輝国山人の韓国映画
<Home>へ

火女’82

ソウル近郊の養鶏場近くにトンシクとミョンジャの死体が,12か所の刃物跡がある状態で発見され,捜査陣は,強盗殺人と判断して捜査する。

ある日,養鶏場の家にミョンジャが,良いところに嫁入りする条件で無報酬で家政婦としてくる。

作曲家トンシクは,歌手になろうとするヘオクと近づくと,ミョンジャが割り込んで,トンシクと関係を持って妊娠することになる。

養鶏場を運営するトンシクの夫人チョンスンは,ミョンジャの子供を堕ろすようにして,ミョンジャは,腹いせからトンシクの息子チャンスンを毒殺する。

チョンスンもミョンジャを猫いらずで毒殺しようとしたが,ミョンジャの陰謀にひっかかって困窮に処する。

ミョンジャの恋人ヒョンチョルとトンシクが争って,ヒョンチョルが怪我をするが,ヒョンチョルを治療したミョンジャは,ヒョンチョルの急な強奪にヒョンチョルを殺して,その事実をトンシクにおっかぶせる。

チョンスンは,証拠を探してミョンジャが窮地に追い込まれるようにする。

ついにトンシクとミョンジャは,猫いらずを食べて死ぬことになる。

トンシクは,家族のために強盗殺人を偽装するために,チョンスンをして死体に刃物跡をつけさせる。

[制 作 年] 1982年
[韓国封切] 1982年6月26日
[観覧人員] 
[原    題] 火女’82 화녀’82
[英 語 題] The Woman of Fire '82  Hwa-nyuh of '82
[ジャンル] ドラマ,犯罪,スリラー
[原    作] 
[脚    本] キム・ギヨン
[監    督] キム・ギヨン [第 作]
[助 監 督] イム・ジョンス
[撮  影] チョン・イルソン
[照  明] チャ・ジョンナム
[音    楽] ハン・サンギ
[美    術] 
[武    術] 
[出    演] キム・ジミ    → チョンスン トンシクの夫人
      ナ・ヨンヒ    → ミョンジャ 家政婦
      チョン・ムソン  → トンシク 作曲家
      キム・ヘスク   → 
      ヨ・ジェハ    → 
      キム・ソンギョム → 
      キム・ウォンソプ → 
      チョ・ジュミ   → 
      イ・ヨンホ    → 
      パク・イェスク  → 
      チェ・シニョン  → 
      チョ・インピョ  → 
      チャン・ソヒ   → 


[受    賞] 
[映 画 祭] 
[時    間] 115分
[観覧基準] 青少年 観覧不可
[制 作 者] チョン・ドファン
[制作会社] シンハン(新韓)
[制 作 費] 
[D V D] 日本発売なし
[レンタル] 
[撮影場所] 
[M-Video] 
[Private ] K-DVD(ALL) 韓国映画マスターピースコレクション

[お ま け] ・1960年代に活躍し,後の韓国映画人に多大な影響を与えたキム・ギヨン監督の
       晩年の傑作と呼ばれる作品

      ・この作品は,キム・ギヨン監督のライフワークともいわれる「女シリーズ」のうち,
       第1作にして最高傑作と謳われている<下女>(1960年)をセルフリメイクし
       た作品


プラウザの「戻る」で戻ってください。