輝国山人の韓国映画
<Home>へ

パク・チョンボム
朴庭凡
박정범
Pak Jeong-Peom
映画監督

1976年 出生

      ヨンセ(延世)大学校 体育教育科

      トングク(東国)大学校 映像大学院

2000年 <斜傾> [短編] 監督

       ヨンセ(延世)映画祭 大賞

2001年 <生死の境をさまよう> [短編33分] イ・ヒョンソク監督と共同監督、脚本、制作、主演

       プサン(釜山)国際映画祭 ワイドアングル部門 招請
       ソウル独立映画祭 招請

2008年 <125 チョン・スンチョル> [短編21分] 脚本、監督、プロデューサー、制作、主演

2010年 <ポエトリー アグネスの詩 (イ・チャンドン監督)> 助監督

2010年 <ムサン日記> 制作、脚本、監督、主演

2012年 <ジュリー (キム・ドンホ監督)> 助演

2012年 <ある視線 -トゥハンに-> 監督

2012年 <一週間 One Week> [50分] 監督、主演

2014年 <生きる> 監督、脚本、企画、主演

2014年 <今日の映画 (ユン・ソンホ,カン・ギョンテ,ク・ギョファン,イ・オクソプ監督) 特別出演

2015年 <グランドファーザー 哀しき復讐 (イ・ソ監督)> 助演

2015年 <テンジュン(生臭坊主)> 監督

2016年 <春の夢 (チャン・リュル監督)> 助演


[監督作品]
制作年作 品 名 【原 題 名】
2001
2008
2010
2012
2014
生死の境をさまよう (イ・ヒョンソクと共同監督) [短編33分]
125 チョン・スンチョル [短編21分]
ムサン日記
ある視線 -トゥハンに-
生きる
[最終更新] 2018-10-16
 



【BACK】 (一覧ページへ)