輝国山人の韓国映画
<Home>へ

走れ 薔薇

二人の男女が出会い,熱く恋愛し,結婚し,うっとうしい倦怠期を体験し,結局は,離婚に至る過程を通して,「関係」を語る映画

結婚2年目の主婦チャン・ヨンミ。誠実な夫ナムデと可愛い息子がいて,表面的には不足するものがない仲むつまじい家族だが,恋愛時代の幻想は跡形もなく,一抹の恥さえなくなった夫婦生活に,夫の醜い姿が鼻につく。スリルがない押し黙ったセックスの後,乙女時代の男の話を持ち出すが,ナムデは性格がいいのか,自分の友人だった彼の安否を心配するだけだ。

ヨンミが考え出したアイディアは,恋愛時代に初めて愛をかわした旅館で,その日の夜を再現すること。その時と同じ服を着て,歴史を経た旅館の部屋を訪ねた二人は,その姿をビデオカメラで撮ることにする。純粋だった乙女時代の緊張する初夜を演技する二人。何度かのNGでテープを巻き戻しながら,その日の熱い思いへと次第に盛り上がり,クライマックスに至ろうとする瞬間,ナムデは,突然な話でその雰囲気をぶち壊してしまう。

恋愛時期のぴりっとした雰囲気には,もうリワインドできないと悟ったヨンミは,結婚2周年記念の日に離婚を決心して,とんでもない行動でこれを決行する。

2年後に再会したヨンミとナムデ。ヨンミは,乙女時代の夢だった先生になり,ナムデも,長い間の夢だった映画監督志望生になって,デビュー作を準備中だ。久し振りの出逢いは,お互いの心を読もうとする姿が滑稽だ。しかし,少しずつお互いの内心も話しながら,結婚の時とは全く違った二人の出逢いは,別れそうな状態でさらに続く。果たして彼らは,ハッピーエンディングを迎えられるだろうか。

[制 作 年] 2006年
[韓国封切] 2006年2月10日
[観覧人員] 630人(ソウル封切館基準)
[原    題] 走れ 薔薇 달려라 장미
[英 語 題] Way To Go, Rose
[ジャンル] コメディー,ドラマ
[原    作] 
[脚    本] キム・ウンス
[監    督] キム・ウンス [第3作]
[撮    影] チェ・ドゥヨン
[照  明] 
[音    楽] 
[出    演] キム・テフン  → カン・ナムデ
       チェ・バニャ  → チャン・ヨンミ
       オ・ジョンセ  → 映画会社社長役
       ソ・ユンソク  → 
       シン・シンボム →
       キム・ヨンイム → 
       チャン・ソヨン → コッスンイ

       友情出演
       イ・ドンギュ  → 

         字幕外
      イ・ジェウォン →

[受    賞] 
[時    間] 87分
[観覧基準] 18歳以上 観覧可  
[制 作 者] 
[制作会社] キム・ウンスフィルム
[共同制作] チョウフィルム
[制 作 費] 
[ビ デ オ] 日本発売なし
[レンタル] なし
[H    P] http://rose.pubcorn.com(韓国)
[撮影場所] 
[Private ] なし
[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。