輝国山人の韓国映画
<Home>へ

神機箭(シンギジョン)

1448年,セジョン(世宗)30年。朝鮮の新しい火器開発を恐れた明の皇室は,極秘裏に火砲研究所を襲撃する。研究所トガム(都監)のチェ・ヘサンは,神機箭(シンギジョン)開発の全てのものが入った‘銃筒謄録(チョントンドゥンノク)’とともに,一人娘‘ホンニ’を逃避させて,完成直前の‘神機箭’と共に自爆する。

計画が失敗に帰し,明は,大規模使臣団に偽装した武将勢力を急派し,消えた‘銃筒謄録’と‘ホンニ’を探し始める。

明の使臣団と一緒に商団がくるといううわさを聞いて,一山当てる計画で大陸との貿易に参加しようとしていたプボ商団のヘンス(行首)ソルチュは,誤った情報で全財産を失うようになる。そんなある日,セジョン(世宗)の護衛武士のチャンガンが訪ねてきて,秘密だらけの女性ホンニを預かってくれるよう頼む。

ソルチュは,彼女が秘密兵器‘神機箭’開発の核心人物であることを知って彼女を送り返そうとするが,彼女が見せた‘神機箭’の威力に魅了され,同僚たちとともに神機箭開発に参加するようになる。しかし,包囲網を狭めてきた明国武士の急襲で,‘銃筒謄録’を奪われ,神機箭開発は迷宮に陥る。

一方,明は,朝鮮が屈服しないので,10万の大軍を鴨緑江(アムノッカン)周辺まで進撃させて圧力をかけ,セジョン(世宗)は,国民の安全と危機のために,神機箭開発の中止を命じる。これに怒ったソルチュは,王命にさからって神機箭の最終完成のための戦いを始める。

[制 作 年] 2008年
[韓国封切] 2008年9月4日
[観覧人員] 3,726,134人 2008年 第6位
      (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス)
[原    題] 神機箭 신기전
[英 語 題] The Divine Weapon
[ジャンル] ドラマ,アクション,戦争
[原    作] 
[脚    本] イ・マニ
[監    督] キム・ユジン [第8作]
[撮  影] ピョン・ヒソン
[照  明] イム・ジェヨン
[音    楽] チョ・ソンウ
[武    術] チョン・ドゥホン

