輝国山人の韓国映画
<Home>へ

血脈

解放直後のある貧民村を背景に,生活は大変だが,希望を抱いて暮らしていく北からの避難民の三家族の哀歓を描いた格調高いホームドラマ

舞台は,1946年のソウル,北から下ってきた越南同胞が集まって住む急斜面の貧民村。靴下や万年筆など取るに足りない日銭稼ぎをしながら,一日一日をかろうじて生きていく彼らの家庭には,父母の世代と子供の世代との葛藤の谷が深い。

やもめのキム・ドクサムは,息子のコブクにヨンサン(龍山)米軍部隊の警備員か清掃夫に就職しろと無理に押し付け,隣りに住むカントン翁の後妻オンメは,娘ポクスンに無理にシンゴサンタリョン(新高山打令)を教えて,チョンノ(鍾路)の料亭のキーセン(妓生)になれと言っている。

隣のウォンパルは,金儲けをしようと爆弾を分解して負傷した後,病院に行くこともできない妻と,身体障害者の娘ミジャとタバコの吸殻を集めて作ったゴミタバコを売って一日一日を延命している。

また,ウォンパルの弟ウォンチルは,日本で大学まで出たのに,小説を書くと言って就職せずにいたが,建設現場で肉体労働を始める。

ウォンチルは,一緒に越南したオッキが娼婦という事実を知って彼女を疎遠に扱う。

安易な生活方法を捨てられないまま,その方式を子供の世代にまで伝授しようとする両親たちに反発して家を飛び出したコブクとポクスンは,ヨンドンポ(永登浦)にある紡織工場に一緒に就職する。

一方,トクサムは,ファサン宅が媒酌した未亡人チョンジン(清津)宅を迎えるが,全財産を盗まれてしまう。ウォンパルの妻が亡くなった後,オッキは,ミジャを学校に行かせる。ウォンパル,ウォンチル兄弟が板張りの粗末な家を直した頃に,コブクとポクスンから手紙がくる。

子供たちに招かれ,会いに来た二人の父は,「父たちは,だらしなくてこうしているけれど,君たちはさっさと成長していかないと」と言いながら,愛し合う二人の婚姻を許諾し,四人は幸せな姿で一緒に歩いて行く。

[制 作 年] 1963年
[韓国封切] 1963年00月00日
[観覧人員] 
[原    題] 血脈 혈맥
[英 語 題] Bloodline  Kinship 
[ジャンル] ドラマ,文芸,社会物,反共/分断
[原    作] キム・ヨンス(金永壽)の戯曲「血脈」
[脚    本] イム・ヒジェ
[監    督] キム・スヨン [第 作]
[撮  影] チョン・ジョミョン
[照  明] ソン・ヨンチョル
[音    楽] チョン・ユンジュ
[美    術] パク・ソギン
[出    演] キム・スンホ    → キム・ドクサム(金徳三) 髭オヤジ 不動産仲介業
      シン・ソンイル   → コブク トクサムの息子
      チェ・ナミョン   → カントン(空き缶)翁 ポクスンの父 鋳掛け屋
      ファン・ジョンスン → オンメ(玉梅) カントン翁の後妻 ハムフン宅 路上酒場
      オム・エンナン   → ポクスン カントン翁の前妻の娘 靴下行商
      シン・ヨンギュン  → ウォンパル 北側避難民
      チェ・ムリョン   → ウォンチル ウォンパルの弟
      ソン・ミナム    → ウォンパルの母 キリスト教信者
      イ・ギョンヒ    → ハン氏 ウォンパルの病妻
      イ・ギョンニム   → ミジャ ウォンパルの娘 身体障害者
      チョ・ミリョン   → チョンジン(清津)の女
      チュ・ソクヤン   → カプトゥギ 簡易理髪館
      コ・ソルボン    → カムトゥ ファジャンブ(化粧夫=葬儀屋)
      キム・ジミ     → オッキ ヤンコンジュ(洋公州=娼婦)
      ポク・ヘスク    → 媒酌老婆 ファサン(華山)宅 飲み屋の女将
      キム・ユンボン   → 郵便宅配夫
      チュ・ソンテ    → 家の敷地の所有主
      カン・チャンス   → イさん オンメ(玉梅)の路上酒場のお得意さん



[受    賞] 
[映 画 祭] 1963 第1回 青龍映画賞/最優秀作品賞
                  男優主演賞(キム・スンホ)
                  女優主演賞(ファン・ジョンスン)
                  男優助演賞(チェ・ナミョン)
                  技術賞(イ・ギョンスン)
                  脚本賞(イム・ヒジェ)
      1964 第3回 大鐘賞映画祭/優秀作品賞
                   男優主演賞(キム・スンホ)
                   女優主演賞(ファン・ジョンスン)
[時    間] 81分
[観覧基準] 歳以上 観覧可  
[制 作 者] 
[制作会社] ハニャン(漢陽)映画
[制 作 費] 
[D V D] 日本発売なし
[レンタル] 
[H    P] 
[撮影場所] 
[M-Video] 
[Private ] K-DVD【67】未 韓国映像資料院「古典の再創造」シリーズ2 日本語字幕あり

      KNDb

[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。