輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ある視線

韓国人権委員会が実力派監督に依頼して制作した“人権”がテーマの短編オムニバス映画の第6弾。  

 

 

 

 

 

○ segment 1 <トゥハンに Dear.Du-han>
脳病辺障害を持つトゥハンと,家庭の暮らしむきがよくないチョルウンは,似ているものは一つもないが,唯一お互いの話を理解する同じ学校の親友だ。しかし,お互いを心から大事にする二人にも予想できない事件が起きて,トゥハンとチョルウンの関係は,ある瞬間からこわれる危機に陥る。

○ segment 2 <ポングは配達中>
シルバー宅配のアルバイトで生計を立てているおじいさんポングは,ある日,道に残された6歳のヘンウンを見て,幼稚園まで連れて行ってあげTようと善を施すが,ヘンウンと一緒の旅行(?)は,なぜかもつれていく。そして,テレビでは,いつの間にか児童誘拐犯としてポングの身上が堂々と浮かび上がっていく。

○ segment 3 <氷の川 ICE RIVER>
いつもよく気が利く息子であるソンジェは,入隊を控えて初めてお母さんに秘密ができた。銃を取ることができないという宗教的な信念に従う決心をしたこと。しかし,ソンジェが好きなヨンジュが家の前でのぞき込むのを見た母は,ほほえましい心から息子の財布にお小遣をこっそり入れようとしたが,入隊日があと一日となった令状を発見することになる。


