輝国山人の韓国映画
<Home>へ

チェ・ドゥヨン
최두영
Choe Tu-Yeong

[職  業] 撮影,色補正,俳優,制作者
[生年月日] 
[身長体重] 
[住  所] 
[レ タ ー] 
[出身学校] 

[T  V] 
[M-Video] 
[C    F] 
[短編映画] 
[演  劇] 
[DISC]
[受賞経歴] 
[宗  教] 
[趣  味] 
[家  族] 
[血 液 型] 
[特  技] 
[あ だ 名] 
[座右の銘] 
[経  歴] ・化学を専攻して大企業に在職中,短編映画を撮る友人から頼まれ,映画に出演した
       のが,映画界に入るきっかけとなった。

      ・1990年に3年間勤めた会社を辞め,韓国映画アカデミーで撮影を専攻し,撮影の技
       術的な部分を身につけ,また,収入を得るために映画振興公社に就職した。

      ・昼は職場に通い,夜は短編映画を撮りながら,実験映画研究所で勉強し,独立映画
       をする後輩たちに頼まれるたびに,俳優としてスタッフとして走って行く,1人何
       役をもこなしてきた。

      ・映画アカデミーを7期で卒業した後は,ずっと映画振興委員会の色補正室に勤めな
       がら,光と色のための研究に没頭した。

      ・<美しい季節>や<JSA>などの色補正を担当しながら,韓国中央大学校映画科
       大学院,WRS MOTION PICTURE & VIDEO LABを修了し,実験映画研究所研究委員を務
       めた。

      ・その後,短編映画作業を通して撮影のための経験を積み,2001年に短編<夕焼けの
       音>がベニス映画祭本戦に進出して名前を知られ始めた。

      ・<化石の丘>,<お客さん>など,多様な短編作業を行い実力が認められ,現在も
       スウォン(水原)大学校映画学科講師として在職中である。

      ・<走れ 薔薇>や<オグ>では撮影監督を,<6月の日記>ではデジタル色補正をし
       た。
      ・<5は多すぎる>や<グエムル 漢江の怪物>などに端役としてたくさん出演した。

      ・また,ツゥーエンターテイメントを設立し,映画制作も手がけている。
[H  P]
[所属会社] 
[最終更新] 2009-02-02
[出演映画]
制作年作 品 名   (監督名)
2005
2006
2006
2006
2006
2007
2007
2008
2008
2008
5は多すぎる (アン・スルギ
グエムル 漢江の怪物 (ポン・ジュノ=奉俊昊)
後悔なんてしない (イソン・ヒイル
愛するとき話すこと (ピョン・スンウク
俺たちの明日 (ノ・ドンソク
最後の約束 (キム・ジンソン
銀河解放戦線 (ユン・ソンホ
超感覚カップル (キム・ヒョンジュ
軽い眠り (イム・ソンチャン
地球で生きる方法 (アン・スルギ



【BACK】 (一覧ページへ)