輝国山人の韓国映画
<Home>へ

自由結婚

医学博士であるコ博士(チェ・ナミョン)家の長女スッキ(チェ・ウニ)は,新婚旅行の初夜に自分の過去を許してほしいという夫の告白に,彼女にもそのような愛があったことを告白する。

すると夫は,婚約を破棄してアメリカに発ってしまい,スッキは,その後4年間,外出することなく在宅して暮らす。

2番目の娘ムニ(イ・ミンジャ)は,貧しい文学青年で,弟の家庭教師であるチュンチョル(チェ・ヒョン)と愛に陥るが,家の反対にあうとすぐに家出を敢行する。

結婚に関心がなかった3番目の娘ミョンヒ(チョ・ミリョン)は,前途有望な事業家青年より父の大学研究室の助手(パク・アム)を選択する。

スッキの夫は,反省をした後,帰国して二人は再会し,このような形ですべての恋愛結婚は,成功する。

[制 作 年] 1958年 [韓国封切] 1958年10月14日 [観覧人員] 42,000人 [原 題] 自由結婚 자유결혼 [英 語 題] The Love Marriage [ジャンル] コメディー [原 作] ハ・ユサン作の戯曲「娘たちは恋愛自由を渇望する」 [脚 本](キム・ジホン) [脚 色] キム・ジホン [監 督] リ・ビョンイル [助 監 督] イ・ビョンヨン,キム・ジョンソン,キム・ヨンドゥ [撮  影] イ・ヨンミン [照  明] ハム・ワンソプ [音 楽] キム・ソンテ [美 術] イム・ミョンソン [出 演] チェ・ウニ    → スッキ 長女       イ・ミンジャ   → ムニ 次女       チョ・ミリョン  → ミョンヒ 三女       キム・スンホ   → コ老人 祖父       チェ・ナミョン  → コ博士 父       ソク・クムソン  → アン女史 母       コ・ソネ     → チョン女史       パク・アム    → ソン・ヨンス 父の大学研究室の助手 医師       チェ・ヒョン   → チュンチョル 家庭教師       ソン・ソミン   → スンイル スッキの夫       イ・リョン    → パク・ワンソプ ナイロン会社 専務       パク・クァンス  → クァンシク 長男 中学生       コン・ジンス   → 中学生       ソン・ヒャンスク → 女学生       ハン・ソンスク  → 女学生       チョン・ミヒ   → 看護員       ヤン・ソンナン  → 看護員       イ・スキャン   → 下女       特別出演       トンソン中学校 野球部 [受 賞] 1959 第3回 国際映画賞/作品賞       1959 第6回 アジア映画祭/少年特別演技賞(パク・クァンス)       1959 第1回 文教部選定優秀国産映画賞/作品賞,男優助演賞(チェ・ナミョン) [映 画 祭] ベルリン映画祭,エジンバラ映画祭 出品 [時 間] 93分 [観覧基準] 12歳以上 観覧可   [制 作 者] リ・ビョンイル [制作会社] トンア(東亜)映画社 [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [H P]  [撮影場所] トクスグン(徳寿宮) ソクチョジョン(石造殿) トクスグン(徳寿宮)美術館       ヘウンデ(海雲台)ホテル       ソウル駅 [M-Video]  [Private ] K-DVD(ALL)【74】        韓国映像資料院 1950年代 ロマンティック・コメディー          ソウルの休日          自由結婚          女社長 [お ま け] ・原作は,国立劇場懸賞公募入選作で舞台上演されたハ・ユサン作の        戯曲「娘たちは恋愛自由を渇望する」


プラウザの「戻る」で戻ってください。