輝国山人の韓国映画
<Home>へ

極秘捜査    DVD発売

1978年にプサン(釜山)で起きた誘拐事件。37年間隠されていた本当の話がスクリーンで繰り広げられる。

ある子供が誘拐された後,捜査が始まり,子供の両親の特別要請で担当になったコン・ギリョン刑事は,子供を保護するために極秘捜査を進めることにする。

一方,家族たちは,有名な占い師を歩き回って子供の生死を確認するが,すでに子供が死んだという絶望的な答だけを聞くことになり,最後に導師キム・ジュンサンを訪ねて行く。

子供の四柱を解いてみたキム導師は,まだ子供が生きていて,15日目となる日に犯人から初めての連絡がくると確信する。

15日目になる日,キム導師の言葉どおり連絡がきて,犯人が送ってきた手がかりから,子供が生きていることを確信したコン刑事は,キム導師の話を信じるようになる。

しかし,1か月が過ぎても捜査は進展せず,みんなが子供の生死より犯人を探すことに血眼になった状況の中で,コン刑事とキム導師の二人だけが,子供を助けるための捜査を継続して進める。

[制 作 年] 2015年*
[韓国封切] 2015年6月18日
[観覧人員] 
[原    題] 極秘捜査 극비수사
[英 語 題] The Classified File
[ジャンル] ドラマ,ミステリー
[P  D] キム・ビョンイン
[原  案] コン・ギリョン 小説<極秘捜査>
[脚    本] ハン・デドク,カク・キョンテク
[監    督] カク・キョンテク [第12作]
[助 監 督] ユ・ジェヨン
[撮  影] キ・セフン(CGK)
[照  明] チョン・ヨンミン
[音    楽] CineBro-Note
[美    術] キム・ユジョン
[武    術] ヤン・ギリョン(ムトーアクションスタジオ)
      ソ・スンオク(ムトーアクションスタジオ)

[出    演] キム・ユンソク    → コン・ギリョン(孔吉溶) 刑事 機動隊 プサン(釜山)直轄市警察局 警士
      ユ・ヘジン      → キム・ジュンサン(金中山) 導師 本名:キム・グムテ(金錦太)
      ソン・ヨンチャン   → ウンジュの父 ソン・ヒョンテ
      イ・ジョンウン    → ウンジュの母 オ・グィジャ
      チャン・ヨンナム   → ウンジュの叔母 ソン・ヒョンテの妹
      チャン・ミョンガプ  → ユ班長 ユ・サンスン(柳像順) プサン(釜山)中部警察署
      チョン・ホビン    → ソ・ジョンハク ソウル警察
      チン・ソンミ     → キム・ジュンサンの妻
      イ・ユニ       → 捜査課長 李允_ プサン(釜山)直轄市警察局
      ナム・ムンチョル   → 警察局長 プサン(釜山)直轄市警察局
      イ・ジュニョク    → メ・ソクファン(梅錫煥)
      ユン・ジナ      → チョン運転手 
      イ・ウォンソプ    → ペ・チョロ ウンジュの親戚
      チョ・ジファン    → 中部刑事1 パン・ジファン
      ファン・ソンジュン  → 中部刑事2
      キム・ウォンジン   → 中部刑事3
      チェ・ウォン     → 中部刑事4
      キム・テフン     → 中部刑事5
      キム・テファン    → 中部刑事6
      チャン・ジゴン    → チョ刑事 中部刑事
      ヒョン・ボンシク   → 後輩刑事 ユ・サンギ警士 プサン(釜山)西部署
      チョン・ミョンジェ  → チェ・チルソン
      チョン・ギュヨン   → 哲学者
      シン・ユギョン    → 子供巫女
      チョン・ギヨン    → 催眠士
      カク・チョンテク   → 耳鼻咽喉科医師 [カク・キョンテク監督の従兄]
      ホン・ミョンギ    → 出前持ち 大盛館
      ホン・ジヨン     → 喫茶店レジ
      キム・ランフン    → ソウル刑事1
      チュ・ヨンホ     → ソウル刑事2
      キム・ドンヒョク   → ソウル刑事3
      ユン・ドンジュ    → ソウル刑事4
      ミン・サンウ     → ソウル刑事5
      シン・ヨンジン    → ソウル刑事6
      イ・インギュ     → ソウル刑事7
      キム・ソンネ     → ソウル刑事8
      ホン・ファンピョ   → ソウル刑事9
      イ・ジョンイル    → ソウル刑事10
      キム・ジュニョン   → 写真 女性警官
      パン・ヒジェ     → 制服 女性警官1
      チェ・ジウォン    → 制服 女性警官2
      ユ・スヌン      → ソウルアパート警備員
      オ・テウン      → ポピーおばさん
      ファン・チェウォン  → ソン・ウンジュ(成恩朱) ヒョソン小学校
      イ・ヒョジェ     → ソンハン コン・ギリョンの長男 ヒョソン小学校
      チョン・ヒョンジョン → ミネ ウンジュの同級生 ヒョソン小学校
      チャン・シウ     → コン・ギリョンの次男
      チョン・ミンチャン  → コン・ギリョンの三男
      チャンダユン     → コン・ギリョンの末娘
      シン・ユナ      → キム・ジュンサンの長女
      キム・ウンリョン   → キム・ジュンサンの次女
      シン・イェナ     → キム・ジュンサンの末娘
      パク・シオン     → チャンゴン
      ソン・ソンホ     → 船長
      ペク・ナムジュン   → 船員1
      パク・フンジュ    → 船員2
      ユ・ジュヨン     → レコード店主人 マンモスレコード テシン(大新)洞 [制作者]
      オム・オンナン    → 薬剤師 ソニル薬局
      オ・ソンヒ      → バス案内嬢
      キム・グァッキョンヒ → 耳鼻咽喉科 保護者
      イ・ヒョンソン    → 耳鼻咽喉科 患者
      クム・ドンヒョン   → 老人
      ヤン・ジュンギョン  → 議員秘書 民主共和党 ソン・ソンマン(孫成満)議員 [編集でCut]
      キム・ギチャン    → 精肉店主人 [編集でCut]
      ムン・ソニョン    → サイダー広告モデル
      チョン・ペクヒョン  → 印刷所 社長
      イ・ソヨン      → 担任先生
      キム・スッキ     → ウンジュ家の家政婦
      チャン・ソンフン   → KBS 鼻ひげ男 [演出部]
      イ・ソッキョン    → 人気歌手 
      ソ・イムチョル    → 理髪師
      キム・スンヨン    → 古物商
      チェ・ミョンヒ    → チュンサン家の客たち 
      リュ・ムンソン    → チュンサン家の客たち 
      チョン・ミギョン   → チュンサン家の客たち 
      オク・チュリ     → チュンサン家の客たち 
      イ・ジンソン     → チュンサン家の客たち 
      チョン・ミスク    → 籠(かご)菩薩(女性占い師)
      ソ・ドンナク     → 新聞配達夫
      チェ・ユチャン    → 中部刑事 子供
      ペク・スンホ     → 中部刑事 子供
      ホン・スンミン    → 中部刑事 子供
      キム・ミンソン    → 中部刑事 子供
      イ・キュビン     → 中部刑事 子供
      チョン・ヨンヒョン  → 村の子供たち
      イ・スンジュン    → 村の子供たち
      パク・サンギュ    → 村の子供たち
      チョン・イジュン   → 村の子供たち
      クォン・ジンギョン  → 町内中学生
      ソ・ドンナク     → 町内中学生
      オ・ローラ      → 後輩刑事 子供たち
      ソ・ヘユル      → 後輩刑事 子供たち
      パク・ポスン     → 後輩刑事 子供たち
      イ・ユナ       → 後輩刑事 子供たち
      ソン・スンヒョン   → 後輩刑事 子供たち
      カン・ジョンヨン   → 童謡大会 司会者

