輝国山人の韓国映画
<Home>へ

春の夢    DVD発売

バカみたいな夢を見た。私たちだけの…。リアルなのに夢のような新感覚の青春ドラマ。

市場をうろついて,冗談を言って回ったりする盛りが過ぎたごろつきのイクチュン。

たまった月給も受けることができず,工場から追い出されたチョンボム。

うぶで賢くない大家の息子,がさつな金の箸と匙(裕福な家の子) チョンビン。

そして,彼らがみんな好きで,いとおしむイェリがいる。

病気になった父を世話するイェリが経営する<故郷酒幕>は,彼らの唯一の安息所であり,オアシスだ。

そんなある日,いつも彼らだけの女神と考えていたイェリの<故郷酒幕>に新しい男が現れた。(出処:報道資料)

[制 作 年] 2016年
[韓国封切] 2016年10月13日
[観覧人員] 14,648人
[原    題] 春夢 춘몽
[英 語 題] A Quiet Dream
[ジャンル] 家族
[原    作] 
[P  D] チョ・ヒョンジョン
[脚    本] チャン・リュル
[監    督] チャン・リュル [第9作]
[助 監 督] カク・ピョンミン
[撮  影] チョ・ヨンジク(C.G.K)
[照  明] チョン・フン
[音    楽] ペク・ヒョンジン
[美    術] キム・チョヘ
[武    術] 

[出    演] ハン・イェリ    → イェリ 中国朝鮮族
      ヤン・イクチュン  → イクチュン 元ヤクザ
      パク・チョンボム  → チョンボム 脱北者
      ユン・ジョンビン  → チョンビン イェリの大家

      イ・ジュンドン   → イェリの父
      イ・ジュヨン    → チュヨン サッカー、バイク少女
      チェ・シヒョン   → 少年 ピストル(モデルガン) チェ・シヒョン
      ペク・ヒョンジン  → 写真師
      イ・ソ       → ビラ男 少年の兄
      キム・ユジン    → 電力技術教育院 警備員
      キム・ヒジョン   → スンデ(腸詰)店主人
      ソン・ホチャン   → 動物園男  [前・国会議員,弁護士]
      ホ・チョル     → 殴られる男  [映画監督]
      チ・オクァン    → タンスおばあさん
      チョン・ジヘ    → 劇場職員
      イ・ファジョン   → リポーター

      チョ・ヒョンジョン → 故郷酒幕 カップル [プロデューサー]
      ユン・サンイル   → 故郷酒幕 カップル [同時録音]
      コン・ユニ     → 故郷酒幕 客
      キム・ドンヨン   → 故郷酒幕 客    [現場写真]
      パク・ピョンドク  → 故郷酒幕 客    [[制作投資]
      チャン・ウジン   → 運転手
      オ・セヒョン    → ごろつき2 ヘパリ(くらげ)兄貴の手下 [制作室長]
      チョン・ジェピル  → 鍛冶屋 同僚 [照明部]
      パク・ソンファン  → マンドゥ店 主人 ワンマンドゥ
      オ・ジェウン    → 放送局 PD
      イム・ヘジュン   → 放送局 カメラマン [撮影部]
      チョン・ソクィ   → 警察 [演出部]        
      イ・グァヌン    → 警察 [制作チーム]
      パク・ソンネ    → 町内おばあさん
      チェ・ジョンスク  → 町内おばあさん
      キム・ユボク    → 町内おばあさん
      キム・ヒョンスン  → ヨーグルトおばさん
      ペク・チョングァン → 道行く人 カップル [映画監督、制作支援]
      ノ・スルギ     → 道行く人 カップル
      ペク・チュウン   → 劇場 観客 [制作支援]
      キム・ソヨン    → 劇場 観客
      キム・ヨンジ    → 劇場 観客
      リュ・ジニ     → 劇場 観客 [マネージャー部門]
      ヤン・ヨンミン   → 劇場 観客 [グリップ]
      イ・ジェファン   → 劇場 観客 [グリップ]
      ハ・ソンテ     → 劇場 観客

      特別出演
      シン・ミナ     → ミナ チョンボムの恋人
      ユ・ヨンソク    → オートバイ男
      キム・ウィソン   → 社長 (株)サモジクァン チェ・ヒョンベ(崔炯培)
      キム・テフン    → テフン
      チョ・ダルファン  → ごろつき1 ヘパリ(くらげ)兄貴の手下
      カン・サネ     → 占い師



[受    賞] 2017 第18回 釜山映画評論家協会賞/女優主演賞(ハン・イェリ)
                       審査委員特別賞(チャン・リュル)
[映 画 祭] 2016 第21回 プサン(釜山)国際映画祭 開幕作
[時    間] 101分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可  
[制 作 者] チャン・リュル
[制作会社] (株)リュルフィルム
[制 作 費] 
[D V D] オデッサ・エンタテインメント(DVD 3,800円+税)2018/10/2発売
[レンタル] 
[H    P] 
[撮影場所]* セカンドワンドフィルム
      韓国電気工事協会
      スセク(水色)4 再整備促進区域 住宅再開発整備事業組合
      ワールドカップ公園
      スセク(水色)駅
      ポンサン(峰山)都市自然公園
      韓国映像資料院
      スセク(水色)監理教会
      スセク(水色)小学校
      ヒョンジェ(兄弟)鍛冶屋
      (株)サモジグァン
      ピョル(星)スタジオ
      88撞球場
      マンスネ ワン(王)マンドゥ(餃子)
      チョンス24 プル(火)ハンジュンマク(汗蒸幕) サウナ
      ヒョ(孝)ヌリム療養院
      テーマ動物園 ズーズー(ZOO ZOO) [京畿道 コヤン(高陽)市]
      ハンマダン ノレバン(カラオケ)
      ユンチャンスーパー

[M-Video] 
[Private ] なし

[お ま け] ・イェリと3人の男たちが,韓国映像資料院で見た映画は,チャン・リュル監督の作品
       <唐詩(Tang Poetry)>(2004年,35mm,86分)

      ・イクチュンに,「退屈な映画だ だからタダなんだろ 1分間ずっと卵の殻をむいて
       麺をすすっている」と言わせる。

      ・チュヨンがイェリに手紙で渡した詩は,イ・ミランの<あなたの中>という詩



プラウザの「戻る」で戻ってください。