輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ある女優の告白

往年の名俳優であったキム・ジンギュ(キム・ジンギュ)は,路上の撮影現場で自分が出演した映画を回想する。

現場で出会った過去の同僚ファン女史(ファン・ジョンスン)は,死んだチョン・ミヨン(ナム・ジョンイム)の話を取り出す。やはり映画俳優であったチョン・ミヨンは,キム・ジンギュと結婚を約束した間だったが,彼に娘の存在を知らせないでくれとファン女史にお願いした後,亡くなった。

ファン女史は,ある居酒屋にキム・ジンギュを連れていって彼の娘が生きているという事実を明らかにするが,彼は,自分が父であることを明らかにすることができずに帰ってくる。

キム・ジンギュは,過去の同僚チョン監督(チョン・チャングン)にお願いして,娘を映画俳優としてデビューさせる。ナム・ジョンイムという名前を得た彼女(ナム・ジョンイム)は,人気スターとなる。

キム・ジンギュは,娘に手紙を送って演技指導を行い,集めておいたお金でアパートも用意する。

キム・ジンギュの家を訪ねて行って母の写真を見たナム・ジョンイムは,チョン監督にお願いして彼との共演をお願いする。二人は,父娘として出演する。

劇中,父が死ぬ場面を撮影している間に,キム・ジンギュは,実際に息をひきとる。一歩遅れて彼が父であることを知ったナム・ジョンイムは,父を抱いて嗚咽する。

[制 作 年] 1967年 [韓国封切] 1967年2月9日 [観覧人員]  [原 題] ある女優の告白 어느 여배우의 고백 [英 語 題] Confession of an Actress [ジャンル] ドラマ [原 作] ユン・ソクチュ(尹石柱) [脚 本] シン・ボンスン(辛奉承) [監 督] キム・スヨン [第 作] [助 監 督] チョ・ムンジン(趙[サンズイ+文]眞) [演 出 補] イ・ウォンセ(李元世),ソ・ジンソン(徐鎭成)       キム・ジョンウォン(金正元),キム・スヒョン(金秀N) [撮  影] ホン・ドンヒョク(洪東赫) [照  明] ソン・ヨンチョル(孫永哲) [音 楽] チョン・ユンジュ(鄭潤柱) [主 題 歌] 作曲:ペク・ヨンホ(白映湖) 歌:イ・ミジャ(李美子) [美 術] ホン・ソンチル(洪性七) [出 演] キム・ジンギュ   → キム・ジンギュ 往年の名俳優       ナム・ジョンイム  → チョン・ミヨン ナム・ジョンイムの母 女優                   /ナム・ジョンイム キム・ジンギュの娘       ハン・ソン     → ハン・ソン 主演男優       ホ・ジャンガン   → ホ・ジャンガン 映画制作会社 社長       ファン・ジョンスン → ファン・ジョンスン女史 過去の同僚俳優       チョン・ゲヒョン  → チョン・ゲヒョン 女優       チョン・チャングン → チョン映画監督 「恋人たち」       キム・ジョンオク  → ナム・ジョンイムの養母 居酒屋の女将       ソク・クムソン   → ソク社長 配給会社       イム・ヘリム    → イム制作部長 映画制作会社       ムン・ミボン    → キム・ジンギュの下宿の大家       ソク・ウナ     →    (夕雲児)       チョ・ドクソン   →    (趙徳成)       ファン・インチョル →    (黄仁哲)       チュ・ボン     →        チェ・ジュン    →        チェ・ムウン    →    (崔武雄)       ユン・イルジュ   → パク社長 映画制作会社 過去       パク・チョル    →        チェ・イル     →           テ・ムジン     →    (太舞振) [受 賞]  [映 画 祭]  [時 間] 84分 [観覧基準] 歳以上 観覧可   [制 作 者] チョン・チフィ,キム・ワンシク [制作会社] 第一映画株式会社 [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [H P]  [撮影場所] セムナン教会 [M-Video]  [Private ] K-DVD 【74】        韓国映像資料院 キム・スヨン監督 コレクション(日本語字幕あり)         浜辺の村(1965年)         (1967年)         ある女優の告白(1967年)         夜行(1977年)          コメンタリー キム・スヨン(監督),キム・ホンジュン(映画監督) [お ま け] ・この映画のキム・スヨン監督が,最後の方の場面で,父娘で出演する映画の        監督として出演している。      ○韓国映像資料院 キム・スヨン監督 コレクション より       妻の父の多作,とがっていた劇的シワ(皺) 〜キム・スヨンの映画世界〜         キム・ヨンジン          ミョンジ(明知)大学 映画ミュージカル学部 映画専攻 教授         <ある女優の告白>は,キム・スヨンのフィルモグラフィーの中で,        比較的に感傷主義が勝っている作品の一つに見える。         