輝国山人の韓国映画
<Home>へ

イム・スルレ
任順禮
임순례
Im Sun-Rye

1960年 インチョン(仁川)広域市 生まれ

1985年 ハニャン(漢陽)大学校 英語英文学科 卒業

1987年 ハニャン(漢陽)大学校 大学院 演劇映画科 終了

1992年 フランス パリ第8大学(Universite de paris VIII)
      映画視聴覚 専攻
       修士論文 <溝口健二に関する研究>

1993年 <セサン・パクロ 外の世界へ>
       (ヨ・ギュンドン監督)助監督

1994年 短編<雨中散策> 監督,脚本,制作
       第1回ソウル国際短編映画祭(サムソン・ナイセス短編映画祭?)
       で最優秀作品賞と最優秀批評家賞を受賞
       フランス クレール・モンペラン映画祭 本戦進出
       香港映画祭 招請
       スイス フリブール映画祭 招請
       イタリア モンテカニニ映画祭 出品

1996年 <三人の友達> 長編監督デビュー(脚本,企画,制作も)
       コリアン・ニューウェイブの影響を受けた新しい女性監督世代を開いた映画
       カナダ バンクーバー映画祭 招請
       第1回 釜山国際映画祭(PIFF) '新しい流れ'部門 NETPAC賞
              第3回 ソウル短編映画祭 開幕映画
       スイス フリブール 映画祭 ペスタロッチ賞
       ニューヨーク国際映画祭 New Drectors部門 招請
       ベルリン国際映画祭 フォーラム部門 招請
       カルロビバリ映画祭 招請
       カイロ国際映画祭 招請
       シアトル国際映画祭 招請
       香港国際映画祭 招請
       シンガポール国際映画祭 招請
       福岡アジア映画祭 招請
       メルボルン国際映画祭 招請
       インド国際映画祭 招請
       スウェーデン イェーテボリ映画祭 招請 

2001年 <ワイキキ・ブラザーズ> 監督,脚本
          第38回 百想芸術大賞  作品賞
       第21回 韓国映画評論家協会賞 監督賞
       第9回 利川春史大賞映画祭 脚本賞
       第2回 全州国際映画祭 開幕作

2001年 <美しい生存−女性映画関係者が話す映画 (ドキュメンタリー)> 監督
       第4回 ソウル国際女性映画祭 特別賞(if賞) 

2003年 <もし,あなたなら 〜6つの視線>中の「彼女の重さ」 監督,脚本

2003年 <微笑(ほほえみ)パク・キョンヒ監督)> プロデューサー

2004年 <20のアイデンティティ 大きな木の下で〜異共> (パク・キョンヒ監督)に出演

2007年 <私たちの生涯最高の瞬間> 監督,脚色
       第44回 百想芸術大賞/作品賞
       第10回 ソウル国際女性映画祭/パク・ナモク映画賞
       第29回 青龍映画賞/最優秀作品賞
       第9回 釜山映画評論家協会賞/審査委員特別賞

2009年 <飛べ,ペンギン> 監督,脚本
       第11回 チョン・ドンジン独立映画祭/チリンチリン銅銭賞

2009年 第2回 釜日映画賞 ユ・ヒョンモク映画芸術賞

2010年 <牛と一緒に7泊8日> 監督,脚本

2011年 <ごめんね、ありがとう −猫キスー> [オムニバス映画] 監督,脚本,制作

2011年 <ロマンス・ジョーイ・グァングク監督) 制作

2012年 <南へ走れ> 監督

2014年 <提報者 〜ES細胞捏造事件〜> 監督

2018年 <リトル・フォレスト 春夏秋冬> 監督


[最終更新] 2019-04-18


【BACK】 (一覧ページへ)