輝国山人の韓国映画
<Home>へ

キム・ウィソク
金義石
김의석
Kim Eui-Seok

1957年 全羅北道 クンサン(群山)生まれ

1976年 ヒムン(徽文)高等学校 卒業

1978年 3浪して韓国 中央大学 演劇映画科 入学

1981年 短編<メビウスの娘> (16mm, 白黒, 16分)

1982年 <ソウル映画集団> に所属 

1983年 短編<天幕都市> (16mm, カラー, 40分)

       第2回ガゼット最優秀短編映画賞受賞

1984年 韓国 中央大学 演劇映画科 卒業

1984年 短編<西側の国>

1984年 韓国映画アカデミー 1期 入学

1984年 短編<春が来れば山に野に> (35mm, カラー, 35分) 

1984年 短編<チャンスの就職時代>(14分)

       映画アカデミー1期卒業作品

1985年 <何故呼ぶの>(チャン・ヨンイル監督)の助監督で劇映画界デビュー

      チャン・ソヌ監督,キム・ヒョンミョン監督の助監督

1987年 <キウィ鳥の冬>(キム・ヒョンミョン監督) 助監督

1988年 オリンピック記録映画を契機にイム・グォンテク監督の演出補として活動

1989年 <ハラギャティ (波羅羯諦)>(イム・グォンテク監督) 助監督

1992年 <結婚物語>で監督デビュー

       1992 第3回 利川春史大賞映画祭 新人監督賞
       1993 第31回 大鐘賞映画祭 新人監督賞

1995年 キム・ウィソクプロダクションを設立

1995年 <チョンチャビ(銃取り)> 制作,監督

       興行的には失敗

1997年 <ホリデー・イン・ソウル> 監督

1999年 <北京飯店> 監督

2003年 <清風明月> 監督

2003年 韓国映画アカデミー 責任教授(〜2010年)

2004年 <20のアイデンティティ −Sutda−> 監督

2006年 チョンジュ(全州)映像委員会 運営委員長

2007年 アジア映像委員会 監督理事会 役員

2008年 <ある個人の日>(イ・スッキョン監督) 制作諮問

2008年 <彼女たちの部屋>(コ・テジョン監督) 制作諮問

2009年 <あなたと私の21世紀>(リュ・ヒョンギ監督) 制作諮問

2009年 <私は苦境に立たされた!>(ソ・サンミン監督) 制作諮問

2009年 <女のいない世界>(ソン・ジェユン監督) 制作諮問

2010年 <ササゴンゴン(四事件件) Episode 潜伏勤務> 指導教授

2010年 <Bleak Night>(ユン・ソンヒョン監督) 制作諮問

2010年 映画振興委員会 副委員長

2011年 <生まれてごめんね>(チェ・ヨンソク監督) 制作諮問

2011年 映画振興委員会 委員長(〜2014年)


      テジン(大真)大学校 演劇映画学科 兼任教授



[監督作品]
制作年作 品 名 【原 題 名】
1984
1992
1993
1995
1997
1999
2003
2004
チャンスの就職時代
結婚物語 [デビュー作] [大鐘賞(31)/新人監督賞]
あの女,あの男
チョンチャビ(銃取り)
ホリデー・イン・ソウル
北京飯店
清風明月
20のアイデンティティ −Sutda−



【BACK】 (一覧ページへ)