輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ロマンス・ジョー

300万人の観客を動員した映画で,スター監督として知られるようになったイ監督は,新しいシナリオの執筆のために,プロデューサーに押されるようにみすぼらしい田舎旅館に留まることになる。

イ監督は,そこでひま潰しで呼んだタバン(喫茶店)のホステスから,決して平凡でない<ロマンス・ジョー>のラブストーリーを聞くことになる。

人気女優ウ・ジュヒョンが自殺した日。世の中があらゆる話を吐き出しているなかで,彼女が作業した最後の映画の助監督だった<ロマンス・ジョー>は,映画をやめる決心をする。

田舎に降りて行った<ロマンス・ジョー>は,これ以上したい話がないことに絶望して自殺を試みる。

しかし,その瞬間,偶然にタバン(喫茶店)のホステスと会うことになって,長らく忘れていた初恋チョヒのことを思い出す。

[制 作 年] 2011年
[韓国封切] 2012年3月8日
[観覧人員] 
[原    題] ロマンス・ジョー 로맨스 조
[英 語 題] ROMANCE JOE
[ジャンル] メロドラマ
[原    作] 
[脚    本] イ・グァングク
[監    督] イ・グァングク [第1作]
[撮  影] チ・ユンジョン
[照  明] イ・ウィヘン
[音    楽] パク・チンソク
[出    演] キム・ヨンピル  → ロマンス・ジョー
      シン・ドンミ   → レジ
      イ・チェウン   → チョヒ
      イ・デビッド   → 幼いロマンス・ジョー
      キム・ドンヒョン → ソダム/警察官
      チョ・ハンチョル → イ監督
      リュ・ウイヒョン → 少年
      キム・スウン   → ロマンス・ジョーの父
      パク・ヘジン   → ロマンス・ジョーの母
      チョ・ドクチェ  → チョヒの父
      ソ・ヨンファ   → チョヒの母
      シン・ヨンスク  → 
      ペク・インナム  → クォンディレクター
      パク・スミン   → 同僚レジ
      ペ・ダニ     → 学生1
      パン・ヨンベ   → 学生2
      イ・ダル     → 大学生のソダム
      カク・チャヒョン → ぼってり男
      キム・セビョク  → 看護師
      チョ・ジェユン  → 屋台主人
      ペン・ジェグク  → 映画科学生たち
      イ・スンホ    → 映画科学生たち
      ピョン・ジェサン → 映画科学生たち
      ソ・ウォン    → 映画科学生たち
      イ・イェナ    → 映画科学生たち
      ユ・グムジョン  → 映画科学生たち


[受    賞] 2012 第13回 釜山映画評論家協会賞/脚本賞(イ・グァングク)

[映 画 祭] 
[時    間] 115分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可  
[制 作 者] 
[制作会社] (株)ポラピクチャーズ
[制 作 費] 
[D V D] 日本発売なし
[レンタル] 
[H    P] 
[撮影場所] 
[M-Video] 
[Private ] K-DVD KMDb


[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。