輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ある個人の日

離婚して1年になるポヨンは,日常のわずかな葛藤にも耐えられないほど疲れている。

家の前の路地では,宅配青年と言い争い,締め切りを遥かに越えた原稿督促も彼女の神経を尖らせる。

冬が過ぎれば40歳になるポヨンは,自分のそばで子供らしくない淡々とした顔で日常を送る娘が心配だが,癇癪を起こすばかりだ。

前夫は,一通の文字メッセージで再婚を通知し,いつも慰めになってくれた友人も,久しぶりに呼び出した過去のボーイフレンドも,ポヨンに孤独さだけを確認させるだけだ。

ポヨンは,娘を視覚障害者の父に預け,ある研修院の講師として特別講義をしに行く。研修院の宿舎で民謡講師のチョンナムと共に部屋を使うようになったポヨン。たまった原稿を書こうと努めるポヨンに,チョンナムはふてぶてしくビールを薦めながら話しかける。

同じように離婚の痛みを持っている二人の女は,パーティーをするようにお互いの胸中の話をし始める。チョンナムは,まだ離婚後の人生に適応できず,心を閉じているポヨンに,「つらければ,つらいと話さなければならない」という。

ポヨンは,チョンナムの忠告に怒り,チョンナムは,そんなポヨンが,「素直でない」といって,さらに追い立てる。

見知らぬ他人のように言葉なく寝返りを打った二人の女は,暗い部屋の中でお互いのむせび泣きを感じる。

[制 作 年] 2008年* [韓国封切] 2009年3月12日 [観覧人員]  [原 題] ある個人の日 어떤 개인 날 [英 語 題] The Day After [ジャンル] ドラマ [原 作]  [P  D] クォン・オソン [脚 本] イ・スッキョン [監 督] イ・スッキョン [第1作] [助 監 督] ヤン・グァンドク [撮  影] キム・ジェホン [照  明] キム・ヒョノク [音 楽] シン・ソンア [美 術]  [出 演] キム・ボヨン    → キム・ボヨン 作家       チ・ジョンナム   → チ・ジョンナム       クォン・イェリム  → クォン・イェリム ポヨンの娘        イ・チャニョン   → ポヨンの父       パク・ヒョックォン → ヒョククォン ポヨンの過去のボーイフレンド 映画監督       チャン・ミョンガプ → ミョンガプ ポヨンの前夫       パク・ミヒョン   → ミヒョン ポヨンの友人 おかず店 トンネプオク       パク・フンソプ   → ミヒョンの夫       パク・ヘス     → ヘス       イ・ソニョン    → 宅配青年       キム・ドヒョン   → 編集長       イ・ハンスク    → クミ       チェ・ジョンユン  → 研修院職員       チェ・ジョンウン  → 女性プラザ職員       キム・ヒョソン   → 出版社の前 道行く人       ソン・ファニョン  → 出版社の前 道行く人       パク・チュヒョン  → 出版社の前 道行く人       ユ・ジョンホ    → 出版社の前 道行く人       パク・チヒョン   → おかず店の客       ク・ギョソン    → おかず店の客       ユ・ヒョン     → おかず店の客       キム・ユンビン   → おかず店の客       ホ・ソニ      → おかず店の客       チュ・ヒムチャン  → ソンソ小学校 学生       キム・ウソン    → ソンソ小学校 学生       イ・スンジュン   → ソンソ小学校 学生       ナム・ジュンウォン → ソンソ小学校 学生       キム・グォンボム  → ソンソ小学校 学生       カン・ユドク    → 女性プラザ 受講生       ソ・ソンスン    → 女性プラザ 受講生       カン・ジンスク   → 女性プラザ 受講生       イ・オンナン    → 女性プラザ 受講生       ソン・イブン    → 女性プラザ 受講生       ソン・ギソク    → 女性プラザ 受講生       イ・サンユ     → 女性プラザ 受講生       キム・ヨンジャ   → 女性プラザ 受講生       ソ・スクチャ    → 女性プラザ 受講生       パク・ピョンラン  → 女性プラザ 受講生       キム・スクチャ   → 女性プラザ 受講生       オム・キマン    → 女性プラザ 受講生       イ・ジョンスク   → 女性プラザ 受講生       ヨン        → 女性プラザ 受講生       チナ        → 女性プラザ 受講生       チンナム      → 女性プラザ 受講生       チョンエ      → 女性プラザ 受講生       ハン・ユンソ    → ホルモン焼屋の客       カン・ジングク   → ホルモン焼屋の客       パク・チョンシク  → ホルモン焼屋の客       イ・ヨンウク    → ホルモン焼屋の客       キム・ハンソン   → ホルモン焼屋の客       コ・ジョンウ    → ホルモン焼屋の客       キム・ジョンジュン → ホルモン焼屋の客       ハン・ウジョン   → 研修院 保険おばさん コリョ(高麗)生命保険       チョ・ゲスク    → 研修院 保険おばさん       シン・ギョンヒ   → 研修院 保険おばさん       このエステル    → 研修院 保険おばさん       ノ・ジュヒ     → 研修院 保険おばさん       キム・ソンヒ    → 研修院 保険おばさん       イ・ウンジュ    → 研修院 保険おばさん       キム・テヨン    → 研修院 保険おばさん       キム・ヘヨン    → 研修院 保険おばさん       キム・ソンヘ    → 研修院 保険おばさん       イ・ジュヨン    → 研修院 保険おばさん       イ・ヨニ      → 研修院 保険おばさん       チェ・ヨンシン   → 研修院 保険おばさん       ハン・ミヒョン   → 研修院 保険おばさん       ウ・ソンナム    → 研修院 保険おばさん       パク・ウニョン   → 研修院 保険おばさん       キム・ジソン    → 研修院 保険おばさん [受 賞] 2009 第59回 ベルリン国際映画祭/ネットパック賞(イ・スッキョン)       2009 第10回 釜山映画評論家協会賞/新人女優賞(キム・ボヨン) [映 画 祭] 2009 第11回 ソウル国際女性映画祭/ニューカレンツ部門 公式招請 [時 間] 87分 [観覧基準] 12歳以上 観覧可   [制 作 者]  [制作会社] KAFA Films [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル] なし [H P] http://www.kafafilms.ac(韓国) [撮影場所] マポ(麻浦)区 ソンサン(城山)1洞       チュヨン アートビル       エンターコム コミュニケーション       ソウル女性プラザ       ムギョ(武橋)公園       トンネプオク(町内台所)       ホンデ(弘大)コプチャン       スカイ DVD ジョン       ウンサン哲学館       シンダン(新堂)駅       ソンソ小学校       韓国放送広告公社 KOBACO 研修院 [M-Video]  [Private ] K-DVD【76】 KAFA Films 2008 Collection (4-Disc))              彼女たちの部屋 (2008年:コ・テジョン監督)               ある個人の日 (2008年:イ・スッキョン監督)               葬式のメンバー (2008年:ペク・スンビン監督)               チェ・ブルチャル氏の話(2008年:カク・イングン監督ほか) [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。