輝国山人の韓国映画
<Home>へ

イ・ビョンイル
李炳逸
이병일
I Pyeong-Ir
リ・ビョンイル
李炳逸
리병일
Ri Pyeong-Ir
映画監督

1910年 6月2日 咸鏡南道 咸興(ハムフン)で出生       実名は,漢字が違う李炳一(イ・ビョンイル)という説と       イ・ビョンノク(李炳禄)という説がある。       咸興(ハムフン)高等小学校 卒業       咸興(ハムフン)第一公立普通学校 卒業 1927年 咸興(ハムフン)高等普通学校 卒業 1932年 <かわいそうな人々>(ファン・ウン(黄雲)監督) 主役で出演       日本へ留学 東京(神田)のミサキ(三山寄)英語専門学校に入学 1933年 日本留学中にキム・ソドンとコリアレコード社を設立       パク・キチェ監督の<春風>の主題歌を制作したり,新人歌手を       輩出するところで仕事をした。 1935年 ミサキ(三崎)英語専門学校を卒業       松竹蒲田撮影所の助監督公開募集に応募したが,面接の時,俳優を       するつもりがあれば受け入れるという話を聞いてあきらめた。 1935年 4月 ニッカツ(日活)映画会社演出部に入社,阿部豊の下で演出勉強       第1回作 <恋愛と結婚の書>を作った。 1940年 帰国後,咸興(ハムフン)でミョンボ(明宝)劇場を運営したイ・       ギウンとミョンボ(明報)映画社を設立 1941年 <半島の春> 監督,脚色        1940年度週利朝日大衆文芸懸賞募集当選作<半島の芸術家>を脚        色した映画        新人俳優を愛する映画制作者が,資金難に直面して作品を完成させら        れないまま獄苦を経験したが,難関をはね除けて再起するという内容        で,興行にも成功した。 1942年 朝鮮映画制作株式会社 専属監督 入社 1943年 <半島の乙女たち> 監督 1944年 <赤旗はまたくる> 1945年 朝鮮映画建設本部で<解放ニュース>の制作に参加       左翼組織の朝鮮プロレタリア映画同盟 中央執行委員 1947年 右翼映画人組織の映画監督クラブに参加 1948年 外務処長ハン・ウォンシンの推薦で,20世紀フォックスの招請を受けて       渡米 1949年 アン・チャンホの息子であり映画俳優であるフィリップ・アンの推薦で       南カリフォルニア州立大学(USC)で修学 1950年 撮影機材を購入して帰国使用としたが,6・25韓国動乱(朝鮮戦争)に遭       遇して,やむをえず日本に留まるほかはなかった。 1954年 帰国 1954年 東亜映画社を 設立 1956年 <嫁入りの日> 監督        オ・ヨンジンの戯曲<メン(孟)進士宅の慶事>を映画化        権力者の一族と姻戚になることを期待してパンソ宅(テク)の息子を婿        として迎えることになったメン進士(キム・スンホ)が,その婿の候補        がびっこという流言を聞いて,急いで小間使い(チョ・ミリョン)を娘        の代わりに嫁がせることを決意して起こるエピソード中心の時代風刺劇        1956 アジア映画祭 最優秀喜劇賞 1959年 <自由結婚> 監督        続いて婚期に達した3姉妹が見合い結婚を嫌って自由恋愛を謳歌すると        いうホームドラマ        1959 第3回 国際映画賞 作品賞        アジア映画祭,ベルリン映画祭,エジンバラ映画祭 出品 1962年 <青春日記> 監督        放送局の若いアナウンサーと製薬会社社長の娘のロマンス 1962年 <ソウルの道> 監督 1962年 韓国映画制作者協会 会長,アジア映画制作者連盟 副会長 1963年 <故国への船> 監督        夫に会うために多くの辛酸と苦難の末に日本へ密入国した2人の女性が,        夫と母にそれぞれ会ったが,密入国者という理由で逮捕されて送還され        てしまう話 1964年 <孔雀夫人> 監督        考え方と趣味が違って仲が良くない夫婦が,子供の役割に感化されて和        解する話 1974年 フィリピンアジア映画祭 大会議長 1978年 大韓民国芸術院 会員 1960〜70年代には,多数の作品の制作者として活動した。 1978年 持病である心臓病で死去(68歳) [監督作品]
制作年作 品 名 【原 題 名】
1941
1956
1959
1959
1962
1963
1964
半島の春
嫁入りの日
自由結婚
青春日記
ソウルの道
故国への船
孔雀夫人

[最終更新] 2017-03-13

 



【BACK】 (一覧ページへ)