輝国山人の韓国映画
<Home>へ

トンケの蒼い空      DVD発売

警察官の父を持つ地方小都市の愚かだけれど,肝っ玉がある青年が,熱い胸で生きていく姿を暖かく明るく軽快に描いた作品

どこか少し足りないように見えるチョルミン(チョン・ウソン)のあだ名は,「駄犬」だ。早く母と死別して父と二人きりで暮らしてきたチョルミンは,自分のニックネームのように「何の考えもなく」一日一日を送る。TVコメディー番組を見てくすくす笑ったり,目玉焼きを父と取り合ったり,家事をして日々を過ごすことがすべてだ。

捜査班長の父イックン(キム・ガプス)は,夢もなくて希望が何かもわからないチョルミンを虐待して叱るけれど,これに臆する駄犬チョルミンではない。父の小言にもぼんやりした表情で玉虫色で受け渡すだけ,相変らずぶらぶらして怠ける。

かと言ってチョルミンはいつも一人でいる訳ではない。ある日,独特の個性を持つ俗称<MJK>(密陽(ミリャン)ジュニアクラブ)のメンバーたちがチョルミンの周囲に集まる。互いに似た立場に置かれている彼らは,簡単に近づく。人々は,彼らを失敗した情けない若者だと考えるけれど,彼らは全く意に介さない。何の考えもなく生きるということも自らの人生のコンセプトであるから。

ある日,父は,ジョンエ(オム・ジウォン)という見知らぬ女性を家に入れる。無愛想な父は,これから実の兄妹のように過ごせというだけだ。チョルミンは,突然に現れたジョンエを不適当だと思い,ジョンエもチョルミンが気にいらないばかりか,突然始めた正しい生活が苦しく感じられる。彼女の夢は,いつかソウルの狎鴎亭(アックジョン)ロデオ街でコーヒー専門店を開くこと。

チョルミンと父,ジョンエが生活に慣れた頃,チョルミンの友人テットク(イ・サンフン)が町の与太者にやられる。近くの高速道路の開通で利権事業を繰り広げた地域有志オ・ドクマン(ヤン・ジュンギョン)の横暴にあったのだ。単純だが何が正しく何が誤っているかがわかるチョルミンは,父にオ・ドクマンを逮捕しろとせがむけれど,父は冷静に事件を捜査するだけだ。

一方,オ・ドクマンは,捜査課長になったチョルミンの父が自分の事業の障害物だと考えて露骨に買収に出る。我慢できないチョルミンは,直接オ・ドクマンを懲らしめることを決心して,むやみにトンマン一行に走って行く。胸に思って頭に突き上がる駄犬チョルミンの凛々しい活躍が始まる。