      特別出演
      カク・インジュン   → ポピー男
      イ・ジェヨン     → ペク導師 ペク・チェフン(白材勲)
      パク・ヒョジュ    → コン・ギリョンの妻





[受    賞] 2015 第24回 釜日映画賞/最優秀監督賞
[映 画 祭] 
[時    間] 108分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可
[制 作 者] ユ・ジュヨン
[制作会社] (株)ジェイコンカンパニー(Jconcompany)
[共同制作] (株)映画社 シンセゲ(新世界)
[制 作 費] 
[D V D] アルバトロス(DVD 3,800円+税)2016/9/2発売
[レンタル] あり
[H    P] 
[撮影場所] KBS本館
      チュンナム(忠南)地方検察庁
      ウルサン(蔚山)中部消防署
      チュンナム(忠南)道庁
      クドク(九徳)運動場
      クドク(九徳) テシン文化アパート
      プサン(釜山)トンシン小学校
      プサン(釜山)トンシン文房具
      クァンジュ(光州)劇場
      ソンイル薬局
      テジョン(大田)ユソン(儒城)市場
      ハプチョン(陜川)映像テーマパーク
      ウルサン(蔚山)ヤウム(也音)洞
      ヘリコリア
      テジョン(大田)日報
      テグァン チゴンサ印刷所
      ポス洞 チェクパン(書店)通り
      ウリ クルバン
      ヘウンデ(海雲台)区 チュン(中)1洞
      チュンブク(忠北)チンチョン(鎮川)郡 トクサン(徳山)面
      マンドク(万徳)1トンネル
      イ・ジジェ産婦人科
      プサン(釜山)共同魚市場
      プサン(釜山)ホンイク(弘益)画房
      キム・グァンドク耳鼻咽喉科
      チョウン理髪所
      プサン(釜山)オクサン(屋上)マウル(村)
      ソウル パンポ(盤浦)キョンナムアパート
      ウルサン(蔚山)旧 カジサン(迦智山)休憩所
      プサン(釜山)サハ(沙下)警察署
      イムラン(林浪)海水浴場
      ミリャン(密陽)オルムゴル(氷の谷)
      プサン(釜山)ポンチョン(凡川)洞 中央市場
      カンソ(江西)ナクトンガン(洛東江)橋
      ナクトンガン(洛東江)テジョセンテ公園
      ムン ゲストハウス
      ミリャン(密陽)タンジャン(丹場)川
      ヨイド(汝矣島)MBC 後門
      テジョン(大田)ミョン喫茶(タバン)
      プサン(釜山)ソデシン(西大新)洞
      チュンブク(忠北)オクチョン(沃川)郡 トンイ(東二)面
      ヨンド(影島)チュンニ海岸
      テジョン(大田)東区 サムソン(三省)洞
      テジョン(大田)東区 ソジェ(蘇堤)洞
      テジョン(大田)ウネン(銀杏)洞
      テジョン(大田)トリョン(道龍)洞  [ユソン(儒城)区]

