輝国山人の韓国映画
<Home>へ

友へ チング          DVD発売

1976年−13歳。好奇心ばかりだった...。
父が暴力組織の親分のチュンソク(俊錫), 貧しい葬儀屋の息子トンス(東秀), 和睦した家庭できれいに育ったサンテク(相沢),両親が密輸業者のかわいいでしゃばりチュンホ(重豪)。釜山のある町を自分の家のように掻き回した4人の少年。チュンホの親から盗んだプレイボーイ誌を町の子供に売ったり, 海で泳いで遊んだ4人は,限りなくうぶな子供だった。その頃は,世の中がすっかり青く見えた。

1981年−18歳。世の中すべてが欲しかった...。
中学は別だったけど,高校で一緒になった4人は,もう純粋で幼い子供とは違う。やたらと喧嘩するチュンソクとトンス, 全校で1,2位の成績を争うサンテクとチュンホ。サンテクは女子高のグループサウンド‘レインボー’のボーカルのチンスク(真叔)に心を向ける。彼らは,また幼いときのように一緒に交流する。映画館で別の学校の生徒と喧嘩になったサンテクを助けようとしてチュンソクとトンスは大乱闘事件を起こす。そして,チュンソクとトンスは退学させられる。自分のせいで大事件になってしまったと悩むサンテクは,家のお金を持ち出しチュンソクに一緒にソウルへ行こうというが,チュンソクは自分とは進路が違うと断る。

1983年−20歳。行く道が違った...。
サンテクとチュンホは,大学に進学する。チュンソクは,母の死の衝撃で麻薬に溺れ,廃人のようになっていた。トンスが監獄にいるという話を聞いたサンテクは,もう昔と同じではないと感じる。そして,サンテクが生まれて初めて愛した女性チンスクは,チュンソクの傍らにいた。

1990年−27歳。友達の悲しみを見る...。
父親と死別して父の組織の行動隊長になったチュンソク, チュンソクに背信して新しい組織の行動隊長になったトンス, 結婚してさしみ屋の主人になったチュンホ...。米国へ留学するサンテクは,出発前に友達に会いたくなった。しかし,チュンソクとトンスは,最後まで空港に現れなかった。
友達を釜山の地に残して出発するサンテクは,何故か不吉な予感を感じる...。  

[制 作 年] 2001年
[韓国封切] 2001年3月31日
[観覧人員] 2,678,846人 2001年 第1位
      (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス)
[原    題] 友達 친구 チング
[原    作] 
[脚    本] カク・キョンテク(郭暻澤)
[監    督] カク・キョンテク(郭暻澤)[第3作]
[助 監 督] ウ・ジェイ,キム・チャンレアン・グォンテ
      キム・チャンウ,イ・ジュニョン
[撮    影] ファン・ギソク
[照  明] シン・ギョンマン
[音    楽] HIDRA Music production
      チェ・スンシク,チェ・マンシク,イム・ジュヒ,オ・ヘウォン,チェ・スンヨン
[美    術] オ・サンマン,イ・チウ,ノ・サンオク,ユン・イルラン
[武術監督] シン・ジェミョン
[武術指導] ユ・サンソプ,クォン・スング

