輝国山人の韓国映画
<Home>へ

牛と一緒に7泊8日    DVD発売

牛とともに旅行する過去の恋人たちを暖かい視線と真心で描いた作品

帰郷して農作業をして詩を書いているソノ。農村生活に不満がいっぱいだったソノは,両親がちやほやする牛を売るために旅立つ。

牛市場に行ったが,ふさわしくない価格のために牛を売ることが出来ないソノに,7年前に別れた過去の恋人ヒョンスから電話がかかってくる。

ヒョンスは,彼女の夫でありソノの友だちであったミンギュの死を知らせて葬儀場にきてくれと言う。ソノは,紛らわしい感情に包まれる。まだ,傷が残っているソノとは違い,相変らず淡々として自由な姿のヒョンス。

結局,ソノは,行く所ごとに現れる過去の恋人ヒョンスと,自分の苦しい内部事情も分からないまま反芻作用だけする牛<ハンス>とともに旅行を始める。彼らのたくさんの事情を抱えた7泊8日の旅が始まる。

[制 作 年] 2010年
[韓国封切] 2010年11月3日
[観覧人員] 
[原    題] 牛とともに旅する方法 소와 함께 여행하는 법
[英 語 題] Rolling Home With A Bull
[日 本 題] 牛と一緒に7泊8日
[ジャンル] ドラマ
[原    作] キム・ドヨン
[脚    本] パク・キョンヒ,イム・スルレ
[監    督] イム・スルレ [第5作]
[撮  影] パク・ヨンジュン
[照  明] パク・チャニュン
[音    楽] ノ・ヨンシム

[出    演] キム・ヨンピル    → チェ・ソノ
      コン・ヒョジン    → イ・ヒョンス
      モッポ        → ハンス(牛)
      チョン・ググァン   → ソノの父
      イ・ヨンイ      → ソノの母
      ムン・チャンギル   → マプソサ(マプソ寺)僧侶 慶尚北道ヨンジュ
      チョ・スンヨン    → 童子僧の父
      ウォン・プンヨン   → 牛市場競売士
      アン・ドギュ     → 童子僧
      チョ・ムニ      → 警察官
      チョン・ウォンジョ  → ミンギュ ヒョンスの夫
      パク・ヘジン     → ソノの叔母
      コ・インボム     → 獣医師 ウィソン総合動物病院
      キム・ミンジュ    → 家畜病院の少女
      ペク・インナム    → 塩漬け文人
      イ・スンヨン     → 文人後輩
      チョン・ヨンウン   → チョンファンサ(天皇寺)老人 [編集でCut]
      キム・ミヒャン    → 温泉食堂主人 [編集でCut]
      イ・イルソプ     → 闘牛主人
      クォン・オジン    → 耕うん機男
      イム・ヒョンテ    → ニンニク畑老人
      チョン・ゲスン    → 霧おばあさん [編集でCut]
      クォン・テゴン    → 若い農夫
      シム・ヘギュ     → 民宿主人
      キム・ソスク     → バンガロー主人
      ファン・スンユン   → バンガロー青年 [撮影チーム]
      イ・アリン      → 東南アジア 移住女性 [編集でCut]
      パク・トンシク    → サービスエリア子供1
      キム・ジミン     → サービスエリア子供2
      キム・ドヨン     → 文学賞受賞者 第15回テグアンリョン文学賞 [原作者]
      ファン・ゴン     → 先輩
      チョ・ジェリョン   → チョゲサ(曺渓寺) 友だち1
      チェ・ソンジュン   → チョゲサ(曺渓寺) 友だち2
      キム・ヨンホ     → 畦(あぜ)老人
      ソン・マンスル    → カーセンター整備士
      ナム・ジョンボン   → 牛市場老人
      イ・サンフン     → ハンス(牛)/警察の声
      チョン・セヒョン   → ニュース記者の声
      ウォリ        → ウォリ(犬)
      トッキ        → 闘牛

      キム・チャンギュン  → 文人たち
      キム・ナムグク    → 文人たち
      ホン・ウンテク    → 文人たち
      アン・ヒョンミ    → 文人たち
      イ・ヨンジュ     → 文人たち
      チョン・ハナ     → 文人たち
      シン・スンチョル   → 文人たち
      チョ・ドンボム    → 文人たち
      キム・ジユ      → 文人たち
      キム・ギョンジュ   → 文人たち
      キム・ヨイル     → 文人たち
      パク・フギ      → 文人たち
      クォン・オヨン    → 文人たち
      ユ・ヨンジュ     → 文人たち
      ハン・ジス      → 文人たち
      テ・ギス       → 文人たち
      キム・クン      → 文人たち
      イ・ジョンミ     → 文人たち
      イ・ウンソン     → 文人たち
      チョン・ジュンファン → 文人たち
      キム・ガヨン     → 文人たち
      チェ・ガンヒ     → 文人たち

      友情出演
      パク・ウォンサン   →  サービスエリア男

      特別出演
      イ・チャンハン    → 農民デモ隊 [編集でCut]


[受    賞] 
[映 画 祭] 第15回 プサン(釜山)国際映画祭 公式招請
[時    間] 108分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可  
[制 作 者] 
[制作会社] ポリピクチャーズ
[制 作 費] 
[D V D] 発売元:株式会社 シグロ
      販売元:(株)ラインコミュニケーションズ (DVD 4,800円+税)2014/10/20発売
[レンタル] 
[H    P] http://www.withbull.co.kr(韓国)

[撮影場所] 慶尚南道 ハミャン(咸陽)郡 ペクチョン → 桜の道
      慶尚北道 ヨンドク(盈徳)郡 コレブル海水浴場
      慶尚北道 ウィソン郡 スジョン寺 → マプソ寺
      ウルチン(蔚珍) トック(徳邱)温泉 → ヒョンスが入る温泉
      ムンギョン(聞慶)キム・ヨン ウンダル食堂 → 渓谷の飲み屋
      ソウル特別市 チョンノ(鍾路)
      ソウル特別市 チョゲサ(曺渓寺)
[M-Video] 
[Private ] K-DVD【58】 J-DVD【58】

[お ま け] ・ソノが牛の飲み水をもらうマプソサ(マプソ寺)の「マプソサ」には,
       「(驚き・意外・失敗などを表す)なんてこった,ひどいな,まさか」
       という意味があるので,ソノは,なんというネーミングと呆れた訳です。

      ・ソノが,車の中で聞く歌は,1960年代のアメリカで最も成功した
       フォークグループの一つであるピーター,ポール&マリーの「500
       マイルも離れて」という曲 

      ・第15回テグアンリョン文学賞受賞祝賀会で詩を朗読する男性は,この
       映画の原作者キム・ドヨン





プラウザの「戻る」で戻ってください。