[出    演] チョン・ジェヨン   → ソルチュ プボ商団のヘンス(行首)
      ハン・ウンジョン   → ホンニ カソンの娘
      ホ・ジュノ      → チャンガン ネグミジャン(内禁衛将)
      アン・ソンギ     → セジョン(世宗)
      チョン・ソンモ    → サマスン(司馬恂) 明の使臣
      キム・ミョンス    → カオリュン 錦衣衛の長
      イ・ドギョン     → キム・ホンマン 豪商
      ト・イソン      → イナ プボ商団
      リュ・ヒョンギョン  → パンオク プボ商団
      ソ・ジュソン     → ムセン カソンの弟子
      チョ・ウォニ     → ユボン プボ商団
      オ・スンテ      → オチョ プボ商団
      シン・ジョングン   → パンス プボ商団
      イ・スングン     → ポング プボ商団
      イ・チャンジク    → マオ プボ商団
      チェ・スンイル    → チョン大鑑
      カン・ジウン     → 長谷川 オンニュ屋
      パン・ギルスン    → イェンタウ カオリュンの部下
      チャ・スンベ     → ミン1
      イ・ウジン      → ミン2
      キム・ガンイル    → イ・テラン
      チョン・ジェジン   → 領議政
      キム・ソヒョン    → 大臣1
      イ・ジョンヨル    → 大臣2
      パク・チョンヒョン  → 大臣3
      パク・ユニ      → 大臣4
      イ・ヨヌ       → 大臣5
      ミン・ギョンジン   → カソン 火砲研究所トガム(都監) チェ・ヘサン 
      ハン・イビン     → スリョン(睡蓮) キーセン(妓生)
      キム・ヨンジェ    → チャンガン腹心1
      イ・ヒジョン     → チャンガン腹心2
      イ・グァンヒ     → チャンガン執事
      ク・ミョンウ     → チャンガン召使い
      キム・セジン     → 内侍監
      イ・ギオ       → チョン・ウリョン
      イ・ゲヨン      → マルモギ
      チョン・インギ    → サチャン
      チョ・ジュヒョン   → ウドゥモリ(親分)
      イ・ジャンフン    → カプトゥク
      ハン・ソンシク    → ホンマン執事
      チョ・ヒョンネ    → ホンマン男1
      ソン・グィドン    → ホンマン男2
      イ・イルソプ     → 明の大臣1
      パク・チャングク   → 明の大臣2
      シン・ドンフン    → 明の大臣3/明の武士
      キム・ジェヨル    → 明の大臣4
      ビョン・ジョンム   → 長谷川の護衛武士
      ソ・スンウォン    → 捕盗大将
      ペ・ゴンシク     → 研究所壮丁
      ヤン・グンソク    → 研究所壮丁
      チョ・ホチョン    → 研究所壮丁
      キム・ハンジュン   → 研究所壮丁
      チョン・ソンハン   → 研究所壮丁
      パク・ソンベ     → 研究所壮丁
      ノ・ボモ       → 研究所壮丁
      パク・スンチョル   → 研究所壮丁
      チョン・ヒョンホ   → 研究所壮丁
      キム・ジェチョル   → 研究所壮丁
      イ・ラム       → イ・テランの護衛武士
      イ・ヨンス      → イ・テランの護衛武士
      ヨム・ジョング    → オウィ(御医)
      ユ・オクチュ     → 女
      チュ・ブジン     → 女
      キム・ヒラ      → 女
      キム・ヨンイム    → 女
      チェ・イムジョン   → ポンファン(鳳凰)楼 キーセン(妓生)
      ヒョン・ジンヒ    → ポンファン(鳳凰)楼 キーセン(妓生)
      キム・ヘジン     → ポンファン(鳳凰)楼 キーセン(妓生)
      キム・ナヒョン    → ポンファン(鳳凰)楼 キーセン(妓生)
      イ・ジョンウン    → ポンファン(鳳凰)楼 キーセン(妓生)
      ハン・グルム     → 長谷川 キーセン(妓生)
      キム・ユギョン    → 長谷川 キーセン(妓生)
      キム・ウンジュ    → 長谷川 キーセン(妓生)
      チェ・マンス     → キョムサボク(兼司僕)
      キム・ヒョンボム   → キョムサボク(兼司僕)
      ハ・イルウ      → キョムサボク(兼司僕)
      イ・シヌ       → キョムサボク(兼司僕)
      キム・ビョンソン   → 明の武士
      キム・ジンギュ    → 明の武士

      友情出演
      パク・チョンチョル  → セジャ(世子)
      イ・ギョンヨン    → クモ 僧侶
      キム・ミョングク   → 明の皇帝
      パク・キョンファン  → チンデイン
      イ・ジョンイン    → オチョの妻

      武術チーム
      クォン・ジフン
      カク・チンソク
      ミン・ジミン
      パク・ソニョン

         字幕外
      チャン・ヒョンジョン → キーセン(妓生)
      チョン・ソグォン
      チ・イルジュ     → 薬師
      チョ・ギテ


[受    賞] 2008 第28回 韓国映画評論家協会賞/撮影賞
      2009 第46回 大鐘賞映画祭/最優秀作品賞,編集賞(キム・ヒョン)
                   音響技術賞(オ・セジン)

[映 画 祭] 2009 第11回 フランス ドーヴィル アジア映画祭 アクション・アジア 招待
[時    間] 134分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可  
[制 作 者] カン・ウソク
[制作会社] KnJエンターテイメント
[制 作 費] 
[D V D] 日本発売なし
[レンタル] なし
[H    P] 終了(韓国)
[撮影場所] ウォンジュ(原州),ソウル,ヨンイン(龍仁),アンドン(安東),チェチョン(提川)
      ナモン(南原),テアン(泰安),ワンド(莞島),スンチョン(順天),ソクチョ(束草)
      など,全国各地17か所
      韓国民俗村(ミンソクチョン)
      キョンボックン(景福宮)
[M-Video] 
[Private ] K-DVD【19】 J-Blu-ray-Rec(ホジュン 1〜6)
[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。