[出    演] チャン・ドンゴン  → ハン・ドンス(韓東秀)
         ユ・オソン     → イ・ジュンソク(李俊錫)
         ソ・テファ     → チョン・サンテク(鄭相沢)
         チョン・ウンテク  → キム・ジュンホ(金重豪)
         キム・ボギョン   → チェ・ジンスク(崔真叔)
         チュ・ヒョン    → イ・ジュンソク(李俊錫)の父 イ・ジェウ(李財偶) 特別出演
         キ・ジュボン    → 鼻ひげ キム・ヒョンドゥ(金桁頭)
         チョン・ヨンウン  → ハン・ドンス(韓東秀)の父
         イ・ジェヨン    → チャ・サンゴン(車尚坤) ヌンカルジャウク
                  チョンウ建設 社長 
         キム・ヒョンジ   → 背が高い女
         ユ・ソンイル    → 幼いイ・ジュンソク(李俊錫)
         チョン・ヒリョン  → 幼いハン・ドンス(韓東秀)
         キム・ジュンボム  → 幼いチョン・サンテク(鄭相沢)
         キム・ソンボク   → 幼いキム・ジュンホ(金重豪)
         カン・シニル    → チョン・サンテク(鄭相沢)の父
         クォン・ナミ    → チョン・サンテク(鄭相沢)の母
         パク・ナミ     → イ・ジュンソク(李俊錫)の母
         イ・ウンジュ    → シネ チョン・サンテク(鄭相沢)の妹 
         キム・テウク    → トルコ チェ・ジンスク(崔真叔)のいとこ
         ユ・ビョンソク   → 小さい野郎
         キム・ギヨン    → チャンガ
         チョン・ホビン   → パク・ウンギ 
                  チュンソクの手下(ハン・ドンス(韓東秀)の手下として潜入)
      ヤン・ジュンギョン → 英語先生   
         キム・グァンギュ  → 野卑な先生
         キム・ギホ     → 卑怯なやくざ
         クァン・ボクトン  → 警備おじいさん
         アン・チャングク  → 金縁メガネ [共同制作]
         チョ・ヨンウォン  → 美女
         ウンピッ      → 美女
         キム・フン     → トルコ行動隊
         キム・ランフン   → トルコ行動隊
         キム・ボフン    → トルコ行動隊
         チョ・スジン    → グループサウンド レインボー
         イ・ジュヨン    → グループサウンド レインボー
         キム・イニョン   → グループサウンド レインボー
         ク・ジャヨン    → グループサウンド レインボー
         イ・セナ      → グループサウンド レインボー
         ナム・ジヨン    → 七人姫
         チェ・ヒョウン   → 七人姫
         キム・ヒョンスク  → 七人姫
         イ・ヒョンジュ   → 七人姫
         チャン・ギフン   → 小さい野郎組
         キム・ヒョンジン  → 小さい野郎組
         パク・フニョン   → 小さい野郎組
         チ・スンハク    → 小さい野郎組
         キム・ヒジュン   → 小さい野郎組
         キム・ヨンホン   → イ・ジュンソク(李俊錫)の運転手 [制作部長]
         ソ・ビョンド    → 教頭先生
         キム・ジュニ    → トゥーレンズ
         パク・ヒョジン   → 劇場広告
         チェ・ジョンソン  → 劇場広告
         イ・チウ      → 劇場広告
         パク・ヨンチャン  → バックル学生
         イム・ジムン    → 三角定規学生
         キム・テウォン   → トランクやくざ
         ユン・ガンファン  → トランクやくざ
         キム・ソンファ   → 検挙警官
         チェ・ヒュジン   → 検挙警官
         ペ・ウォンヨン   → 司会者 女子学生 ナマン女子高校 第21回開校記念祭
         イ・ドンウク    → 疏林社学生
         パク・ヨンホン   → 疏林社学生
         キンポ       → 鼻ひげ部下
         チ・デハン     → ヌンカルジャウクの影
         ナ・ユンギル    → ヌンカルジャウクの影
         ムン・ソンファン  → ヌンカルジャウクの影
         チャ・ジノ     → チョクセ(おしゃべり)学生
         イ・ウォンジョン  → チョクセ(おしゃべり)学生
         キム・ジフン    → 週番学生
         キム・ムンビン   → 学生
         チョ・ボムシク   → 学生
         チョン・ユニョク  → 学生
         キム・ソムギョン  → 学生
         キム・ジョンウン  → トルコの弟
         ムン・ウンボン   → ハン・ドンス(韓東秀)行動隊
         キム・ユンテ    → ハン・ドンス(韓東秀)行動隊
         ソン・ビョンヒ   → ドンス行動隊
         ユン・チャン    → ハン・ドンス(韓東秀)行動隊
         ヤン・ジウン    → ウェイター
         イ・ギョンハ    → 酒場ホステス
         チョン・ジソン   → 酒場ホステス
         カク・ウニョン   → 酒場ホステス
         ファン・ジュヒョン → 酒場客
         ムン・ヘングン   → 酒場客
         チェ・ソイ     → インテルメッツォ女性職員
         ユ・サンソプ    → トクチュガリ [武術指導]
         イ・ジヨン     → 結婚式場女性職員
         ソン・ホジン    → 傘青年 ソン・ギホ トンス殺害実行犯
         キム・ジェヒョン  → 男子高校生群
         キム・ムンジョン  → 男子高校生群
         シン・ウンチョル  → 男子高校生群
         キム・ジナン    → 男子高校生群
         カン・ソフン    → 男子高校生群
         オ・スンチャン   → 法廷検事
         チョン・ジョンソプ → 法廷弁護士
         パク・チャニョン  → 裁判官
         ユ・ヨンジュン   → 裁判官
         キム・ソンニョ   → バス案内嬢
         イ・ソノ      → 声優
         チョ・ジュンベク  → 建設会社職員
         イ・ハグ      → 建設会社職員

