輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ハッピー・エンド   DVD発売

妻の不倫によるぞっとする異常な進行を描いた世紀末痴情劇。チョン・ドヨンの果敢なベッドシーンで注目され,興行的にも成功した作品。

6年間勤めた銀行を整理解雇されたソ・ミンギは,英語学院を運営する妻チェ・ボラの稼ぎに頼って久し振りの閑静な時間を送っている。忙しい妻の代わりに5ヶ月になる娘ソヨンの面倒をみながら,古本屋で小説を読んだり, 料理の本を開いて食べ物を作ったり, ゴミの分別回収の要領も体得していくミンギ。

一方,ボラは,大学時代の恋人で軍入隊で別れたキム・イルボムに偶然に会い,夫に隠れて彼と常習的な出逢いを繰り返している。

ミンギは,妻の不倫に気がついて,ほどなく彼らの密会場所のイルボムのオフィステルまで探り出すようになり,彼ら三人の互いに違う欲望が緊張を起こし始める。

互いに違うハッピーエンディングを夢見る彼らの愛情,執着,殺意の三角関係は,予想できないエンディングに向かい駆け上がる。

[製 作 年] 1999年
[韓国封切] 1999年12月11日
[観覧人員] 546,071人 1999年 第5位
      (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス)
[原    題] ハッピー・エンド 해피 엔드
[英 語 題] Happy End
[原    作] 
[脚    本] チョン・ジウ
[監    督] チョン・ジウ  [第1作]
[助 監 督] キム・サンウ
[撮    影] キム・ウヒョン
[照  明] パク・ヒョノン
[音    楽] チョ・ヨンウク,キム・ギュヤン
[出    演] チェ・ミンシク    → ソ・ミンギ 前銀行員
         チョン・ドヨン    → チェ・ボラ 子供英語学院院長
         チュ・ジンモ     → キム・イルボム ウェブ デザイナー
         ファン・ミソン    → イ・ミヨン ヨンギの大学同窓生
         チュ・ヒョン     → チュ・インジャン 古本屋主人
         キム・ビョンチュン  → 腹の出た刑事
         ユ・ヨンス      → 頬ひげ刑事
         ホ・イェイン     → ソヨン ミンギの娘
         ウ・スンニム     → ミス・キム 子供英語学院女子職員
         パク・チュヒ     → 長い髪の女 キム・イルボムの隣室
         ユ・テギュン     → 洋服店主人 ミンギの喪服裁断師
         チェ・ソンウン    → タクシー運転手
         パク・チイル     → 銀行員 ミンギの職場先輩
         キム・オクミ     → 銀行員夫人
         キム・ホンス     → 酔客
         パク・ナミ      → 保母 アパート託児室
         カク・ジェハ     → キム・ジフン ミヨンの息子 
         ウォン・ジョンソン  → 文房具屋主人
         クォン・ギスク    → スーパーマーケット女性職員
         キム・ジョンア    → ポロ売場女性店員
         パク・ソンイル    → ビデオ店店員
         キム・グァンア    → ソクチョ市場女性職員
         パク・ソンウォン   → ラジオ通販店員
         ピョン・ヤンホ    → 救急室医師
         クォン・ヨンギョン  → 救急室看護婦
         キム・ソンフン    → 巡査1
         イ・ドンウン     → 列車乗務員1
         アン・チホ      → 列車乗務員2
         チェ・ヨンソン    → 主婦1
         カン・ヒョンミ    → 主婦2
         イ・グムジュ     → 主婦3
         ソン・ジノ      → 向かいの席の大学生
         ユ・ジニ       → 向かいの席のおばさん
         パク・チュンファ   → 向かいの席のこども
         James Reynolds     → 外国人講師1
         Holly Marshall    → 外国人講師2
         シン・ジュニョン   → 刑事1
         チョン・ジョンヒョン → 刑事2
         パク・ソヨン     → 銀行員たち1
         イ・アヒョン     → 銀行員たち2
         ト・ナミョン     → 銀行員たち3

         字幕外
       キム・ユラ     →

[受    賞] 2000 第1回 釜山映画評論家協会賞 主演女優賞(チョン・ドヨン)
         2000 第53回 カンヌ国際映画祭 批評家週間 招請
         2000 第20回 韓国映画評論家協会賞 新人監督賞,主演女優賞(チョン・ドヨン)
         2000 第45回 アジア太平洋国際映画祭 主演男優賞(チェ・ミンシク)
         2000 第8回 利川春史大賞映画祭 主演女優賞(チョン・ドヨン)
         2000 第37回 大鐘賞映画祭 主演男優賞(チェ・ミンシク),助演男優賞(チュ・ジンモ)
         2000 第14回 英国 リーズ国際映画祭 審査委員特別賞
      1999 第2回 ディレクターズ・カット授賞式/今年の新人監督賞
                           今年の男子演技者賞(チェ・ミンシク)
                           今年の女子演技者賞(チョン・ドヨン)

[時    間] 99分
[観覧基準] 18歳以上 観覧可  
[制 作 者] イ・ウン
[制作会社] (株)ミョンフィルム
[ビ デ オ] ワーナー・ホーム・ビデオ
[レンタル] あり
[H    P] 終了(日本版)
         終了(韓国版)
[撮影場所] 
[Private ] (K-VHS) J-DVD【29】

[お ま け] ・映画の中でソ・ミンギ(チェ・ミンシク)が見ているテレビ・ドラマは,MBC水木
          ドラマ<愛の群像>(私たちは本当に愛したのだろうか)だと思う。

         ・画面に出てくる俳優は,キム・ヘスペ・ヨンジュンです。

         ・二人が交わすセリフが,この映画の夫婦の関係を暗示していると思う。

         ・チェ・ボラ(チョン・ドヨン)が,粉ミルクを使ってほ乳瓶のミルクを作るシーンが
          あるが,電子レンジに暖めたのに,蟻が生きているのは,如何なものでしょうか



プラウザの「戻る」で戻ってください。