・ジェヨン → チェハク 映画監督       イェ・ジウォン  → チュヒョン カフェ アリラン       イ・ミヌ     → サンウ 先輩       パク・チュヒ   → 従業員 HOTSUN CHICKEN 大学生       アン・ソニョン  → 大学院生       コ・チュンヒョン → 配達員 チキン [受 賞] 2013 第66回 ロカルノ国際映画祭/監督賞       2013 第14回 釜山映画評論家協会賞/女優主演賞(チョン・ユミ),審査委員特別賞(ホン・サンス) [映 画 祭]  [時 間] 88分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者] ホン・サンス [制作会社] (株)映画制作 田園社 [制 作 費]  [D V D] 発売元:ミッドシップ [MIDSHIP]       販売元:紀伊國屋書店(DVD 4,800円+税)2015/5/30発売 [レンタル]  [H P] https://twitter.com/JEONWONSA(韓国)       http://www.bitters.co.jp/h_s/(日本) [撮影場所] コングク(建国)大学校       ホットサン チキン(HOTSUN CHICKEN)コングク(建国)       カフェ アリラン       韓式 テヤン(大洋)       カフェ コンドゥリ       チャンギョングン(昌慶宮) ホンファムン(弘化門),ミョンジョンジョン(明政殿) [M-Video]  [Private ] K-DVD【55】 J-DVD(4,000)【68】2015/4/19       NAVER [お ま け] ・映画の中で何度も流れる印象的な歌は,エンド・ロールによると,チェ・ウンジンの歌で,        <故郷 プンガク(風角)ジェンイ [旅回りの芸人] ウンジン>という曲


プラウザの「戻る」で戻ってください。