輝国山人の韓国映画
<Home>へ

JSA(共同警備区域)   DVD発売

板門店共同警備区域内の銃撃事件をミステリー形式で解いていきながら,南北兵士間の友情と分断の悲劇を切切と描き出した作品

<シュリ>(カン・ジェギュ監督)の韓国映画史上最高の興行記録(ソウル観客244万8千399人)を更新し,韓国映画史上最多観客動員記録を立てた。

分断の象徴的空間−板門店(パンムンジョム)−JSA共同警備区域 (下の方の[おまけ]で解説)
 板門店の北側警戒所で銃撃事件がおきる。若い北朝鮮警戒所兵チョン・ウジンが死んで,オ・ギョンピル中士が負傷したまま発見される。容疑者は,事件直後に南北軍事分界線上に倒れていた南の警戒所兵イ・スヒョク兵長。

北朝鮮軍にら致された韓国兵士が脱出して発生した事故だと解析する韓国と,軍事分界線を侵犯した韓国軍のテロだと主張する北朝鮮が対立する。中立国監視委員会は,中立国スイス情報団の韓国系少佐ソフィに捜査任務をまかせる。

生まれて初めて韓国に入国したソフィ少佐は,南と北の両被疑者の引渡し拒否と関係当局の非協調的な態度で捜査初期から困難を経験する。やっとのことで事件当事者の韓国イ・スヒョク兵長と北朝鮮オ・ギョンピル中士に会い事件の情況を聞くようになるが,お互い相反した陳述だけを反復し,捜査は迷宮に陥る。

