輝国山人の韓国映画
<Home>へ

川辺ホテル

川辺のホテルに無料で泊まっている詩人が、永らく会っていない二人の息子を呼ぶ。

何の理由なく、死ぬような感じがして呼んだということだ。

ある若い女性が、一緒に暮らした男に裏切られた後、川辺のホテルに部屋をとった。

慰めてもらおうと先輩の姉さんを呼ぶ。

皆生きるのが大変だ。

その川辺のホテルでの一日は、一日がすべてであるように、一日の中で始めていて、人々はお互いを眺めている。(出処:報道資料)

[制 作 年] 2019年 [韓国封切] 2019年3月27日 [観覧人員]  [原 題] 川辺ホテル 강변호텔 [英 語 題] Hotel by the River [日 本 題] 川辺ホテル [日本公開]  [ジャンル] ドラマ [原 作]  [P  D] ホン・サンス [脚 本] ホン・サンス [脚 色]  [監 督] ホン・サンス [第23作] [助 監 督]  [撮  影] イ・ジングン [照  明]  [編  集] ソン・ヨンジ [音 楽] タル・パラン(カン・ギヨン) [美 術]  [武 術]  [出 演] キ・ジュボン  → ヨンファン       キム・ミニ   → アルム       ソン・ソンミ  → ヨンジュ       クォン・ヘヒョ → ギョンス       ユ・ジュンサン → ビョンス       シン・ソッコ  → ピーター       パク・ラン   → シン・ユジョン [受 賞] 2018 ロカルノ国際映画祭/男優主演賞(キ・ジュボン)      2018 第56回 スペイン ヒホン国際映画祭/最優秀作品賞-長編、男子俳優賞(キ・ジュボン)             脚本賞-長編(ホン・サンス)      2019 第20回 釜山映画評論家協会賞/大賞      2019 第28回 釜日映画賞/男優主演賞(キ・ジュボン)       2019 第39回 韓国映画評論家協会賞/映評10選      2020 第10回 シネマテーク KOFAが注目した韓国映画 選定作       [映 画 祭]  [時 間] 95分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者] チョ・ヒヨン [制作会社] (株)映画制作 田園社 [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [H P]  [撮影場所] ホテル ハイマート      ホンチョン(洪川)マッククス [挿 入 曲]  [M-Video]  [Private ] なし [お ま け] NAVER 영화       KMDb(韓国映画データベース)


プラウザの「戻る」で戻ってください。