輝国山人の韓国映画
<Home>へ

イ・ファンニム
李皇林
이황림
I Hwang-Rim

1948年 5月7日 出生

      ソガン(西江)大学校を中退

1970年代初め <映像研究会>という映画小サークルを通じて16mm短編映画を演出

1980年代   ソウル劇場、大韓劇場 企画室長


1981年 <鯨島の騒動> (キム・ウォンドゥ=金源斗 監督) スチール

1981年 <霧の中の殺人事件>【霧は女のように囁く】
      (チョン・ジヨン=鄭智泳 監督) 企画

1984年 <月光のメロディ 監督,脚本  [監督デビュー作]

1984年 <追憶の光> (チョン・ジヨン=鄭智泳 監督)  脚本

1984年 <行きたい> (カク・チョンファン=郭貞煥 監督) 脚本

1985年 <さまよう星> (チャ・ヒョンジェ=車賢宰 監督) 脚本

1986年 <カムボ> 監督,脚本
       パク・チュンフンのデビュー作
       コミカルな冒険劇で,当時アメリカで活躍した演劇俳優チャン・ドゥイ
       が主役を演じた。
       前科者である30代ごろつきと20代つばめが出会って,殺人事件の寃
       罪をこうむって,あちこち追われる過程をスピーディーなアクションと
       ユーモアでよく描き出した作品という評価を受けた。


1987年 <桃花(ももはな)> (ユ・ジヒョン=柳志炯 監督) 企画

1989年 <愛乱> 監督
       日帝時代を背景にして夫婦と妻の妹の三角関係を扱った映画
       郷愁を刺激する情緒と哀調に充ちた雰囲気を強調した作品で
       かなりよく作られたエロ映画という評価を受けた。

1990年 <もうあの女はここで暮らしていない> (チャ・ヒョンジェ=車賢宰 監督) 制作コンサルタント

1997年 <因縁> 制作,監督
       天が結んだ'因縁'で愛することになる浮気者とオールドミスが互い
       にもめて愛を育てるという内容の映画
       商業的に企画された映画だが,興行で良い成果を上げられなかった。

1999年4月 古典映画専門劇場 オッズ劇場を設立(9か月後に一般劇場に転換)

2003年 <輪廻 リ・インカーネーション> (パク・スンベ監督) 企画,脚色

2006年 <愛情の欠乏が二人の男に及ぼす影響> (キム・ソンフン監督) 制作,脚本



[最終更新] 2015-12-25
 



【BACK】 (一覧ページへ)