[製 作 年] 2003年
[韓国封切] 2003年7月16日
[観覧人員] 1,394,000人 2003年 第18位
      (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス)
[原    題] 똥개 糞犬 トンケ 
[英 語 題] Mutt Boy
[原    作] 
[脚    本] カク・キョンテク,キム・チャンウ
[監    督] カク・キョンテク [第5作]
[撮    影] ファン・ギソク
[照  明] シン・ギョンマン
[音    楽] ユン・ミンファ
[出    演] チョン・ウソン   → チャ・チョルミン 駄犬
         キム・ガプス    → チャ・イックン チョルミンの父 
         オム・ジウォン   → キム・ジョンエ
         キム・テウク    → ジンムク 
         ヤン・ジュンギョン → オ・ドクマン [制作者]
         イ・サンフン    → テットク MJK会長
         ソン・サンギョン  → ユングン シルム男
         イ・テジュン    → スェパリ カンフー男
         パク・サンギュ   → パク刑事
         ホン・ジヨン    → スンジャ
         キム・ミョンジン  → 子供のチョルミン
         キム・サンホ    → チャンソン
         チョン・ミョンジェ → ソンテ 
         カク・ホジン    → サッカー部監督
         ホ・ウク      → ケファン
         チ・ヒョヒョン   → 女子学生
         イェジン      → 短髪女
         カン・ソンフン   → サッカー部先輩1
         ナ・スウォン    → サッカー部先輩2
         ヨ・ジュシン    → テットクの父
         キム・グァンギュ  → ソクチーム長
         チョン・ヒョキュ  → バンド
         ムン・ジョンソプ  → 廃車場社長
         カン・テファン   → 取調刑事
         キム・イクさん   → 検事
         チャン・イククン  → 日本料理店議員
         チェ・ジェウォン  → 起工式の人々
         パク・テホ     → 起工式の人々
         ハン・チャンジュ  → 起工式の人々
         イ・ミョンス    → 起工式の人々
         ムン・テウク    → 起工式の人々
         イ・ファン     → 留置場の警察
         チャ・ミンソク   → 留置場の警察
         ホ・ヨンジュン   → チョルミンの輩1
         カン・ヨングン   → チョルミンの輩2
         キム・デヒョン   → チョルミンの輩3
         イ・ジェフン    → チョルミンの輩4
         チェ・ムンファン  → チョルミンの輩5
         イ・ヨンス     → チョルミンの輩6
         キム・ヨンウン   → チョルミンの輩7
         チョン・ドクチェ  → ジンムクの輩1
         チョン・ホンテ   → ジンムクの輩2
         チョ・ヒョンネ   → ジンムクの輩3
         イ・ドンウク    → ジンムクの輩4
         チュ・ヨンミン   → ジンムクの輩5
         キム・ヒョンジュン → ジンムクの輩6
         ミン・ソンジュ   → ジンムクの輩7
         シム・ヒョンド   → ジンムクの輩8
         チェ・ソンジン   → ジンムクの輩9
         ウ・ソン      → ジンムクの輩10
         ソ・ミョンソク   → ジンムクの輩11
         ユン・ソクチン   → ジンムクの輩12
         ハン・サンジン   → ジンムクの輩13
         キム・ハンジョ   → 看護士
         ペ・サンヨン    → 刑事たち
         チェ・ジョンホ   → 刑事たち
         キム・ホン     → 刑事たち
         イム・カンギュ   → 刑事たち
         チェ・ジンボム   → 刑事たち
         チョン・ホンデ   → 刑事たち

         密陽(ミリャン)大学校 FBC会員たち → サッカー部員
         密陽(ミリャン)高等学校 1−3学年  → 学生たち
         密陽(ミリャン)初等学校        → 喪輿(柩輿)の子供たち


[受    賞] 2003 第47回 英国 ロンドン国際映画祭 ワールドシネマ部門
         2003 第20回 カナダ バンクーバー国際映画祭 龍虎賞部門(コンペ部門)
[時    間] 101分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可  
[制 作 者] ヤン・ジュンギョン,パク・ソングン
[制作会社] (株)ジニンサ(盡人事)フィルム
[ビ デ オ] ジェネオンエンタテインメント(VHS:16,800円 DVD:3,990円)
[レンタル] あり
[H    P] 終了(韓国,日本)

[撮影場所] 慶尚南道 ミリャン(密陽)市ほか

       学校法人 ミルソン学院
       ミルソン高等学校
       ミルソン チョンボ高等学校
       レイクヘルス プゴクホテル
       ミリャン(密陽)ヨンナム病院
       ミリャン(密陽)サンソル市場
       コチョン 日式店
       ミリャン(密陽)廃車場
       ミリャン(密陽)サンムン洞ビニールハウス
       テグ(大邱)−プサン(釜山)間 高速道路9工区現場
       ミリャン(密陽)信用協同組合
       トンイヘルスサウナ
       ミリャン(密陽)シンゴク ヤンジマウル
       チョンジュ(全州)クボクブ警察署
       オンチョン スーパーマート
       ミリャン(密陽)サムリャンジン イジャス麺類店
       ミリャン(密陽)サンムン洞 ヘリコプター場
       ミリャン(密陽)トンジン ルームサロン

[Private ] K-DVD【26】 J-DVD【26】
      J-Blu-ray-Rec(乱暴なロマンス 13〜16)

[お ま け] ・映画の原題名<トンケ(糞犬)>は,本来「大便を食べる雑種犬」という意味だが,
       昔はおじいさんやおばあさんが幼い子供とか孫たちを呼んだ言葉でもある。

         ・神経をたくさん使ってあげなくても駄犬のように丈夫に育ってくれという気持ちが
       <トンケ(糞犬)>という言葉に含まれているそうだ。


プラウザの「戻る」で戻ってください。