[制 作 年] 2000年* [封 切] 2000年9月9日 [観覧人員] 2,513,540人 2000年 第1位       (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス) [日本公開] 2001年5月26日 [原 題] 共同警備区域 JSA 공동경비구역 JSA  [英 語 題] Joint Security Area [ジャンル]  [Key word] 韓国警戒所兵,帰らない橋,北朝鮮警戒所兵,非武装地帯,事件隠蔽       写真,小説原作,投身自殺,板門店,南北分断,南北問題 [原 作] パク・サンヨン(朴商延)「DMZ(非武装地帯)」 [脚 本] キム・ヒョンソク, イ・ムヨン, パク・チャヌク, チョン・ソンサン,パク・リダメ [監 督] パク・チャヌク(朴贊郁)[第3作] [助 監 督] ユ・フンサム,イ・ジョンヨン [撮 影] キム・ソンボク [照  明] イム・ジェヨン [編  集] キム・サンボム [音 楽] チョ・ヨンウク,パン・ジュンソク [美 術] キム・サンマン [出 演] ソン・ガンホ     → オ・ギョンピル 中士(伍長) 北朝鮮警戒所    イ・ビョンホン    → イ・スヒョク 兵長 韓国警戒所    イ・ヨンエ      → ソフィー・E・チャン 少佐 スイス情報団    キム・テウ      → ナム・ソンシク  韓国警戒所兵 一等兵    シン・ハギュン    → チョン・ウジン 北朝鮮警戒所兵    キム・ミョンス    → チェ上尉 友情出演    Herbert Ulrich    → ペルソン    Christoph Hofrichter → ボータ    イ・ハヌィ      → カン小領    コ・インベ      → リ・ソネ    イ・デヨン      → ファン中佐    キ・ジュボン     → ピョ将軍    ウォン・グニ     → 解剖検査医    コ・ウナ       → ナム・スジョン ソンシクの妹    ソ・ジョンギュ    → 部隊隊長    チョン・ジュファン  → 小隊長    チョ・ソンムク    → キム・テウのマネジャー     キム・デゴン     → 韓国軍1     キム・タニョン    → 韓国軍2     パク・スンベ     → 韓国軍3     パク・チョンギ    → 韓国軍4     ユ・ジョンサン    → 韓国軍5     ユン・ヒウォン    → 韓国軍6     イ・ドヨプ      → 韓国軍7    イ・ソンフン     → 韓国軍8     チョン・ヒョンデ   → 韓国軍9     チャ・ヒョジュ    → 韓国軍10     チェ・ユジン     → 韓国軍11    ホ・ジョンス     → 韓国軍11     カン・ドンギュン   → 警務員1     カン・ホソン     → 警務員2     キム・グァンイル   → 警務員3     キム・シニル     → 警務員4    キム・ジュンソク   → 警務員5     キム・ピルス     → 警務員6     ペク・トゥサン    → 警務員7     イ・スンチャン    → 警務員8     キム・テヒョン    → 警務員9     キム・ドゥヨン    → 警務員10     チョン・グクチョル  → 警務員11     イム・イルギュ    → 警務員12    ユ・ヒョングァン   → 警務隊長     ソ・スンジュン    → 通訳兵     Ahmedov Ayder     → 米軍案内将校     Maria         → 観光客 金髪美女     チョ・ユンジン    → 憲兵1     ファン・ヒョンソン  → 憲兵2     ソン・スヨン     → 招待所女性軍     Issac Green      → 米憲兵1     Godwin        → 米憲兵2     Gallego Ardilamanunel     Alberto       → 米憲兵3     Cannon Greg Courtney → 米憲兵4     キム・ヘユン     → ローラコースター 女     イ・ソンファン    → ローラコースター 男     ピョン・サンヒョン  → 解剖検査室 助手    クォン・ナミ     → チョン・ウジンの母     カン・スンジ     → チョン・ウジンの弟     イ・ジョンヨン    → チャン・ヨヌ(写真) ソフィーの父     Mioara Adriana    → ソフィの母(写真)     アン・シニョン    → 幼いソフィ(写真)    コ・ソヨン      → 写真の中の女(字幕外)                     ナム・ソンシクが俺の彼女と言って見せる写真    ウォン・ホソプ    → 対南放送男の声    ウンミ        → 対南放送女の声    オ・ドンジン     → アナウンサーの声     ウラミ        → 子犬     イ・ジヨン      → 動物 着ぐるみ     チョン・ミョンソン  → 動物 着ぐるみ     ノ・ジュヒ      → 動物 着ぐるみ     キム・スニョン    → 動物 着ぐるみ     キム・ソンヘ     → 動物 着ぐるみ     ヨ・ジエ       → 動物 着ぐるみ     イ・エラ       → 動物 着ぐるみ     イ・ソナ       → 動物 着ぐるみ [受 賞] 2000 第8回 利川春史大賞映画祭/最優秀作品賞,監督賞,男優助演賞                       照明賞, 音楽賞, 技術賞     2000 第21回 青龍映画賞/最優秀作品賞,監督賞,男優助演賞(シン・ハギュン)                   撮影賞,最高興業賞     2000 第1回 釜山映画評論家協会賞             /男優主演賞 (ソン・ガンホ, イ・ビョンホン 共同受賞),撮影賞       2000 第3回 ディレクターズ・カット授賞式/今年の監督賞                            今年の制作者賞(シム・ジェミョン)                            今年の男子演技者賞(ソン・ガンホ)                            今年の男新人演技者賞(シン・ハギュン)     2000 文化部主管 今日の若い芸術家賞     2000 若い映画監督グループ選定 今年の監督賞, 制作者賞, 演技賞,新人演技賞     2000 女性文化芸術企画 主管 女性観客が選んだ最高の 韓国映画, 最高の韓国女子俳優     2000 SBS ネティズン人気大賞 国内映画部門 大賞     2000 国会 大衆文化&メディア賞 映画部門     2000 スポーツソウル,スポーツ朝鮮,韓国経済,京郷新聞,文化日報など           今年のヒット商品 選定     2000 三星経済研究所 今年の10大ヒット商品 選定     2000 韓国映画 最高価(ミニマム ギャランティー 200万ドル)で日本輸出     2000 女性文化芸術企画主管 女性観客が選んだ最高の韓国映画 最高の韓国女俳優 選定     2001 第37回 百想芸術大賞/監督賞     2001 第38回 大鐘賞映画祭/最優秀作品賞,男優主演賞(ソン・ガンホ),                    音響技術賞(キム・ウォニョン,キム・ソグォン )                    美術賞(キム・サンマン)      2001 第24回 黄金撮影賞授賞式/新人男優賞(キム・テウ),最優秀人気男優賞(イ・ビョンホン)     2001 日本 第44回 ブルーリボン(Blue Ribbon)/外国映画賞      2001 第3回 ドーヴィル・アジア映画祭/大賞、最優秀男優賞 [映 画 祭] 2001 第51回 ベルリン国際映画祭/競争部門 招請 [時 間] 110分 [等 級] 15歳以上 観覧可 [制 作] イ・ウン,シム・ジェミョン  [制作会社] (株)ミョンフィルム [D V D] アミューズソフトエンタテインメント(DVD 4,800円,廉価版DVD 3,129円)       (4Kデジタルリマスター版 Blu-ray 3,800円+税)2017/2/22発売 [レンタル] あり [H  P] 終了(韓国) [撮影場所] (株)ソミョンC&D       映画振興委員会 綜合撮影所        パンムンジョム(板門店)オープンセット        アサン(牙山)帰らざる橋 オープンセット       ソウル大学校 スウォン(水原)キャンパス       テグ(大邱)ヨンナム(延南)大学校 キョンサンキャンパス       ソウル産業大学校       ソウルランド       キムポ(金浦)空港 [M-Video] キム・グァンソク <二等兵の手紙> [Private ] J-DVD()【17】 C-DVD【17】       J-Blu-ray-Rec(家門の栄光8〜14)      J-Blu-ray-Rec(ラブレイン 16〜18) [お ま け] ・この映画は,ソウル観客251万人を動員し,僅かな差で,1999年の        カン・ジェギュ(姜帝圭)監督の作品<シュリ>の記録(245万人)を破        り,新しい記録を樹立したそうだ。    ・映画の主舞台である板門店(パンムンジョム)と帰らない橋は,9億ウォ     ンの費用をかけて,京畿道 ナミャンジュ(南楊州)市にある        ナミャンジュ(南楊州)綜合撮影所(旧名称:ソウル総合撮影所,両水里        (ヤンスリ)総合撮影所) 内に8000坪という国内最大規模のオープン        セットとして作成された。板門閣,八角亭,会談場などがそっくり再現され,        映画の60%以上がここで撮影されたそうだ。       ・地雷を踏んだ韓国兵士イ・スヒョク兵長が北側のオ・ギョンピル中佐と出会        う葦原のシーンは,忠清南道 ソチョン(舒川)郡 ハンサン(韓山)面 シ        ンソン里の葦原で撮影されたそうだ。    ※JSAとは?     ・共同警備区域(Joint Security Area)のイニシャル。     ・そこは,1954年11月8日に国連と北朝鮮の協定により作られた。     ・軍事境界線に建てた会談場を軸とする直径800mの円形地帯で,両側が      当時南北4Kmの非武装地帯内の軍事停戦委員会本部地域を設定し,その中      に共同警備区域をおくことに合意した。     ・1976年までは軍事境界線がなく,両側警備兵と記者たちが自由に同行      したが,1976年8月18日の有名な板門店斧蛮行事件以後は,両軍間      の衝突を防止するために軍事境界線を表明,これを境界として両側が分割      警備するようになった。     ・現在,韓国側の地域は国連直轄共同警備区域警備隊が,北側は人民武力省      直轄警備隊が警備を受け持っている。


プラウザの「戻る」で戻ってください。