輝国山人の韓国映画
<Home>へ

パク・ヨンジュン
朴勇俊
박용준
Pak Yong-Jun

1945年 2月11日 出生 本名:パク・ハンスン 박한순

      トランペットで器楽を専攻しようとする考えを持って
      いたが,高等学校の時に先生が,「映画は総合芸術」
      とか,「映画を勉強してみてはどうか」という勧誘が
      あり,演劇映画科に進学することになった。

      映画の使命は,観客に感じを与えること,すなわち,
      確実なメッセージを伝達するということだと考える。

      私たちの周辺でよく起きる話を偽りなく見せて,共
      に辛く感じる心を持つことができる底辺人生に関する
      作品をたくさん作った。


1977年 <愛の原子爆弾>(監督:カン・デジン=姜大振) 原作

1979年 <朝に退勤する女> 監督

1980年 <この世みなやると言っても> 監督

1982年 <森の中の馬鹿> 監督

1982年 <13月の恋情> 監督

1983年 <2月30日生まれ> 監督

1983年 <憎しみの歳月> 監督

1984年 <深い森の中の小さな泉> 監督

1984年 <私はもう一度生きたい> 監督

1985年 <喰って捨てたリンゴ> 監督

1986年 <ソウル・マダム・レイプ 白い肌の秘事 【ソウルで最後のタンゴ】> 監督

1986年 <赤いハイヒール> 監督

1986年 <ソウルのタンゴ> 監督

1987年 <青い季節の熱気> 監督

1987年 <ママは外出中> 監督

1989年 <春の端境期> 監督

1989年 <韓国幼性伝 いちぢく 【娼婦一色】> 監督

1989年 <コーリアン・スキャンダル2 人妻姦通 【姦通】> 監督

1990年 <朝に退勤する女2> 監督

1990年 <ホステス ミス・コー(高)> 監督

1991年 <花の陰で吹く風> 監督

1991年 <未知の白い鳥> 監督

1991年 <愛らしい隣の家の女> 監督

1991年 <ラスト・タンゴ・イン・ソウル 女教師 凌辱 【ソウルで最後のタンゴ2】> 監督

1992年 <霧に濡れたリオの夜は深い> 監督

1993年 <情事小切手5> 監督

1993年 <ホットコール> 監督

1995年 <脳足りんとまぬけたち> 監督

1996年 <クレージーダンス> 監督

1996年 <浴湯の中の女たち3> 監督

1997年 <浴湯の中の女たち4> 監督

2001年 <ゲームオーバー> 監督

2009年 1月11日 死去


[最終更新] 2015-01-27
 



【BACK】 (一覧ページへ)