輝国山人の韓国映画
<Home>へ

カク・キョンテク
郭暻澤
곽경택
Kwak Kyung-Taek
映画監督

釜山コシン大学医大に通った医師志望者だったが,中退して
米国に渡り,95年にニューヨーク大学映画科を卒業。95年
軍部隊の営倉を舞台に撮った<営倉話>で第2回ソウル短
篇映画祭優秀賞を受賞。

1966年 プサン(釜山)で医者(皮膚科)の息子として生まれる。

      ヨンド(影島)小学校

      トソン(土城)中学校 卒業

1985年 プサン(釜山)高等学校 卒業

1989年 プサン(釜山)コシン大学校 医科大学 1年中退

1991年 米国 ニューヨーク 'School of Visual Arts' 入学

1992年 SBSミニ・シリーズ<砂上の欲望> 
      ニューヨーク現地スタッフ

1992年 短篇 <Oh! Boy!> (16mm)

1993年 Unipix Production Co.LTD.監督

1993年 短篇 <Self-Portrait> (16mm)

1995年 ニューヨーク大学校 映画演出科 卒業 

1995年 短篇劇映画<営倉の話>制作,監督
       第2回ソウル短篇映画祭 優秀賞 受賞
       釜山国際映画祭 公式招請
       クレルモンフェラン国際映画祭 公式競争作

1995年 Juno Production Co.LTD.監督

1996年 第1回釜山国際映画祭 ワイドアングル部門公式招請

1996年 三元総合映像映画制作チーム長

1996年 短編映画<貧しい人々> プロデューサー,制作

1997年 フランス・クレール・モンペラン国際映画祭 本戦進出

1997年 <オクスタン> 監督・脚本
       釜山国際映画祭 公式招請
       サンパウロ国際映画祭 公式競争作 

1997年 NEWYORK 現地プロダクション Sobe Pictures, Inc.制作チーム長

1998年 <ドクターK> 監督
       ブリュッセル国際映画祭 公式招請
       富川ファンタスティック映画祭 公式招請
       カナダバンクーバー映画祭 公式招請

2001年 <友へ チング> 監督
       2001 第22回 青龍映画賞/ 韓国映画最高興業賞
          2001 第9回 利川春史大賞映画祭/大賞,監督賞
       2001 第21回 韓国映画評論家協会賞/特別賞
       2001 文化観光部 今日の若い芸術家賞

2002年 <チャンピオン> 監督・脚本

2003年 <トンケの蒼い空> 監督・脚本

2005年 <タイフーン> 監督・脚本

2007年 <愛 サラン> 監督・脚本
       2007 第27回 ハワイ国際映画祭/監督賞

2008年 <目には目,歯には歯アン・グォンテとの共同監督

2010年 <グッバイ・ボーイ>(ノ・ホンジン監督) 制作

2011年 <痛み> 監督・脚本

2011年 7月 統一部広報大使 委嘱

      ジニンサ(盡人事)フィルム 設立

2013年 <チング 永遠の絆> 監督・脚本

2013年 <私の叔父 ブルース・リー> 監督
       チョン・ミョングァン作家の同名小説を映画化する作品で,激変の時代を生きていった
       ブルース・リー(李小龍)の追従者である叔父の話を描く作品

2015年 <極秘捜査> 監督,脚本
       2015 第24回 釜日映画賞/最優秀監督賞

2017年 <黄泉がえる復讐> 監督、脚本


* 映画<ハッピー・エンド>のチョン・ジウ監督は,妹カク・シネ氏の夫

[監督作品]
制作年作 品 名 【原 題 名】
1997
1998
2001
2002
2003
2005
2007
2008
2011
2012
2013
2015
オクスタン
ドクターK
友へ チング
チャンピオン
トンケの蒼い空
タイフーン
愛 サラン
目には目,歯には歯アン・グォンテとの共同監督)
痛み
みにくいアヒルの子
チング 永遠の絆
極秘捜査

[最終更新] 2016-06-20



【BACK】 (一覧ページへ)