輝国山人の韓国映画
<Home>へ

キム・ジス
金芝秀
김지수
Kim Ji-Su

[職  業] 俳優
[本  名] キム・ヨンラン 김영란
[生年月日] 1946年
[出 生 地] 
[身長体重] 
[住  所] 
[レ タ ー] 
[出身学校] スンミョン(淑明)女子大学校 保健体育学科 舞踊専攻
[宗  教] 
[趣  味] 
[特  技] 
[家  族] 
[血 液 型] 
[あ だ 名] 
[座右の銘] 
[経  歴] ・スンミョン(淑明)女子大学校1年のときに,<サルビン川で
       夕焼けになる>(1965,チョン・チャンファ監督),<イェラ
       イシャン(夜來香)>(1966,チョン・チャンファ監督)など
       の映画に端役で出演

      ・大学3年の1966年に参加した第3回東亜舞踊コンクールで入選
       し,公報部の推薦を受けて,1967年に日本の東京で開かれた第
       14回アジア映画祭に参加することになった。

      ・アジア映画祭に参加していたシン・サンオク監督の目について,
       シン(申)フィルムが制作し,カン・チャンウ監督が演出した
       <あの丘を越えて>にナム・ジンの相手役として出演し,本格
       的な俳優の道を歩くことになった。

      ・デビュー以後,コメディ映画,武侠映画,メロドラマなど,多
       様なジャンルの映画で多様な役割を演技した。

      ・その多様なイメージの中で,きれいで軟弱に見える韓国怪奇映
       画の‘女幽霊’に適合した容貌を有しており,<蛇女>(1969),
       <千年狐>(1969)を始め,<薔花紅蓮伝>(1972)などの恐怖映
       画に出演して作られた恨みが極に達した怨みの霊を表現した。

      ・1960年代後半から70年代初期の第1代トロイカ(ムン・ヒ,
       ナム・ジョンイムユン・ジョンヒ)の次を行く主演級女優の
       1人だった。

      ・1968年から1973年まで70余編の映画に出演したが,1973年に米
       国AVCグループの総帥ジョセフ・ユーエン氏と結婚し,渡米
       することで引退した。
[H  P] 
[所属会社] 
[T  V] 
[ラ ジ オ] 
[M-Video] 
[C    F] 
[短編映画] 
[演  劇] 
[DISC] 
[受  賞] 1966 第3回 東亜舞踊コンクール 入選
[お ま け] 
[最終更新] 2016-05-19
[出演映画]
制作年作 品 名   (監督名)
1965
1966
1968
1969
1969
1969
1969
1969
1970
1970
1971
1971
1972
サルビン川で夕焼けになる (チョン・チャンファ=鄭昌和)
イェライシャン(夜來香) (チョン・チャンファ=鄭昌和)
あの丘を越えて (カン・チャヌ)
蛇女 (シン・サンオク=申相玉)
月賦男秘書 (シム・ウソプ=沈雨燮)
千年狐 (シン・サンオク=申相玉)
ピヨンメンニョ(飛鳶盲女)(クォン・リョル)
腕のない剣客 (イム・ウォンシク=林元植)
愛は涙の種 (コ・ヨンナム=高栄男)
母の恨(ハン) (イ・ユソプ=李有燮)
愛嬌で見てください (シム・ウソプ=沈雨燮)
姉の恨(ハン) (イ・ユソプ=李有燮)
薔花紅蓮(チャンファホンニョン)伝 (イ・ユソプ=李有燮)



【BACK】 (一覧ページへ)