輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ファン・ギュドク
黄圭徳
황규덕
Hwang Kyu-Teok

1959年 出生

1981年 大学3年の時にイ・ジャンホ監督の<風吹く良き日>を
      印象深く見て映画媒体の可能性を感じる。

      その映画の酷評募集で生まれて初めてイ・ジャンホ、
      ペ・チャンホアン・ソンギなどの映画関係者に会うこ
      とになる。

      そして,当時<トンソ(東西)映画研究会>のメンバー
      らと<<ヤルラション>のメンバー間の地味な出会いを積
      み上げ,自分と同じ考えをより一層深くしている狂人が,
      韓国に存在することを知って,映画アカデミーに1期生
      として入る。

1982年 <前夜祭> 8mm 40分 監督 ソウル映画団

1982年 <時遊びアリラン> 監督
       ソウル映画集団

1982年 <決闘> 出演−妻の情夫

1982年 <彼らも我らのように> 助監督,編集

1984年 <別れがない世代> 16mm 20分 監督 韓国映画アカデミー

1984年 <春が来れば,山に入る> 監督

1984年 <帰ってくる日> スタッフ

1984年 <鬼ごっこ> CREW

1985年 <何故呼ぶの> 企画

1985年 韓国映画アカデミー 卒業

1985年 (株)ファチョン(貨泉)公社 企画室長

1986年  イム・グォンテク(林權澤)監督の演出部
〜1987年 パク・クァンス(朴光洙)監督の助監督
     
       1986 <チケット>(イム・グォンテク(林權澤)監督) 助監督

       1987 <悲愴> 助監督

       1988 <チルスとマンス>(パク・クァンス(朴光洙)監督) 助監督

1989年 韓国映画独立プロダクション<波>を設立

1990年 <びりから一等まで僕たちのクラスを訪ねます> 企画,制作,監督
       1990 第1回 利川春史大賞映画祭/新人監督賞
       1991 第11回 韓国映画評論家協会賞/新人監督賞


1991年 <今私たちは愛したい> 監督

1992年 SBS−TV<舞踊家の部屋>(60分ドラマ) 脚本,演出

1993年 トゥサン(斗山)グループ CABLE-TV
      トゥサン(斗山)スーパーネットワーク DSN制作局 次長PD

1994年  フランス滞留
〜1998年 <私はパリのタクシー運転手> 脚本作業

1998年 プチョン(富川)国際ファンタスティック映画祭 事務局長

1998年8月 現在の映画振興委員会 韓国映画アカデミー 主任教授
〜2000年

2004年 <チョルス,ヨンヒ> 制作総指揮,監督,提供

2004年 <20のアイデンティティ −隣人−> 監督

2007年 <永遠の魂> 企画,制作,監督,脚本


[最終更新] 2015-10-27
 



【BACK】 (一覧ページへ)