         キム・ヒョンジ   →

      スタント
      チョン・ギョムス


[受    賞] 2001 第46回 アジア太平洋映画祭/ 最優秀主演男優賞(ユ・オソン)
                       最優秀助演男優賞(チャン・ドンゴン)
         2001 第22回 青龍映画賞/ 韓国映画最高興業賞
         2001 第9回 春史羅雲奎映画芸術祭/大賞,監督賞(カク・キョンテク)
                       男子演技賞(ユ・オソン)
      2001 第21回 韓国映画評論家協会賞/特別賞(カク・キョンテク)
         2002 第38回 百想芸術大賞 映画部門/人気賞(ユ・オソン)
                        男子新人演技賞(チョン・ウンテク) 
[時    間] 118分
[等    級] 18歳未満 観覧不可
[制 作 者] ソク・ミョンホン 
[制作会社] (株)シネラインU
[共同制作] (株)JRピクチャーズ
[制作費用] 45億ウォン

[撮影場所] クレジット
       東洋ゴールドプラザ
       ソラボル(徐羅伐)ホテル
       (株)パラダイスホテル プサン(釜山) チャリス 空港店
       ヘウンデ(海雲台)グランドホテル
       ヘウンデ(海雲台)朝鮮ビーチホテル
       ヘウンデ(海雲台)グローリーホテル 中国大飯店
       (株)シヌ農水産
       プサン(釜山)コドゥン病院
       キメ(金海)国際空港
       テビョン防波堤
       ヨンドゥサン(龍頭山)公園
       ヘサン運動具 科学社
       ユガン産業
       プサン(釜山)ポフン病院 葬式場
       ヘウンデ(海雲台)アリランルーム 歌謡酒店
       木馬カラオケ
       ヘウンデ(海雲台)韓国コンド マントバ ナイトクラブ
       国際ホテル ナイトクラブ
       チネ(鎮海)チョンジャボン 公園墓地
       サミル劇場
       ムニョン(門峴)洞 チルソン(七星)食堂
       トンミョン情報女子高等学校
       プサン(釜山)高等学校

      ※ プサン(釜山)広域市 オールロケ
           チャガルチ市場 東隣り ナンポドン(南浦洞)コンオムル(乾魚物)市場
        ヨンド(影島)大橋
        ヨンドゥサン(龍頭山)公園
        ポミル(凡一)洞 鉄道跨線橋 クルム(雲)鉄橋
                 ポムゴク橋 叉路 近隣
        ポミル(凡一)5洞 埋築地村 
        テビョン港
        国際ホテル と ホバク(カボチャ)ナイトクラブ
        国際ホテル前 バス停
        パンヨン路(釜山第1都市高速道路AH 1)チュンジャン高架道路区間
        クァンムン大路(釜山第3都市高速道路)カヤ高架道路区間
        マンヤン路 スジョン山腹道路区間
  
[ビ デ オ] ポニーキャニオン(VHS \16,000,DVD 3,800円+税,Blu-ray 3,800円+税)
       日本語字幕:根本理恵
[レンタル] あり

[Private ] J-DVD【26】
      J-Blu-ray
      J-Blu-ray-Rec(ヒーロ 13〜16)
      J-Blu-ray-Rec(抱きしめたい〜ロマンスが必要〜 16)

[お ま け] ・この映画は,ソウル観客268万人を動員し,2000年のパク・チャヌク(朴贊郁)監
       督の作品<JSA>の記録(251万人)を破った。

      ・4人のチングたちは,高校生時代からは子役に代わり,チャン・ドンゴンたちが演じるが,
          高校生とはとても見えないほど「おじさん」である。

         ・なかでもユ・オソンは,頬をふっくらさせて18歳の高校生に見せるために,両頬にシリ
          コンを注入したそうだ。


      ・2013年にカク・キョンテクの監督で続編となる映画<チング 永遠の絆>が制作された。


プラウザの「戻る」で戻ってください。