若い時期に愛した女優との間に生まれた娘が大人になると,すぐに彼        女をスターにするために,見えない所から努力する往年の伝説的な俳優        の犠牲談が映画の主な話の骨子だ。         食傷ぎみでアクビが出てくるほどの素材だが,もちろんキム・ジンギュ        とナム・ジョンイムが主演俳優として出てきた当時には,そうではなか        っただろう。         地方劇場業者が好きだったようなこのような素材を置いて,キム・ス        ヨンは,おもしろい変形を加える。         大時代の新派映画として見れば,<ある女優の告白>は,平凡になら        ざるをえない作品だが,1960年代の韓国映画界の裏面を見せる,映        画作りに関する映画として見れば,才能溢れる思いつきに首を縦に振る        ことになる。         あわせて,このようなアイディアを現実化させるには,新派的ストー        リーで包装しないわけにはいかなかったという推察もすることになる。         <ある女優の告白>は,映画の内側でも外側でも,濃厚な自分反映的        な色彩を帯びていることだ。         この映画でのぞくことができる当時の韓国映画の制作環境は,元老映        画関係者から口伝で伝え聞いたとおりだ。         制作者は,地方興行業者から前受金をもらって制作に着手する。         制作条件は,はやりの男女スター俳優をキャスティングして,撮影日        数と制作費を超過しない有能な監督に演出を任せて,地方観客が好きな        ようなストーリーでタイ焼きを撮るように新しい映画を作り出すことだ。         非常に前近代的で画一化された非正常的な制作環境なのに,映画関係        者の情熱は,通常の他の国の映画産業従事者に劣らない。         特に現場で頻繁に発生する非常識な情況を統率しなければならない監        督の立場に対して,監督は,深い同情を抱いて描写するように見られる。         俳優は,俗称「カケモチ」すなわち重なる撮影が日常で制限された時        間内で最大限の結果を抜き取らなければならない。         イメージが良くてキャスティングした新人女優は,そのような状況で        集中力を失ってさまよう。         監督の心の中が気楽なはずがない。         それでも映画現場の力説は,とにかく作品が完成されて時には良い評        判を得るほどの結果に繋がれるということだ。         手抜きで建てられた合板を立たせておいたセット場だが,素敵なオー        ラが漂う映画撮影場の美術を想起させようとする演出の跡もあちこちで        あらわれる。         人生と同じように映画現場も100点はない。         欠乏を挽回しようとそこにある力を皆出し合う時,時には奇跡も起きる        ということだ。         根本的に大衆映画の楽天性を排除していることはないけれど,この映画        は,それとなく当時の韓国映画の現実を風刺するメタ映画の機能も試みて        いる。         先立って話した映画の美術は,現場で奮闘する映画関係者の情熱と努力        で可能になる。         しかし,彼らの汗と涙を冷笑的に眺める典主らと興行師は,ひたすらソ        ロバンの玉だけをはねて,不遇な韓国映画の制作現実を改善する意志はな        い。         1960年代が韓国映画の全盛期だったとよく話すが,概して手抜き映        画が横行する不条理な時期でもあった。         この時期の韓国映画で完成度が高い作品が少ない代わり,監督をはじめ        とする俳優とスタッフの天才的な才能を表わす作品が多いことは偶然でな        い。         旧態依然な慣性と小資本の制約の中で,韓国映画は,初歩的だが,もの        すごい熱気を持ったスターシステムに依存して大衆の人気をさらった。         <ある女優の告白>は,その時期の韓国映画の状況に対する諷刺的論評        であり,同時にさらに遠く出て行くことはできなかった,同時代の感性の        限界に自発的に閉じ込められることになるケーススタディとするに値する。         映画の結末部は,父と娘の関係を知るようになった男女主人公が,一緒        に映画に出演して感激の名演技を広げるが,病に罹っていた父が現場で死        ぬことで終わる。         若いキム・スヨン監督は,その場面に直接カメオとして出演して有終の        美を飾る。         風刺と感傷が並んで並列している映画を直接演出した監督として,彼は,        このような映画を作る現実の肌とそれにもかかわらず,このような形でも        あなた方大衆に向かって近寄るほかはないという映画関係者の立場をゆっ        たりと観照して画面に客観化させて再現した。         この最後の場面には,再起と痛烈さと感傷主義が特別な異物感なく共存        している。


プラウザの「戻る」で戻ってください。