[制 作 年] 2012年 [韓国封切] 2013年10月24日 [観覧人員] 31,014人 2013年 第65位       (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス) [原 題] ある視線 어떤 시선 [英 語 題] If You Were Me 6 [ジャンル] オムニバス映画 ○ segment 1 <トゥハンに> [原 作]  [P  D] チェ・ミスク [脚 本] パク・チョンボム [監 督] パク・チョンボム [助 監 督] ソン・ミニョン [撮  影] キム・ジョンソン [照  明] イ・ビョンヒ [音 楽] パク・イニョン [出 演] イム・ソンチョル  → キム・ドゥハン       キム・ハンジュ   → パク・チョルウン       パク・ヨンジョン  → チョンハン トゥハンの兄       イ・ジウン     → テウン チョルウンの兄       キム・ジェウク   → セギュ       ソ・ジノン     → 先生       パク・ミニ     → スカート女       イ・ユジン     → スカート女       カン・ジョンイン  → スカート女 [撮影場所] ソンナム(城南)中高等学校       グッドモーニング不動産       ノウォン(蘆原)文庫 ○ segment 2 <ポングは配達中> [原 作]  [P  D] シン・ユジェ [脚 本] シン・アガイ・サンチョル [脚 色] キム・ヒョグァン,パク・スヨン [監 督] シン・アガイ・サンチョル [共同監督] ヤン・ジェヒョク [助 監 督] クォン・ヨンギュ [撮  影] イ・ソニョン [照  明] ナム・ギボン [音 楽] イム・デウン(studio DMA) [武 術] イ・ホンピョ [武術指導] イ・ジェウン [出 演] イ・ヨンソク    → キム・ポング       ファン・ジェウォン → オ・ヘンウン 幼稚園生       イ・ラニ      → ヒョンギョン ヘンウンの母       ソン・インジョン  → 幼稚園 女性先生 チュンソン自然幼稚園       シン・ウンソプ   → 警察署 係長 / ヘンウンの父       ホ・ギョン     → 幼稚園 院長 ティンカーベル 子供の家       キム・ヨンミ    → ロト店 おばあさん       シン・ヨンミン   → 宅配 社長       ペク・チョンウ   → 俳優 同僚男       マ・スジ      → 俳優 同僚女       イ・デヒョン    → 警察1       ノ・ヒョンソク   → 警察2       チェ・ウナ     → 幼稚園 新入 ティンカーベル 子供の家       キム・ヘリム    → 銀行 女性職員       パク・スヨン    → 看護師       コン・ミナ     → 舞台監督       イム・グァンモク  → バスの運転手       シン・ウンソプ   → ヘンウンの父       ピョン・ミンジ   → スヨン ポングの娘       キム・レオ     → Jimmy ボングの孫       チェ・ソヨン    → ウンソ ヘンウンの友だち       イム・ソンウ    → バス乗客       キム・ヘリム    → バス乗客       ペ・グナ      → バス乗客       キム・ホギュン   → バス乗客       パク・チョルファン → バス乗客       イ・ドンホ     → バス乗客       チョン・スヨン   → バス乗客       ノ・ヒョンソク   → バス乗客       シン・ジュノ    → ピザ店 客       ヤン・ジェヒョク  → ピザ店 客       キム・ヒョグァン  → ピザ店 客       ハ・ソンシル    → ピザ店 客       ソン・ヘヨン    → ピザ店 客       チュンソン自然幼稚園/子供の家子供たち → 幼稚園子供たち       国家人権委員会広報協力課     → ヒョンギョンの同僚       特別出演       ファン・ジョンミン → ファン・ジョンミン 女優       友情出演       チョン・ソヒョン  → 病院 院長       キム・ナムジン   → ロト店 主人       イ・ジョンユン   → 龍の夢男 [撮影場所] NH農協銀行 ウンピョン(恩平)ニュータウン支店       ウンピョン(恩平)警察署 シンド治安センター       国立中央治療院 ライフ&ヘルスケアセンター       チュンソン自然 幼稚園 子どもの家       コヤン(高陽)市 クァンサン洞 テバク宝くじ店       クマム文化公園       59ピザ ヘファ(恵化)洞店       ザ・グッドシアター       ハンガン(漢江)アートキャンパス       ソンブク(城北)区 ソンブク(城北)洞 キム・ナムジン様(宅)       マポ(麻浦)区 ヨムリ洞 キム・ヨンミ様(宅) ○ segment 3 <氷の川> [原 作]  [P  D] シム・ヒョヌ,チョ・ユンジン [脚 本] ミン・ヨングン [監 督] ミン・ヨングン [助 監 督] キム・ギナム [撮  影] ムン・ミョンファン [照  明] イ・ジェゴン [音 楽] カン・ミングク [美 術] チョン・ギョンナン [出 演] キル・ヘヨン    → お母さん チンソン(真善)へアライン       コン・ミョン    → カン・ソンジェ       パク・チュヒ    → ヨンジュ 社長の娘       チョン・インギ   → 社長 自動車修理工場       イ・デヨン     → チュンヒョン ソンジェの父       カン・イニョン   → ウォンジェ ソンジェの兄        オ・ウィシク    → チャンジェ ソンジェの兄       パク・チヨン    → ウォンジェの妻       チェ・シヨン    → ウジン ウォンジェの赤ちゃん       キム・ナニ     → 刑務所 オックァン       ハン・ドンギュン  → 刑務所 チュンヒョン       ユ・ジェサン    → 少年 ソンジェ       チェ・ソヨン    → アパート子供       キム・ジンハ    → 刑務所 ウォンジェ [撮影場所] ホンジェ洞 ヒョンデ(現代)自動車工業社      プッカジャ洞 チンソン(真善)へアライン      ヨムリ洞 ソン・ミイム様宅      ヨムリ洞 ピョン・ボンスン様宅      ヨンドゥンポ(永登浦)刑務所      ヘンシン洞 ヘッピッマウル 22団地アパート      エホバの証人の王国会館 カルヒョン洞 フェジュン [受 賞]  [映 画 祭]  [時 間] 107分 [観覧基準] 12歳以上 観覧可   [制 作 者] ヒョン・ビョンチョル [制作会社] 国家人権委員会 [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [H P] 終了(韓国) [撮影場所]  [M-Video]  [Private ] K-DVD【76】 [お ま け] 韓国人権委員会が制作した<もし,あなたなら 視線シリーズ>        第1作 2003年 <もし,あなたなら 〜6つの視線>        第2作 2005年 <五つの視線>          第3作 2006年 <3番目の視線>        第4作 2008年 <視線 1318>        第5作 2010年 <視線の向こう>        第6作 2013年 <ある視線


プラウザの「戻る」で戻ってください。