輝国山人の韓国映画<Home>へ

つぼみ

これまでタブー視されていた1980年5月の光州事件を題材に,多数の犠牲者を出した事件の傷跡に迫る作品

中年の人夫チャンは,ぼろに近い服をまとってにやにや笑っているおかしな少女に会う。

チャンの悪口と暴力にもかかわらずチャンを兄さんと呼んで彼のねぐらの倉庫まで来た少女。それから二人のおかしな生活が始まる。

時には限りなく笑い,時には狂ったようにヒステリックに叫ぶ少女。少女の記憶がフラッシュバックで,少女の気を狂わせた光州事件での出来事が再現される。


[制 作 年] 1996年
[封    切] 1996年4月5日
[観覧人員] 213,979人(ソウル封切館基準)
[原    題] はなびら 꽃잎
[英 語 題] A Petal
[ジャンル] ドラマ 
[原    作] チェ・ユン
[脚    本] チャン・ムニル
[監    督] チャン・ソヌ(張善宇)
[助 監 督] キム・スヒョン
[撮    影] ユ・ヨンギル
[照  明] キム・ドンホ
[音    楽] ウォン・イル
[出    演] イ・ジョンヒョン   → 少女
         ムン・ソングン    → チャン
         ソル・ギョング    → 私たち1
         パク・チョルミン   → 私たち2
         ナ・チャンジン    → 私たち3
         チュ・サンミ     → 私たち4
         イ・ヨンナン     → オンマ
         パク・クァンジョン  → キム・サンベ
         ク・ジェヨン     → 飲み屋 モッポ宅(テク)
         パク・チュンソン   → 耕うん機男
         ホ・ジュノ      → トラック男 イム氏
         ミョン・ゲナム    → 人夫
         ミン・ギョンジン   → 人夫
         ユ・スンチョル    → 人夫
         チョ・ミンチョル   → 人夫
         ホン・ソギョン    → 人夫
         アン・ソックァン   → 人夫班長
         パク・ウシル     → 医師
         ユ・テホ       → 服売り男
         チョン・ホンニョル  → 洋服男
         シン・スンチョル   → 魂が抜けた 少年
         チョン・ソンジュ   → 看護婦
         オ・ジヘ       → 汽車乗客
         シム・グァンジン   → 汽車乗客 [映画監督]
         イ・ヘギョン     → バス案内嬢

         チェ・ヨンレ     → スタント 
         ファン・ジェソク   → スタント
         キム・ギボム     → スタント
         チ・ソンファン    → スタント
         イ・ヘジュン     → スタント
         イ・チョンニ     → スタント

[受    賞] 1996年度 良い映画
         1997 第17回 青龍映画賞/主演男優賞(ムン・ソングン)
                  新人女優賞(イ・ジョンヒョン)
         1996 第16回 映画評論家協会賞/撮影賞(ユ・ヨンギル)
                     新人演技賞(イ・ジョンヒョン)
         1997 第34回 大鐘賞映画祭/映画祭審査委員特別賞,音楽賞(ウォン・イル)
                   新人女優賞(イ・ジョンヒョン)
         1997 第33回 百想芸術大賞/技術賞(撮影:ユ・ヨンギル)

[時    間] 102分
[等    級] 18歳未満 観覧不可
[制    作] アン・ビョンジュ
[制作会社] ミラシンコリア 
[ビ デ オ] 日本発売なし
[レンタル] なし
[Private ] K-VHS

[お ま け] ・光州事件については,<光州5・18>の[お ま け] 参照


プラウザの「戻る」で戻ってください。