輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ある訪問

見知らぬところへの旅行,偶然な出逢い,そして始まった縁。日本,韓国,フィリピンの3監督が,それぞれ演出したデジタル・オムニバス映画

<狛(こま)>
 おじいさんの遺言を伝えるために狛(こま)という村を訪ねた一人の男が,そこで一人の女に会って体験する暖かく感性的な愛の物語

[原    作] 
[脚    本] 
[監    督] 河瀬 直美      
[撮  影] 山崎  裕
[照  明] 
[音    楽] 
[出    演] 北村 一輝   → 男 カン・ジュニル
      中村 優子   → 初子
      うだ しげき   → 父
      堀井 ミエ子  → 母
      上野 信夫   → 村人
      上野 光永   → 村人
      古谷  悟   → 村人
      古谷 尚美   → 村人
      古谷 天悟   → 村人

<畳々山中>
 偶然にチョンジュ(全州)にいる友人チニョンに会いに行ったミスクが,自分の過去の恋人だったサンオクとチニョンが恋人関係であることを知って始まる日常的な物語

[原    作] 
[脚    本] ホン・サンス
[監    督] ホン・サンス      
[撮  影] キム・グァンホ
[照  明] 
[音    楽] チョン・ヨンジン
[出    演] チョン・ユミ   → チョン・ミスク 作家
      ムン・ソングン  → チョン・サンオク 教授
      イ・ソンギュン  → ミョンウ 作家
      キム・ジンギョン → チニョン ミスクの友人
      ウン・ヒギョン  → 作家

<蝶々たちには記憶がない>
 カナダの金鉱会社が撤収し,経済的な困難に遭遇したフィリピンの人々と,ある日,その島を訪問したカナダ女性の物語

[原    作] 
[脚    本] 
[監    督] ラブ・ディアス Lav Diaz
[撮  影] 
[照  明] 
[音    楽] 
[出    演] ダンテ・ペレジ       → 本人
      クリスティン・キンタンジャ → 本人 
      ウィーリー・ペルナンデス  → 本人


[制 作 年] 2009年 [韓国封切] 2009年11月12日 [観覧人員]  [原 題] ある訪問 어떤 방문 [英 語 題] Visitors [ジャンル] ドラマ オムニバス映画 [受 賞]  [映 画 祭]  [時 間] 110分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者]  [制作会社] 全州国際映画祭 [制 作 費]  [M-Video]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [H P] http://blog.naver.com/visit2009(韓国) [撮影場所]  [Private ] K-DVD【3(2)】 [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。