輝国山人の韓国映画
<Home>へ

チャン・ソヌ
張善宇
장선우
Jang Seon-U


1952年 ソウル特別市 ヨンドンポ(永登浦) 生まれ(3月20日) 
      3男1女中の長男(本名:チャン・マンチョル)

      ヨンドン小学校 卒業  
      ソウル中学校 卒業 

1969年 ソウル高等学校 自主退学

1971年 ソウル大学 考古人類学科 入学

       仮面劇班で活動しチェ・ヒワン等から民衆演戯と社会意識
       の影響を受ける。

1973年 キム・サンジン烈士追慕集会の主導嫌疑で拘束されるが,執
      行猶予で解放される。

      防衛兵として強制入隊

1976年 イム・ホニョンが運営する '読書新聞'で記者生活 

1978年  '小説文学'編集長に就任

1978年 キム・ジョンジンと結婚

1980年 大学復学後,光州抗争で拘束され,6ケ月間の服役をする。

1981年 イ・ジャンホ監督の助監督

       イ・ジャンホ監督の<風吹く良き日>を見て 映画の大衆性に魅了され, 
       小説家ファン・ソギョン(黄皙暎)の紹介でイ・ジャンホ監督の演出補に入門
       <彼らは太陽を撃った>のシナリオを書いて脚本デビュー

1982年 ヒョンジン映画社企画室に勤務

       イ・ジャンホ監督の映画に客員演出家として参加
       '月刊マダン' '月刊朝鮮'に映画評を寄稿

1987年 <ソウルのイエス>で監督デビュー

       オリジナルシナリオ<ソウルイエス>をソヌ・ワン監督と共同演出
       欲望と虚勢の中の生のリアリティー

      MBCベストセラー映画館で15便余の脚本を書いて演出する。

1987年 <成功時代> 監督

       誇張された寓話的表現技法という評価を受ける。
       資本, 跛行的な社会構造に対する憎悪と鋭い批判

1989年 <ウムクペミの愛(でこぼこ畑の愛)> 監督

       1990 第26回 百想芸術大賞/大賞,作品賞,新人監督賞
       庶民の生活をリアリズム的技法で応えて良い評価を受けるが,興行には失敗する。
       人間の低俗な欲求に対する率直な描写

1990年 <南部軍> 監督,脚本

       この映画を撮影中である1989年9月3日に警察当局によりソウルへ連行され,外国映
       画の<直配阻止闘争>時に,映画館への蛇投入を教唆したという理由で,10月24日
       に保釈されるまで,52日間ソウル拘置所に収監された。

1992年 <競馬場へ行く道> 監督 (原作:ハ・イルジ)

       1992 第12回 韓国映画評論家協会賞/最優秀作品賞,監督賞
       ロングテークの使用と秘事件を中心にした進行など独特の形式を使用し,知性映画
       の代表作の一つに選ばれる。
       実験が表面化した形式

1993年 <華厳経(けごんきょう)> 監督 (原作:コ・ウン)

       1994 第32回 大鐘賞映画祭/監督賞
       仏教を素材にした人間の霊的な成長と弁証法に対する批判を含んでいるが,興行に
       も評価にも失敗した。
       彷徨と挫折の果ての真理

       ベルリン国際映画祭 アルフレッド・バウアー賞受賞 

1994年 <私からあなたへ> 監督 (原作:チョン・ジョンイル)

       1995 第33回 大鐘賞映画祭 新人女優賞 (チョン・ソンギョン)
                    脚色賞 (チャン・ソヌク・ソンジュ)
          1995 第31回 百想芸術大賞 女子新人演技賞 (チョン・ソンギョン)
          1995 第6回 利川春史大賞映画祭 新顔演技賞 (チョン・ソンギョン)
          1994 第15回 青龍映画賞 監督賞, 男優主演賞 (ムン・ソングン)
                   新人男優賞 (ヨ・ギュドン)
                          新人女優賞 (チョン・ソンギョン)
       ポルノグラフィーに対する象徴的で現実諷刺的な作品として相当な論議沸騰を呼び
       起こした。
       社会良識の価値を否定するセックス

1995年 <韓国映画 シッキム>

       映画誕生100周年記念ドキュメンタリー
       リアリズムと良識, 大衆性と芸術性, 歴史と世相

1996年 <つぼみ> 監督

       アジア太平洋映画祭(41)/最優秀作品賞,男優主演賞, 女優助演賞
       ドイツ マンハイム映画祭(45) カトリック文化賞
       光州抗争を背景に胸が痛む歴史の犠牲の羊を静かに描いている。
       光州抗争の悲劇を再照明した。

1997年 <バッド・ムービー> 監督

       釜山国際映画祭(2) 韓国映画NETPAC賞
       東京国際映画祭 特別批判賞
       概念の整形性を抜け出し形式と内容の破格

1997年 ロッテルダム国際映画祭 チャン・ソヌ特別展

1997年 サンフランシスコ アジア映画祭 チャン・ソヌ週間

1999年 <LIES 嘘> 監督

       セクシュアル・リアリズム韓国映画関係者会議 共同議長 

2001年 <リザレクション> 監督

2003年  5.18民主化 有功者 指定

2004年 <かわいい (キム・スヒョン監督)> 出演(チャン・スロ役)

2005年 <千個の古園> 脚本

2005年 ペサロ(Pesaro)国際映画祭 チャン・ソヌ回顧展

2008年 チュンムロ(忠武路)国際映画祭 チャン・ソヌ全作品展

2009年 チェジュ(済州)大学校 功労教授


[監督作品]
制作年作 品 名 【原 題 名】
1986
1988
1990
1991
1993
1994
1994
1996
1997
1999
2001
ソウルのイエス [デビュー作,ソヌ・ワン=鮮于浣との共作]
成功時代
ウムクペミの愛(でこぼこ畑の愛)
競馬場へ行く道
華厳経(けごんきょう)
私からあなたへ
韓国映画 シッキム
つぼみ
バッド・ムービー
LIES 嘘
リザレクション
[最終更新] 2014-07-09


【BACK】 (一覧ページへ)