[M-Video] 
[Private ] K-DVD(23100w)
       コメンタリー:カク・キョンテク監督,キム・ユンソクユ・ヘジン

      J-Blu-ray-Rec(私に乾杯〜ヨジョの酒 1〜10) 翻訳者:チェ・スリョン(崔樹連)

[報道資料] 報道資料:映画<極秘捜査>について

      ・とりわけ誘拐事件が頻繁だった1970年代,沸き立つ世論を寝かすために,1973年2月,
       刑事政策当局は,未成年者誘拐罪の処罰を大幅強化したが,なかなか誘拐事件が絶え
       なかったその時期,プサン(釜山)のある小学生が,1978年,そして,1979年と2度
       にわたって誘拐にあう事件が発生する。

      ・犯人検挙のために国内最初に催眠捜査を導入,1979年に発生した2次事件の場合,子
       供の身代金が,誘拐史上最高金額である1億5千万ウォンに達したし,大統領が,対
       国民談話文を発表するほど,当時,世の中を沸きかえるようにした子供の1,2次誘拐
       事件は,すべて警察が犯人を検挙して事件が一段落した。

      ・ところで,2回の事件の中で,1978年1次事件で子供を捜した人々は,実際別にいた。
       まさに,子供の両親の特別要請から捜査の依頼を受けたコン・ギリョン刑事とキム・
       ジュンサン導師がその主人公だ。

      ・当時,誘拐事件が多かっただけに,政府次元まで誘拐犯の検挙に集中していたその時,
       「子供を救うために」他の選択をした二人。大多数の子供誘拐事件が公開捜査へ転換
       される場合,子供の生命が危険になる前例が多かったために,コン・ギリョン刑事と
       キム・ジュンサン導師は,ひたすら「子供を探すために」秘密裏に特別捜査を進めた。

      ・このような二人の努力のおかげで,1978年1次事件で,子供は,無事に33日ぶりに両
       親の元に戻ることができた。

      ・しかし,非公開で進行された捜査だったために,二人の話は,言論に報道されなかった
       し,捜査が終結した以後にも,コン・ギリョン刑事とキム・ジュンサン都事の功績は,
       世の中にあらわれることはなかった。

      ・1978年に大韓民国が沸きかえった事件,四柱で誘拐された子供を探したコン・ギリョン
       刑事とキム・ジュンサン導師。これまで37年間,極秘裏に潜んでいた二人の隠された話
       が,まさに映画<極秘捜査>の出発だ。


[お ま け] ・キム・ジュンサン(チョン・ヘジン)が子供を連れて訪ねた耳鼻咽喉科の医師役は,実
       際の耳鼻咽喉科医師であり,カク・キョンテク監督の従兄弟であるカク・チョンテクさ
       ん(下記写真)が演じている。

      ・映画の序盤に登場する,ペク導師(イ・ジェヨン)の元に運勢占いに来たプサン(釜山)
       の金持ちの奥様(セリフなし)は,カク・キョンテク監督の実のお母さん(下記写真)
       が演じている。

      ・プサン(釜山)の捜査本部が置かれた映画館(ワンジャ(王子)劇場)には,現在上映中
       の映画として

         <死亡遊戯>(1978年:香港映画) 主演:ブルース・リー
         <ジョーズ>(1975年:米国映画)
         <棺の中のドラキュラ>(1982年:イ・ヒョンピョ監督) 主演:ケン・クリストファー

       の看板が見える。

      ・しかし,<棺の中のドラキュラ>は,1982年封切りの韓国映画なので,時期的におかしい。

      ・また,捜査本部の部屋には,

         <憎くてももう一度>(1968年:チョン・ソヨン監督) 主演:ムン・ヒシン・ヨンギュン
         <第7の男>(1969年:パク・クンテ監督) 主演:,ナムグン・ウォンナム・ジョンイム
         <オーメン>(1976年:米国映画)
         <ヨンジャ(英子)の全盛時代>(1975年:キム・ホソン監督) 主演:ヨム・ボクスンソン・ジェホ
         <独臂刀 − 義理のサナイ(男)>(1967年:香港映画)
         <ベンハー>(1959年:米国映画)

       など,過去に上映された映画の看板やポスターなどが置かれているのが見える。



カク監督の従兄 カク監督の母

プラウザの「戻る」で戻ってください。