輝国山人の韓国映画
<Home>へ

アン・ソヨン
安昭映
안소영
An So-Yeong

[本  名] アン・ギジャ 안기자 安基子 [職  業] 俳優 [生年月日] 1959年8月12日 [出 生 地] ソウル特別市 [身長体重]  [住  所]  [レ タ ー]  [出身学校] チョンファ女子商業高等学校 [T  V] 1983 MBC 伝説夜話      1983 KBS TV文学館 生きていく毎日      1985 KBS 史劇 若い彼ら [M-Video]  [演  劇]  [受賞経歴] 1982 第18回 百想芸術大賞 映画部門              女性新人演技賞(エマ(愛麻)夫人) [宗  教] 仏教 [趣  味]  [家  族] 息子:ファン・ドヨン [血 液 型]  [特  技]  [あ だ 名]  [座右の銘]  [経  歴] 1976 <明日また明日>で映画にデビュー      1978 チョンファ女子商業高校卒業         助演俳優として5年間チュンムロ(忠武路)を転々とする。      1982 <エマ(愛麻)夫人>1編で一躍スターになり,<野いちご>,<火風>などの       エロ物に出演するようになるが,俳優イメージが固定され,映画活動が順調でな          かった。      1993 <あの島へ行きたい>で7年ぶりにカムバックし,<美しい青年,全泰壱>に出       演したが,結局イメージ変身には失敗した。      1997 未婚の母になり,アックチョン(胛鴎亭)洞でブティック店<アン・ソヨン コレ       クション>を経営したが,突然姿を隠した。         後ほど,ブティック店経営が難しくなって,米国ニュージャジー州に渡米し,フ       ァン・プジャ豆腐店を経営しながら,息子と2人で孤独に過ごしたことがマスコ          ミに知らされた。      2005 7年間の米国生活を終えて帰国,KBSドラマ<ナツメ愛に包まれたよ>に出演した       し,8月には,モバイルヌード写真集発表とともに芸能界にカムバックを宣言し た。      2017 映画<修羅の華>でスクリーンに復帰          した。  [H  P] [所属会社]  [最終更新] 2021-09-15

[出演映画]
制作年作 品 名   (監督名)
1975
1978
1979
1981
1981
1982
1982
1982
1982
1982
1982
1982
1983
1984
1984
1984
1985
1986
1987
1988
1988
1994
1995
2015
2017
小さな星 (カン・ムンス=姜文洙)
武林大侠 (キム・ソンギョン)
明日また明日 (イム・グォンテク=林權澤)
二人の息子 (チョ・ムンジン=趙文真)
今夜は我慢して (パク・チョンホ
エマ(愛麻)夫人 (チョン・インファ=鄭仁Y)
野いちご (キム・スヒョン=金秀N)
弾夜 【誕野】 (ノ・セハン=盧世翰)
自由乙女 (キム・ギヨン=金綺泳)
憎い,憎い,憎い (チェ・トンジュン=崔東俊)
火風 (キム・スヒョン=金秀N)
雌鹿 (キム・スヒョン=金秀N)
憎しみの歳月 (パク・ヨンジュン=朴勇俊)
女が二度化粧をする時 (キム・インス=金仁洙)
月光のメロディ (イ・ファンニム=李皇林)
泥沼から救った私の娘 (イ・ミレ=李美礼)
罠の女 【女対女】 (コ・ヨンナム=高栄男)
チケット (イム・グォンテク=林權澤)
モンマルト丘のまげ (カン・デジン=姜大振)
相性 (イ・デグン=李大根)
合宮ナム・ギナム=南基男)
あの島へ行きたい (パク・クァンス=朴光洙)
美しい青年,全泰壱 (パク・クァンス=朴光洙)
しあわせまでの距離 (チャン・ムニル
修羅の華 (イ・アンギュ


明日また明日(1976)

【BACK】 (一覧ページへ)